2020年06月01日

カント『純粋理性批判』講談社コミックス

漫画:近藤たかし 著:佐藤文香


「恋とはなんだ?」「人間とはなんだ?」「わかるとはどういうことなんだ?」

哲学徒のぶち当たる壁に光を与え続ける永遠の名著「純粋理性批判」をまんが化。原著は認識論にコペルニクス的転回をもたらし、現在でも大きな影響を与え続けている。難解なことでも有名なこの書をアンドロイドと人間の恋を通して学べる格好の入門書にしました。認識論とは? そして恋とは何か? がちょっぴり分かる本です。

8E92B29C-CDED-4259-B56E-35F8B621A402.jpeg

【目次】

プロローグ

第一章 感性と悟性

第二章 モノ自体と現象ーコペルニクス的転回ー

第三章 理性

エピローグ

(講談社)20200512日刊行


「傾向性」(功利主義流儀の、快楽と苦痛)に従う倫理学は、「倫理的行為主体の意志の他律」によるものである以上、(カント倫理学の枠内では)倫理学の名に値しない。

カント倫理学で肝心要なのは、「倫理的行為主体による善意と自由意志に基づいた、自律的な道徳法則の自己立法」である。有限な倫理的行為主体の人間には、「行為の格律」と「普遍的な道徳法則」の「完全な一致」が不可能である以上、カント倫理学の体系を満たす為に、所謂、「実践理性の三つの要請、意志の自由、霊魂の不死、神の存在」がなされる。 
posted by koinu at 16:19| 東京 🌁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100分 de 名著「カント・純粋理性批判

「人が知り得ること、知り得ないこと」純粋理性批判。今夜Eテレ再放送

カントは従来の形而上学が陥った独断的なやり方を批判して、人間のもつ理性の可能性とその限界をみさだめる。 空間とは何か、 時間とは何か、 認識はどのようにして成り立つのかを明らかにする。 古代以来の哲学の難問を解決しようとした意欲的な試みを再現する。


哲学者イマヌエル・カント(1724 - 1804)「ドイツ観念論」「批判哲学」は多くの人々に影響を与えている。

人間がもつ理性の限界を確定して「人間は何を知りうるか」を解き明かしたのが「純粋理性批判」。

18世紀のヨーロッパでは、近代科学の最初の波が勃興して、科学を使えば世界の全てを説明できる啓蒙の時代を迎えた。西欧人たちは二つの大きな難問にあう、「科学は本当に客観的な根拠をもっているのか」と「科学で世界の全てが説明できるなら、人間の価値や自由、道徳などの居場所はあるのか」だった。


AIやIT技術の発展で新たな形の「科学万能主義」が席捲し始めている現代にこそ「純粋理性批判」を読み直す。哲学史上屈指の名著「純粋理性批判」を分り易く解説。カントの哲学を現代につなげて解釈して【知識論】や【人間論】、【道徳論】などを学ぶ。


カント『純粋理性批判』

NHK Eテレ「100 de 名著」放送時間】

毎週月曜日/午後1025分〜1050

<再放送>水曜日/午前530分〜555分、 午後0時〜025分(Eテレ)

posted by koinu at 15:00| 東京 🌁| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木の芽

EE21A4A9-524F-4BAB-BE99-7F5C2CE2E43E.jpeg
種子も葉がある
posted by koinu at 07:24| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする