2020年04月22日

コーベブックス「南柯叢書」

昭和三十八年に設立されたコーベブックスは、神戸さんちかタウンのオープン時に大規模書店を開業した。
《現在では考えられないが、当時ワンフロア63坪という書店は画期的なことで、全国的に話題になったというから、ひょっとすると、「コーべブックス」が大規模書店の「魁」だったのかもしれない。》(海文堂の平野義昌さん)
ここには伝説の出版部門「南柯書局」があり、都内古書店でも以下のタイトルが販売されてたのを記憶している。以下は国会図書館に蔵書保存されている 「南柯叢書」リストであるが、都内の大手出版社はもちろん、編集企画できるシンクタンクは小出版社にも現存しないと考えられる刮目内容である。
「コーべブックス」出版リスト
1. 微句抄 / 加藤郁乎 南柯書局, 1974[発売コーベブックス]
2. 金色鈔 / 永田耕衣 南柯書局, 1974[発売コーベブックス]
3. 画家と音楽家たちの肖像 / マルセル・プルースト[他] 1974  (南柯叢書)
4. 運命の書 / 岡田夏彦 1974
5. 冷位 / 永田耕衣 1975
6. 払 / 村上鬼愁 1975
7. 天使 / 須永朝彦 1975
8. レア / バルベ・ドルヴィイ[他]  1975  (南柯叢書)
9. ファントマ / スーヴェストル,アラン[他] 1975 (南阿叢書)
10. 汽車の詩 / 上川庄二郎  1975
11. 水烟 / 多田智満子  1975
12. 黄金仮面の王 / マルセル・シュウオップ[他].  1975  (南柯叢書)
13. 一休存在のエロチシズム / 永田耕衣 1976
14. 冷明集 / 吉田一穂 1976
15. 後方見聞録 / 加藤郁乎 1976
16. 滅紫篇 / 須永朝彦  1976
17. 耕衣百句 / 永田耕衣[他] 1976
18. 罰せられざる悪徳・読書 / ヴァレリー・ラルボー[他] 1976
19. 荷風別れ / 郡司正勝 1976.9  (南柯叢書 ; 巻1)
20. 天狗洞食客記 / 池内紀 1976.11 (南柯叢書 ; 巻5)
21. 土手の大浪 / 篠田知和基. 1976.11 (南柯叢書 ; 巻6)
22. 朱絡 / 岸田典子 1976.6
23. 鬼貫のすすき / 永田耕衣  1976.9
24. 花狩 / 中村苑子  1976.10
25. しゃがむとまがり / 永田耕衣  1976.10  (南柯叢書 ; 巻4)
26. 夢一筋 / 加藤郁乎 1976.10 (南柯叢書 ; 巻3)
27. カファルド / ボナ・ド・マンディアルグ[他] 1976
28. 詩人泡鳴 / 窪田般弥 1976.9 (南柯叢書 ; 巻2)
29. アントナン・アルトー論 / スーザン・ソンタグ[他] 1976.8
30. 旗の台管見 / 加藤郁乎 1977.3
31. 魂と舞踊 / 丹羽正 1977.1
32. わが春夫像 / 須永朝彦 1977.3 (南柯叢書 ; 巻7)
33. 硝子の繭 / 須永朝彦 1977.7
34. 青の中 / 三橋敏雄 1977.3
35. 佳気颪 / 加藤郁乎 1977.2
36. アダム・ミロワール / ジャン・ジュネ[他] 1977.1
37. 黄冠の歌人 / 岸田典子 1977.3  (南柯叢書)

この南柯叢書の名称となっている南柯書院は上森健一郎、宮本良、西谷操らによって、昭和三年に設立されて『世界デカメロン全集』を出版予告して未刊のまま一年後に消えてしまった。そんな幻の出版社から血脈を受け継いでいくコーベブックスの方針が伺える。
posted by koinu at 10:30| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする