2020年09月05日

ローリングストーンズ『山羊の頭のスープ』デラックス・ヴァージョンは9月4日リリース

ザ・キラーズとジャック・ル・コントとコラボした「Scarlet」のリミックス・ヴァージョンが公開された。


https://youtu.be/gZFwknjd4SU


この「Scarlet」は197410月にミック・ジャガーとキース・リチャーズのセッションを見学していたジミー・ペイジが加わり録音された。トラフィックのリック・グレッチがベースをプレイしている未公開曲だった。

https://youtu.be/SsiUGeXIOlY


ローリングストーンズ『山羊の頭のスープ』デラックス・ヴァージョン

1BCFC9D6-2FE6-4282-99B7-4891F988B068.jpeg

CD1:オリジナル・セッション・ファイルからの2020年ニュー・ステレオ・ミックス 

CD2:3曲の未発表トラックを含むレア&オルタナティヴ・ミックス(12

CD3:『ブリュッセル・アフェア』197310月収録のライヴ音源 


スーパー・デラックス・ボックス 

CD1 – オリジナル・アルバム/2020年ニュー・ステレオ・ミックス 

01.ダンシング・ウィズ・ミスター

02.100年前 

03.夢からさめて 

04.ドゥー・ドゥー・ドゥー・・・(ハートブレイカー

05.悲しみのアンジー 

06.シルヴァー・トレイン 

07.お前の愛を隠して 

08.ウィンター 

09.全てが音楽 

10.スター・スター 


CD2 - レアリティーズ&オルタナティヴ・ミックス 

01.スカーレット 

02.オール・ザ・レイジ 

03.クリス・クロス 

04.100年前(ピアノ・ヴァージョン

05.ダンシング・ウィズ・ミスターD(インストゥルメンタル

06.ドゥー・ドゥー・ドゥー・・・(ハートブレイカー) (インストゥルメンタル

07.お前の愛を隠して(オルタナティヴ・ミックス

08.ダンシング・ウィズ・ミスターD (グリン・ジョンズ1973ミックス

09.ドゥー・ドゥー・ドゥー・・・(ハートブレイカー) (グリン・ジョンズ1973ミックス

10.シルヴァー・トレイン(グリン・ジョンズ1973ミックス

11.100年前(グリン・ジョンズ1973ミックス) *日本盤のみのボーナス・トラック 

12.全てが音楽(グリン・ジョンズ1973ミックス) *日本盤のみのボーナス・トラック 

26129A15-27CF-4155-9A7A-6236C625C877.jpeg

CD3 – 『ブリュッセル・アフェア – ライヴ1973』フォレスト・ナショナル・アリーナ(1973/10/17) 

01.ブラウン・シュガー 

02.ギミー・シェルター 

03.ハッピー 

04.ダイスをころがせ 

05.スター・スター 

06.ダンシング・ウィズ・ミスター

07.ドゥー・ドゥー・ドゥー・・・(ハートブレイカー

08.悲しみのアンジー 

09.無情の世界 

10.ミッドナイト・ランブラー 

11.ホンキー・トンク・ウィメン 

12.オール・ダウン・ザ・ライン 

13.リップ・ディス・ジョイント 

14.ジャンピン・ジャック・フラッシュ 

15.ストリート・ファイティング・マン 

26129A15-27CF-4155-9A7A-6236C625C877.jpeg

二十代でロックンロールを謳歌したストーンズは、このアルバムでは三十才そこそこの若さで、ローリングストーンズの新しいレーベルにふさわしい作品を完成させた。

ブルースを基盤として、様々な音楽ジャンルへの可能性を模索しつつ、ライブでは若々しい演奏が堪能させている3枚組アルバムとなっている。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虫を食べる植物展2020

食べるのか?それとも共に生きるのか?

ネペンテス(ウツボカズラ)やハエトリグサをはじめ、独自の方法で獲物を捕らえる食虫植物。そのしくみや故郷、昆虫たちとの関係にせまります。

さらに今年は生き物と協力関係(共生)にある一面もご紹介。

世界から集められた50種以上もの食虫植物を身近に観察できます。


https://www.sakuyakonohana.jp/event/11404/

虫を食べる植物展2020

咲くやこの花館 922日まで開催。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする