2020年04月18日

短歌という爆弾、怖い平仮名

穂村弘第一詩集より

「卵産む海亀の背に飛び乗って手榴弾のピン抜けば朝焼け」

「宇宙船のマザーコンピュータが告げるごきぶりホイホイの最適配置」


『短歌という爆弾』穂村弘(小学館文庫)

31文字で意識が遠のく破壊的な言葉たち、成る程これは爆弾である!

定型詩の持つ真剣な迫力である!


「善意や好意や明るさの領域だけで書かれた歌には、本当の力は宿らない」「世界には明らかにもう半分があって、そこには不吉な暗いものが満ちているんだっていうことを感じさせる詩がやはり本物」

〈共感と驚異〉〈ホームランとファールチップ〉などの構造概論や、葛原妙子・奥村晃作・早坂類・水原紫苑らの歌人論なども深い探究となっている。


「読者より先にまず歌の作者が自分で自分に共感してしまっているために、他人と共有できる感動を生み出すには至っていないのである。」


「この歌は、愛情や善意や暖かさを肯定的に描いていて確かにいいものなんだけれども、でもそれは世界の半分に過ぎないわけです。世界には明らかにもう半分があって、そこには不吉な暗いものが満ちているんだっていうことを同時に感じさせる詩がやはり本物だと思います。」


穂村弘 HIROSHI HOMURA

歌人。1962年、北海道生まれ。85年から短歌の創作へ。90年、第一歌集『シンジケート』刊行。2008年、『短歌の友人』で伊藤整文学賞、「楽しい一日」で短歌研究賞を受賞。同年、石井陽子とのコラボレーションであるメディアアート作品『火よ、さわれるの』でアルス・エレクトロニカインタラクティブ部門栄誉賞を獲得。17年『鳥肌が』で講談社エッセイ賞、翌年『水中翼船炎上中』で若山牧水賞に輝く。歌集、エッセイ、絵本、翻訳など多数。


最近「こわいひらがな」というエッセイを書いたんです。子どものころに街で見かけた「ほねつぎ」「かけはぎ」「ぢ」という看板の表現についてのエッセイなんですが、たとえば「ほねつぎ」と書いてある接骨院には柔道整復師の先生がいて、医学とはまったく違った体系がそこにある。「かけはぎ」も、服に穴が空いたなら、いまでは量販店で買い替えちゃうでしょう。要するにマイノリティなんです。「ぢ」なんて、薬品名も効能も書かず、「ち」に濁点で一文字の表現なんてマイノリティそのものだけど、われわれをぎょっとさせるでしょう。


こわいひらがなたちは、世界が合理性や資本主義や整備された法律によって一元化される前の別世界の匂いを放っている。

PR誌「ちくま」6月号より掲載

http://www.webchikuma.jp/articles/-/1825

posted by koinu at 13:11| 東京 ☔| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

町田康オダサクと無頼派を語る

インタビュー「町田康」(聞き手=千野帽子)

「後ろめたさと共に書くー粗いプリセットをすりぬける言葉ー」

ユリイカ20089月号 特集=太宰治/坂口安吾 無頼派たちの戦後”より


町田康のインタビュー記事

・スーパーマーケットで、ジャガイモ、人参、牛肉などを買い、

 そしてカレールーも買った。

 そのとき、レジの店員に

 「は〜ん、こいつカレー作るんだな」と思われるのを嫌がるのが太宰やね。

・織田作(織田作之助)はやっぱり弱者に対するまなざしが一番冷たいですね。弱者というか、たとえば無学な人なんかも出てきますけど、無学であることの残酷さというのをすごくクールに書いている。

・たとえば堕落できるかできないかって問題があって、現代では堕落すらできないというところはありますよね。

 堕落するというのは堕落する自意識があるから堕落できるのであって、未亡人がもう違うひとを好きになってるというのも後ろめたさがあるかないかという話ですよね。

平野謙と坂口安吾と織田作と太宰治の四人の座談会の話。

平野謙が志賀直哉とかああいう正統的なものに比べて、ここにいる四人の人たちっていうのはデフォルメされた小説じゃないですかっていったら、

 太宰が「デフォルメっすか〜!」「デフォルメはないでしょう!こっちが正当な文学ですよ」って(笑)。

平野謙が「でも、みんなそう思ってるわけや」とかいって、坂口安吾も「そうそう」って行ってるのに太宰だけがひとりでずっと「デフォルメかぁ〜」って言ってるんですね。

(千野氏)それが活字で残ってるのがすごい(笑)。

不思議な感じの座談会なんですけど、その太宰の気持ちはわかりますね。「デフォルメっていわれた・・・もう帰りたい」みたいな(笑)。


町田康は座談会まで読んでるのかあ。恐れ入る。

このあと太宰の小説が「デフォルメされた小説」かどうか?、

そもそも「デフォルメされた小説」なんてあるのか?

と町田康は語っていくのだが、これまた深いんだな。

小説らしい小説=小説から揮発する小説っぽいにおいやオーラだけ。

本当の小説=そういうにおいやオーラではなく、ちゃんとした実体がある。

そりゃ太宰も「デフォルメ」なんて言われたら、自分はちゃんと本当の小説を書いてるのにとむきになる。


町田:斎藤斉藤という歌人と話をしたら、大教大附属池田小学校で事件を起こした宅間守の気持ちがよくわかるというんです。すごい世代の断絶を感じましたね。斉藤くんは72年生まれなので、ちょうど僕とは10歳違うわけですけど、彼は「宅間の気持ちはよくわかる。自分も同じことをしてたかもしれない」

付録「馬地獄」織田作之助


織田作之助/青空文庫

https://www.aozora.gr.jp/index_pages/person40.html

05375A25-0545-4BFF-AC94-8597AAEE4774.jpeg
posted by koinu at 10:00| 東京 ☔| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性小説セレクション『織田作之助 怖るべき女』尾崎名津子編(春陽堂書店)

オダサクが描いた女たち― 

女たちのコミュニティや、不幸な婚姻生活に明るく立ち向かう女性、阿部定を思わさる妖婦、 そして代表作「夫婦善哉」にも描かれるダメ男を支える妻… オダサクが描いた様々な女性像から、作家が求めた「理想」の変遷を追う。

 全集に未収録の映画シナリオ、初稿発表の原稿収録されている。

0354E8CF-9514-4316-AD60-2D88DA55337F.jpeg

【収録作品】 

 

婚期はずれ 

秋深き 

天衣無縫 

婦人 

 

あのひと 

表彰 

女の橋 

船場の娘 

大阪の女 

妖婦 

眼鏡 

実感 

好奇心 

冴子の外泊 

二十番館の女 

怖るべき女 

解説:尾崎名津子  


対談=尾崎名津子×朝吹真理子

オダサクが描く女性の一生

https://dokushojin.com/article.html?i=6206


織田作之助・著 

191310月、大阪市生まれ。1933年から創作活動を開始し、1938年に小説「雨」を発表。 

1940年に「俗臭」が第10回芥川賞候補となる。 

同年に発表した「夫婦善哉」が改造社の第1回文藝推薦作品となり,以降、本格的に作家活動を開始。 

19464月に発表した「世相」が評判を呼び、作品発表の機会が劇的に増えるも、 

19471月、肺結核のため東京にて死去。その直前に評論「可能性の文学」を発表し、作風の転換を図っていた矢先のことだった。 

太宰治、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれ「オダサク」の愛称で親しまれた。 


尾崎名津子・編集

1981年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科国文学専攻修了。博士(文学) 

弘前大学人文社会科学部専任講師。専門は日本近現代文学、内務省検閲を中心とする検閲研究。 主な著作に、『織田作之助論――〈大阪〉表象という戦略』(和泉書院、2016)などがある

posted by koinu at 06:50| 東京 ☔| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする