2020年08月03日

扉は開くのか?

IMG_0592.JPGIMG_0592.JPG
自分は閉じているのに、扉は開かないよ。
posted by koinu at 14:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バベルの図書館 ダンセイニ(国書刊行会)

ホルヘ・ルイス・ボルヘス編纂による、ロード・ダンセイニ(ダンセイニ卿)の作品集。


【収録作品】

1.潮が満ち引きする場所で

2.剣と偶像

3.カルカッソーネ

4.ヤン川の舟唄

5.野原

6.乞食の群れ

7.不幸交換商会

8.旅籠の一夜

(国書刊行会)


F17EC2D2-C430-4CB2-BA87-09542E307B5E.jpeg


『旅籠の一夜』のみ戯曲で、ほかは短編もしくは中篇です。夏休み中には相応しい読書体験が味わえる。


ダンセイニ卿は1978年にダブリンの北方ミーズ州の伯爵領へ生まれた。

幼くして18代城主となったダンセイニ卿は、居城から毎日のように夕映えの山々や野原を眺めて、〈夢の国〉を夢想した。人間の野原のすぐ隣に境界を接していながら、人間は決して行き着くことが出来ない。黄昏の薄明かりに包まれたその場所には、変化するものは何一つない。〈時〉は動かず、永遠の充足に包まれている。

「私は肉眼で見たものについて書くことは決してない。夢みたことについてだけ書く。」


【原題と翻訳者】

潮が満ち引きする場所で = Where the tides ebb and flow / ダンセイニ卿著 ; 原葵訳

剣と偶像 = The sword and the idol / ダンセイニ卿著 ; 原葵訳

カルカッソーネ = Carcassonne / ダンセイニ卿著 ; 原葵訳

ヤン川の舟唄 = Idle days on the Yann / ダンセイニ卿著 ; 原葵訳

野原 = The field / ダンセイニ卿著 ; 原葵訳

乞食の群れ = The beggars / ダンセイニ卿著 ; 原葵訳

不幸交換商会 = The bureau d'echange de maux / ダンセイニ卿著 ; 原葵訳

posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする