2020年04月05日

タロットカードの星座と天体

無意識のうちにザリガニが、這い上がる世界。ふたつの塔に挟まれた月の変化とは?

72E86FAB-7E81-4DA6-9259-F12BF8A4E145.jpeg

タロット占い方のページ。

http://penguintarot.seesaa.net/

《タロットカードの星座と天体》

T魔術師 双子座・処女座(水星)

U女教皇蟹座(月)

V女帝 牡牛座・天秤座(金星)

W皇帝 牡羊座(火星)

X法王 牡牛座(金星)

Y恋人たち 双子座(水星)

Z戦車蟹座(月)

[ 獅子座(太陽)

\隠者 乙女座(水星)

]運命の輪 射手座(木星)

]T正義 天秤座(金星)

]U吊し人魚座(海王星)

6FBDA30C-6A4C-48D4-B83F-8FB652AF1917.jpeg

]V死神蠍座(冥王星)

]W節制射手座(木星)

]X悪魔山羊座(土星)

]Y 牡羊座(火星)

]Z 水瓶座(天王星)

][魚座「海王星)

]\太陽獅子座(太陽)

]]審判蠍座(冥王星)

]]T世界 山羊座(土星)

愚者水瓶座(天王星)

《不正は正すべきか》

「LA JUSTICE」の天秤は平衡を保とうとします。正義というより「公平」。剣は、違法を罰する力。
人は生きる上で様々な想いを重ねるので、天秤は揺れます。昂まりと鎮まり、昇りと降り、喜びと苦しみ、得ることと与えること。
そして「公平」も「法」も、時代と社会その時々の価値観で揺れ動くもの。
8番のカードはただ厳しく罰する正義ではなく、慈悲も含んでいるのでしょう。
と、いうことで、ピクトスタイルのペンギンタロットでは、剣は少しだけ傾いています。天秤は、穏やかな和を願って、左右の違いはほんの少しだけ。

la justice.jpg

タロット解説

http://zerogahou.cocolog-nifty.com/photos/22/

「さぁて、身軽に行こうかなぁ」

0F1F3C6E-2847-4253-ADA9-DE8B08D935D0.jpeg

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ドクター・ホフマンのサナトリウム〜カフカ第4の長編〜」BSプレミアム今夜放送

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出「ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜カフカ第4の長編〜」


カフカの未発表長編小説が発見された現代と、その小説の中の世界と、カフカが生きていた20世紀初頭という3つのパラレルワールドが、コミカルかつシュールに描き出されてゆく。

【出演者】

多部未華子、瀬戸康史、音尾琢真、大倉孝二、村川絵梨、犬山イヌコ、緒川たまき、渡辺いっけい、麻実れいら。

https://natalie.mu/stage/news/373147

カフカによる3つの長編小説「失踪者」「審判」「城」に続く、4作目の長編小説の遺稿が発見されたら……というアイデアから生まれ、題名の「ドクター・ホフマンのサナトリウム」は、カフカが晩年に過ごした療養所の名前から取られている。

posted by koinu at 13:17| 東京 ☀| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孤島の鬼ごっこ

IMG_1011.JPG

孤島の鬼  孤島の鬼  孤島の鬼

posted by koinu at 09:46| 東京 ☀| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FM 能▽観世流「蘆刈」あしかり

45日NHKFM 午前600分〜 午前655

「蘆刈」(シテと地頭)梅若 万三郎、(ワキと地謡)伊藤 嘉章、(ツレと地謡)八田 達弥、(地謡)長谷川 晴彦、(地謡)梅若 泰志、(地謡)古室 知也(4657秒)

NHK 509スタジオ〜

https://youtu.be/I9jMclzcJRA

【案内】三浦裕子

零落した夫婦が貧苦のあまりに別れて、別々の道を歩む。妻(ツレ)の方は都で大きな屋敷の乳母となり、立身出世する。三年の月日が経ち妻はお供の者を連れ、夫婦が昔住んでいた難波の浦へ夫(シテ)を訪ねて来た。夫は行方知れずになってたが、妻は暫く逗留し夫の行方を捜すことした。夫はその後暮らし向きにも変わりなく蘆売りに身をやつして、難波の浦へとやってくる。蘆を刈る貧しい身を嘆きつつ、行き合った妻の従者(ワキ)へそれとは知らず蘆を売りに行く。

難波の浦の謂れを語り、笠尽くしの芸能を見せていると、蘆を一本所望された。夫が蘆を持ち妻の前へ行った時に、二人はお互いを認める。

今の姿に恥じて身を隠す夫に、妻は一人で夫の元へ行く。二人はお互いに和歌を詠みあい、三年の月日も変わらなかった心を確かめ合う。

やがて夫は烏帽子、直垂を身につけて、和歌の徳を称え、祝言の舞を舞い、夫婦ともに連れ立って都へ帰るのだった。【幕】

posted by koinu at 02:50| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする