2020年04月04日

「オダサクはんのめでたいユーレイ」多田道太郎

 オダサク追悼漫才大会と大書した気球があかっている。音楽堂ではチャッチャッチャッの伴奏入りで漫才をやっている。と、突然、漫才師が叫ぶ。
「あツ、めでたくオダサクはんの幽霊が出やはりましたがな。きゃッ」

 難波駅近くの御堂筋の東側に当時「彼が愛した『わが町』大阪では、彼の急逝のある夜その店の娘さんがが店番をしていると、表の戸口から一人の痩せた青年の蒼白い顔が覗いた。『あっ、織田作さんやわ』と娘さんが思った瞬間、相手は持ち前のあった小さな薬屋、彼はその店のおとくいの一人だったのだが、薄笑いを浮べながら、右手を差し出して、『ヒロポンをくれ』といったというのである」。

 夢の中にしろゴシップの中にしろ織田作之助はユーレイかお化げか、そんなもんのある作家だった。ユーレイとお化けのちがいは、人に憑くのがユーレイで、に憑くのがお化けという民俗学者の説があるけど、その伝でゆくと、青山光二に出てきたのがユーレイで、ミナミの薬屋の店先に出てきたのはお化けということになる。

 織田作のユーレイにしろお化けにしろ、ち太っぴり恨みはふくんでいるものの、どことなく陽気で、滑稽でさえある。織田作之助は、小説だげでなく、ユーレイもまた何かのパロディじみている。 

 大阪弁で「なんぼの者と思うてるのや」という悪態がある。織田作之助がそう言われたら「坐蒲団だけのもんや」と言い返したかもしれない。けれど彼はノスタルジー坐蒲団のうえに尻を落着けていられる作家ではなかった。
 彼はことばのトランポリンのうえを飛んだりはねだり踊ったりの大好きな人で、厳粛大好きの戦争中に、よくまあとおどろく人もいるだろうが、ゲソシュクー途の世の中だからこそ、「一勝半七」の坐蒲団的パロディからいっそ悪態、地口、駄洒落の雲の上で、飛んだりはねだりの「猿飛佐助」のパロデ″に乗り移れだのかもしれなかった。今(一九九三年)の笑いの観客は、演者が何も芸をしない前から半分口をあげてゲラゲラの構え、これでは芸ができるはずがない−‐‐というような小林信彦の慨嘆の声をきいて、なるほどなあと思ったが、戦争中はテコでも笑わぬ勝つまではの気概、面構えの面々を前にしてオダサクの反逆の芸心がむずむず動きだすのかも。
〔「オダサクはんのめでたいユーレイ」多田道太郎より〕
posted by koinu at 22:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「言葉のダシのとりかた」

「言葉のダシのとりかた」長田 弘       


かつおぶしじゃない。

まず言葉をえらぶ。

太くてよく乾いた言葉をえらぶ。 


はじめに言葉の表面の

カビをたわしでさっぱりと落とす。


血合いの黒い部分から、

言葉を正しく削ってゆく。

言葉が透きとおってくるまで削る。


つぎに意味をえらぶ。

厚みのある意味をえらぶ。


鍋に水を入れて強火にかけて、

意味をゆっくりと沈める。

意味を浮きあがらせないようにして

沸騰寸前サッと掬いとる。


それから削った言葉を入れる。

言葉が鍋のなかで踊りだし、 

言葉のアクがぶくぶく浮いてきたら

掬ってすくって捨てる。


鍋が言葉もろともワッと沸きあがってきたら

火を止めて、あとは

黙って言葉を漉しとるのだ。 


言葉の澄んだ奥行きだけがのこるだろう。

それが言葉の一番ダシだ。

言葉の本当の味だ。


だが、まちがえてはいけない。

他人の言葉はダシにはつかえない。

いつでも自分の言葉をつかわねばならない。


おさだひろし

19392015 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。

昭和141110日生まれ。早大在学中同人誌「鳥」を創刊,「地球」「現代詩」などにくわわる。昭和40年やわらかくなじみやすい表現によって,けんめいに明日への希望をつむぐ詩集「われら新鮮な旅人」,詩論集「抒情の変革」を発表。57年「私の二十世紀書店」で毎日出版文化賞,詩集「心の中にもっている問題」で平成2年富田砕花賞,3年路傍の石文学賞。21年「幸いなるかな本を読む人」で詩歌文学館賞。22年詩集「世界はうつくしいと」で三好達治賞。26年「奇跡―ミラクル―」で毎日芸術賞。ほかに「死者の贈り物」「深呼吸の必要」,評論「探究としての詩」,エッセイ「本を愛しなさい」など。平成2753日死去。75歳。福島県出身。

posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本たかし短歌

チチポポと鼓打たうよ花月夜

春月の病めるが如く黄なるかな

海中に都ありとぞ鯖火燃ゆ

夢に舞ふ能美しや冬籠

水仙や古鏡のごとく花をかゝぐ

雪だるま星のおしやべりぺちやくちやと

(松本たかし短歌より)


定型歌はリズムがあり、結晶のように圧縮されて、視覚要素へも響く。

反対に自由形式での詩作は、雑文のような吐き溜まりになりがちとなる可能性はある。

短い歌の機能は速いスピード感の視覚表現に似て、反射神経が次のように求めらる。


夏めくや庭を貫く滑川

大島と久に逢ひ見て梅雨晴れぬ

咲きのぼり梅雨晴るる日の花葵

遠雷や波間波間の大凹み

幟の尾垂れたる見えて夕庇

荒れ荒れし人も神輿も息みをり

二つづつ放り出しけり早苗束

早苗束放る響きの谷間かな

早苗束膝に当ててはくくりけり

蚊遣火や夕焼冷むる淡路島

渦巻の残りすくなき蚊遣香

日蔽舟扇使ひの人見ゆる

氷食ふ二階の欄にまたがりて

蛍籠飛ぶ火落つる火にぎやかに

桐の花散りひろごれり寺静

百日紅こぼれて庫裡へ石畳

えごの花かかりて蜘蛛の糸見えず

雨音につつまれ歩く若葉かな

下闇に遊べる蝶の久しさよ

左右より芍薬伏しぬ雨の径

一面の著莪にさざめく洩日かな

紫陽花の大きな毬の皆褪せし

睡蓮の葉に掌をかけて亀しばし

ほのぼのと泡かと咲けり烏瓜

青蔦の這うて暗しや軒の裏

萍に松の緑を摘み捨てし

(松本たかし短歌より)

posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤鬼房の俳句

【佐藤鬼房の俳句】

いつまでも在る病人の寒卵

ながあめの祖國の異國下痢はやる

ねむれぬ夜端々ひかる梅の枝

ぼろぼろの雲の夕燒基地海岸

みちのくは底知れぬ国大熊生く

やませ来るいたちのやうにしなやかに

七五三妊婦もつとも美しき

下北の首のあたりの炎暑かな

切株があり愚直の斧があり

友ら護岸の岩組む午前スターリン死す

吾在りて泛ぶ薄氷聲なき野

地吹雪や王国はわが胸の中に

夏も末の島波薄き雜誌手に

夏季鬪爭ぱつちり黒い瞳の少女

奢りながき夕燒透いて不作の田

子雀に朝燒さめて光さす

孤兒たちに清潔な夜の鰯雲

寒夜の川逆流れ滿ち夫婦の刻

寒夜子へ歸る溝川も光もつ

寒明けの山肌を剥ぎ岩きざむ

平和は一つあげし男の子に麥穂だつ

平和遠し春の蟆子をば咳きてはく

怒りの詩沼は氷りて厚さ増す

春蘭に木もれ陽斯かる愛もあり

朝の日ざし栗毛の仔犬凍れる樹

根雪掘る二十代經し妻の背よ

油じむ肘のつよさも氷雨中

港灣にくそまり雪をつのらしむ

滾る銀河よ眞實獄へ想ひ馳す

父の方へかけくる童女花了ふ樹

生きて食ふ一粒の飯美しき

立ち尿る農婦が育て麥青し

綾取の橋が崩れる雪催

縄とびの寒暮傷みし馬車通る

肩で押す貨車に冬曉朱の一圓

藍いろの火がきつとある桜の夜

誰か死に工場地帶萌えきざす

赤沼に嫁ぎて梨を売りゐたり

逆立つ世棕梠は花つけ赤兒睡る

陰になる麦尊けれ青山河

露けさの千里を走りたく思ふ

年へ愛なき冬木日曇る

麥のたしかな大地子の背丈

鳥帰る無辺の光追ひながら

黙々生きて曉の深雪に顔を捺す


佐藤鬼房 (さとう-おにふさ)

19192002 昭和-平成時代の俳人。

大正8320日生まれ。「句と評論」に投句。戦後は西東三鬼に師事して社会性俳句で注目される。

「天狼」同人をへて昭和60年宮城県塩竈市で「小熊座」を創刊主宰。平成2年「半跏坐(はんかざ)」で詩歌文学館賞,5年「瀬頭」で蛇笏(だこつ)賞。

平成14119日死去。82歳。岩手県出身。本名は喜太郎。

posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする