2020年01月26日

「運命の輪」から「世界」への試練

タロット大アルカナ10番のカード。

運命と自由意志を描いている。輪は周期性・永続性の象徴。輪へ絡まるよう動物が、台座の上から監視される。右側の上を向いている動物はアヌビスで、左側の下を向いている動物はテュポンとされる。動物たちの向きから輪は左回転を行って、吉と凶は変則的ながら、規則的に訪れると暗示している。


9F061988-CA99-4AD0-B97C-2330F880098A.jpeg


輪の回転を操り鎮座する存在は、ライオンの胴体、人面の頭、大きな羽から黄金の冠が神聖な力を示すスフィンクスと解釈される。


輪周囲の四大元素は黄道十二宮で、水瓶座、蠍座、牡牛座、獅子座で、いずれも「不動宮」に属している。そして天使達となる「世界」に向けて試練をしている。


輪の中央は、車輪の輻になぞらえて8本の放射線があり、仏教で用いられる「法輪」を彷彿とさせる。8本の放射線のうち縦横四方向には錬金術の記号がある。上側は「水銀()」、右側は「硫黄」、左側は「塩」という三元素、下側は「銅()」(宝瓶宮、水瓶座の象徴と溶解を表す記号)を意味して、三元素とそれを統合するものという四つ組の構成が採用されている。

縦横四方向の文字は時計の12時の位置から90度ずつ時計回りに読むと「TARO(T)」(タロット)、反時計回りに読むと「TORA」(女教皇が持つ書物と一致)、6時の位置から時計回りには「ROTA」(輪の意味)となる。


16E7D4C3-BD3E-46D4-A160-8FA4DBF727E2.jpeg

「君と世界との戦いでは、世界を支援せよ。」フランツ・カフカ

posted by koinu at 11:30| 東京 ☔| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普遍な無意識を発掘するカード

◆タロットカードは不可思議なシンボルが描かれて、これらキーワードを繋ぎ合わせることでタロットは世界の側面を照らし出すとことができる。漠然とした無意識の断片が、元型のイメージとしてのカードによって具現化され、その人固有の無意識の形を喚起させる。
178C1A0C-64E8-40B9-AA04-71D41B075C97.jpeg
◆無意識の領域に存在して無意識に人を動かす全人類に共通する心理パターン。このパターンが自然界にもあったことを符合させた図形こそタロット。 無意識の中にあるものを喚起させ、導き出されたキー  ワードを解釈することでその人だけに当てはまるパターンがある。
◆“シンクロニシティ(共時性)”という無意識の領域にあるものと現実の世界に起こることには一種のアナロジーが存在し、人が偶然として片付ける出来事も、すべては無意識の中にある原因により必然的に起きている。
◆自分の無意識を知ることで、これから自分の身に起こることや、未来に起こる出来事を予測することができる。
9CD790D5-31DE-44D4-A47C-C9F53B72F9F6.jpg
◆タロットは普遍な無意識を発掘する道具であり、その無意識を意識化する手段として、占い師が相談者の未来を予測する際に行うカード解釈は、まさしく医師が患者に質問を出して、その内容から医学的に解釈し、患者の精神状態を推測しながらカウセリングを行う心理学の手法そのものです。
◆大アルカナ22枚組・解説書付 
◇Amazonにて「ペンギンタロット」を限定販売中。シリアルナンバー入り。800部のみ再販予定なし。
C4D8021F-2D8E-41B4-9534-B0F257000D3A.jpg
「ペンギンタロット」の世界へ・・・」 http://koinu.cside.com/
「ペンギンタロット」履歴紹介。
眺めているだけで楽しいサイトなので、是非興味のある方は是非。
「カードの履歴」 http://www.phgenki.jp/item/1607/
8D6803FE-4EA0-42DE-B84F-88F97EA09A52.jpeg
posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運命の輪(La Roue de Fortune)とは?


9F061988-CA99-4AD0-B97C-2330F880098A.jpeg

輪周囲の四大元素は黄道十二宮で、水瓶座、蠍座、牡牛座、獅子座で、いずれも「不動宮」に属している。そして天使達となる「世界」に向けて試練をしている。


2751511B-37B5-4366-AA65-CAF2A11E5DF6.jpeg


あのときに左の道を選んだら、

なんて満月見ながら思う


人生に意味なんてない

タクシーで砂漠の道を突き進むとき


何故だろう独りは怖い

今も怖いんだけど選んだ道はここで 瀬


真っ暗な部屋が時々照らされる 

雷鳴、隠したいもの暴け


エスカレーター昇るとき

君は唐突にさよならを告げ強くなる雨


錆びていく自転車撫でて手離した 

ああもう迷えることはないのだ


この部屋のどこかにあると姉は言う アンモナイトの化石いずこへ


城もなき町の宿屋で

厳かに見つけたものは一本の螺子 


『砂漠の庭師』鈴木智子著(デザインエッグ社)より

2751511B-37B5-4366-AA65-CAF2A11E5DF6.jpeg
posted by koinu at 01:00| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする