2020年05月20日

穴のあいた修理

「修辞的鋳掛屋」吉野弘

 

わが団地村を訪れる鋳掛屋の口上。

「コウモリガサノ

ホネノオレタシュウリ。

ドビンノ

トウヅルマキノユルンダシュウリ。

ナベカマノ

アナノアイタシュウリ。

なんでもお申しつけください」

 

マイクを口に押し当てて

日曜ごとの時間。

語順がおかしいので

私は日曜ごとに訂正する。

 

(鍋釜の穴のあいた修理」を

(穴のあいた鍋釜の修理」に。

もしくは「穴のあいた鍋釜の、修理」に。

 

しかし

語順訂正にも拘かかわらず

「穴のあいた修理」の残像呪縛じゅばくは強い。

余儀なく「てにをは」を変え

(穴のあいた鍋釜を修理」とする。

 

何度目の来訪だったろう。

私は鍋に穴をあけ

鋳掛屋の鼻先へ突き出した。

(穴のあいた修理」を頼む――。

 

夕方、穴はきれいにふさがれて

鍋は戻ってきた。

「いらだっておいでのようですが――」

と鋳掛屋は微笑した。

「私は、夜毎、睡眠中のあなたを訪れていますが、ご存知ないでしょう。

夜いっぱいかかって、人々の傷をふさぎ、朝、立ち去るのですが、私の手で傷が癒されたと思う人は、先ず、いないようです。

それが傷というものでしょう。

ですから、正確に〈穴のあいた修理〉としか、言いようがないのです」

                 詩集『感傷旅行』1971年より


吉野 弘 1926年、山形県酒田市生。商業高校卒。18歳の頃、高村光太郎『道程』を読んで感銘。1949年、労働組合運動に専念し、過労で倒れ、肺結核のために3年間療養。1962年、「帝国石油」退社。コピーライターに転職。

1972年、詩集『感傷旅行』で第2回読売文学賞。1990年、詩集『自然渋滞』で第5回詩歌文学館賞。

posted by koinu at 17:00| 東京 🌁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャップリン『独裁者』BSプレミアム5月21日放送

チャップリンの名作映画『独裁者』(原題 "The Great Dictator")は,ヒットラーの台頭に脅威を感じたチャップリンが独裁者をユーモアを交えて批判するために1940年に制作した映画で,チャップリン初の台詞音声付きの映画でした。

独裁者にそっくりの床屋が独裁者に成り代わって行う終盤の演説は,その台詞の内容もさることながら,チャップリンの演技の凄まじく完璧主義の演技が伺える作品となってます。


英語が発音できる人は、以外のセリフを声にして読んでみましょう。作者本人の映画メディアに対する真摯な思いが伝わってきます。


【チャップリン『独裁者』の演説】


I'm sorry.  I don't want to be an emperor.  That's not my business.  I don't want to rule or conquer anyone.  I should like to help everyone if possible.  Jew, Gentile, black men, white.


We all want to help one another.  Human beings are like that.  We want to live by each other's happiness, not by each other's misery.  We don't want to hate and despise one another.  In this world there's room for everyone and the good earth is rich, and can provide for everyone.  The way of life can be free and beautiful. 

(私たちは互い皆を助け合いたい。人間はそういうものなのです。私たちは互いの不幸によってではなく,互いの幸福によって生きたい。互いを憎んだり見下したりしたくない。この世界では全ての人に機会が与えられて肥沃な地は豊かで,全ての人を養ってくれる。生き方は自由で美しいものになる。)


But we have lost the way.  Greed has poisoned men's souls, has barricaded the world with hate, has goose-stepped us into misery and bloodshed.  We have developed speed, but we have shut ourselves in.  Machinery that gives abundance has left us in want.  Our knowledge has made us cynical, our cleverness hard and unkind.  We think too much and feel too little.


More than machinery we need humanity.  More than cleverness we need kindness and gentleness.  Without these qualities, life will be violent and all will be lost.  The aeroplane and the radio have brought us closer together.  The very nature of these inventions cries out for the goodness in men, cries out for universal brotherhood for the unity of us all.


(機械以上に私たちが必要なのは人間性だ。賢さ以上に私たちが必要なのは優しさ。これらの資質がなければ,生きることは暴力的になり,すべてが失われるでしょう。

飛行機やラジオはもっと私たちを近づけた。発明品の性質が,人間の善良さを大いに必要として,私たち全ての団結のために世界的な兄弟愛を必要としている。)


Even now my voice is reaching millions throughout the world, millions of despairing men, women and children victims of a system that makes men torture and imprison innocent people.


To those who can hear me, I say, "Do not despair.  The misery that is now upon us is but the passing of greed, the bitterness of men who fear the way of human progress, the hate of men will pass and dictators die.  And the power they took from the people will return to the people.  And so long as men die, liberty will never perish"


Soldiers, don't give yourself to brutes  men who despise you, enslave you, who regiment your lives, tell you what to do, what to think and what to feel, who drill you, diet you, treat you like cattle, use you as cannon fodder.


Don't give yourselves to these unnatural men!  Machine men with machine minds and machine hearts!  You are not machines!  You are not cattle!  You are men!  You have a love of humanity in your hearts.  You don't hate.  Only the unloved hate the unloved and the unnatural.  Soldiers, don't fight for slavery.  Fight for liberty!!


In the seventeenth chapter of St. Luke it is written: "The kingdom of God is within man."  Not one man, nor a group of men, but in all men!  In you!  You, the people have the power!  The power to create machines.  The power to create happiness.  You, the people have the power to make this life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.  Then in the name of democracy, let us use that power.  Let us all unite!!!!


Let us fight for a new world.  A decent world, that will give men a chance to work, that will give you the future and old age a security.  By the promise of these things, brutes have risen to power.  But they lie.  They do not fulfill that promise.  They never will.  Dictators free themselves, but they enslave the people.


Now let us fight to fulfill that promise.  Let us fight to free the world to do away with national barriers, to do away with greed, with hate and intolerance.  Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men's happiness.  Soldiers, in the name of democracy, let us all unite!!!!!


(今,その約束を果たすために戦おう。世界を解放するために戦おう。国境を廃止し,貪欲さをなくし,憎しみと不寛容をなくすために。理性の世界を求めて戦おう。科学と進歩がすべての人間の幸福につながるような世界を。兵士たちよ,民主主義の名のもとに団結しよう!)


【解説】音声機能がなかったサイレント映画時代では、セリフを多く語るのは邪道と忌み嫌うチャップリンでした。

しかしトーキー音声入り第一作となる『独裁者』では、今までの映像演出をがらりと払拭させています。

これは『街の灯』などの情感をたっぷりに表してた作品などと比較すると、映画が目指していた世界へ大きな勇気と影響を与えるものでした。


チャップリンは『独裁者』製作後に、一般大衆から戦争に対する反応が、危険視されて命を狙われてます。初めて日本に来た時にも、暗殺計画が遂行されそうになりました。


そして1952年製作した『ライムライト』では、ライバルにして盟友のバスター・キートンと初めての映画共演を果たします。

BSプレミアムで5月2713時から放送になります。興味ある人は映画進化史実として、観ることをお勧めします。

posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ライムライト』BSプレミアム放送

■ ライムライト

NHK BSプレミアム 2020527日(水)13:0015:18放送


喜劇王チャップリンが、アメリカで製作した最後の作品となった感動の名作。舞台はロンドン。孤独で落ち目の老いたコメディアン・カルベロは、脚を痛め自殺を図った若きバレリーナ・テリーの命を救う。カルベロはテリーを勇気づけ、復帰に尽くそうとするが。可れんなヒロインを演じるのはクレア・ブルーム、同時代のもう一人の喜劇王バスター・キートンとの初共演も話題となり、美しい旋律の音楽はアカデミー作曲賞を受賞した。


【製作・監督・脚本・音楽】チャールズ・チャップリン

【撮影】カール・ストラス

【出演】チャールズ・チャップリン、クレア・ブルーム、バスター・キートン、シドニー・チャップリン ほか

製作国:アメリカ

製作年:1952

原題:LIMELIGHT

備考:英語/字幕スーパー/白黒/スタンダード・サイズ

posted by koinu at 13:00| 東京 ☔| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする