2020年04月30日

『クルードさんちのはじめての冒険』BS日テレ5月3日夜9時より放送。

ドリームワークス・アニメーション製作、20世紀フォックス配給による2013年の3Dコンピュータアニメーション映画。

「適切に選択された声優たちと視覚的に見事なアニメーションの冒険が、精彩を欠いたユーモアと蛇行している物語によって妨げられている」と評された。脚本の重要性を反面教師として学べる、キャラクターの演技と視覚効果が優れた作品。

https://youtu.be/FoI9N-Y12Yk


「リロ・アンド・スティッチ」「ヒックとドラゴン」などしたクリス・サンダース監督。日本では劇場未公開の貴重な大作。

posted by koinu at 20:00| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ラプンツェル』(Rapunzel)グリム童話より

『ラプンツェル』(Rapunzel)グリム童話より


ある夫婦には長年子供がいなかったが、やっと子供を授かる。妊娠した妻は隣に住む魔法使いの庭のラプンツェルを食べたくなる。やつれた妻に「ラプンツェルが食べられなければ死んでしまう」といわれた夫は、妻と子のために魔法使いの敷地に忍び込んだ。ラプンツェルを摘み取りすると、魔法使いに見つかってしまう。だが事情を聞いた魔法使いは、好きなだけラプンツェルを摘んでもいいが、子供が生まれたら渡せという。


やがて生まれた女の子は、魔女に連れて行かれる。ラプンツェルという娘は、森の中にある入口のない高い塔に閉じ込められた。魔法使いはラプンツェルの見事な長い金髪をはしご代わりに、窓から出入りする。ある日、森の中を歩いていた王子が美しい歌声に引かれ、塔に閉じこめられたラプンツェルを見つけて、塔に登る。初めて男性との性交渉を知ったラプンツェルは驚くが、やがて愛し合い、魔法使いに隠れて、夜ごと王子を部屋に招き入れて頻繁に性交を行う。そしてラプンツェルは妊娠する。(初版)


それを知って激怒した魔法使いはラプンツェルの髪を切り落として、荒野へ放逐する。何も知らずラプンツェルを訪ねてきた王子は、魔法使いから罵られて、全ての顛末を知って絶望して、塔から身を投げて失明するのだった。


7年後に盲目のまま森をさまよっていた王子は、双子の男女と暮らしているラプンツェルとめぐり会う。うれし泣きする彼女の涙が王子の目に落ちて、王子は視力を回復する。王子はラプンツェルと子供たちを伴って国に帰り、幸せに暮らした。


グリム童話

(Kinder- undHausmärchen)

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『塔の上のラプンツェル』2010年映画

金曜ロードショー、5月1日午後9時より放送。

グリム童話の「ラプンツェル(髪長姫)」を映画化した、ウォルト・ディズニー・スタジオの長編アニメ第50作。

逃亡中の盗賊フリン・ライダーは、山奥の谷にそびえ立つ高い塔を見つける。好奇心から塔に入ったフリンは、髪が驚くほど長い不思議な少女ラプンツェルと出会う。

彼女は18年間、塔の中だけで生活してきたがフリンとともに外の世界へ冒険の旅に出ることになる。

【スタッフ】

監督 ネイサン・グレノ・バイロン・ハワード

製作 ロイ・コンリ

製作総指揮ジョン・ラセター,グレン・キーン

原作ヤーコプ・グリム、ビルヘルム・グリム

脚本 ダン・フォーゲルマン

編集 ティム・マーテンス

音楽 アラン・メンケン

作詞 グレン・スレイター

エグゼクティブ音楽プロデューサー クリス・モンタン

音楽監修トム・マクドゥガル

視覚効果監修 スティーブ・ゴールドバーグ

posted by koinu at 10:24| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする