2020年01月07日

「地上楽園」芥川龍之介

155A89B0-1795-480B-8DB5-AE4ADD3887FC.jpeg
 地上楽園の光景は屡しばしば詩歌にもうたわれている。が、わたしはまだ残念ながら、そう云う詩人の地上楽園に住みたいと思った覚えはない。基督教徒キリストきょうとの地上楽園は畢竟ひっきょう退屈なるパノラマである。黄老の学者の地上楽園もつまりは索漠とした支那料理屋に過ぎない。況んや近代のユウトピアなどは――ウイルヤム・ジェエムスの戦慄せんりつしたことは何びとの記憶にも残っているであろう。

 わたしの夢みている地上楽園はそう云う天然の温室ではない。同時に又そう云う学校を兼ねた食糧や衣服の配給所でもない。唯此処に住んでいれば、両親は子供の成人と共に必ず息を引取るのである。それから男女の兄弟はたとい悪人に生まれるにもしろ、莫迦には決して生まれない結果、少しも迷惑をかけ合わないのである。それから女は妻となるや否や、家畜の魂を宿す為に従順そのものに変るのである。それから子供は男女を問わず、両親の意志や感情通りに、一日のうちに何回でも聾と唖と腰ぬけと盲目とになることが出来るのである。それから甲の友人は乙の友人よりも貧乏にならず、同時に又乙の友人は甲の友人よりも金持ちにならず、互いに相手を褒め合うことに無上の満足を感ずるのである。それから――ざっとこう云う処を思えば好い。

 これは何もわたし一人の地上楽園たるばかりではない。同時に又天下に充満した善男善女の地上楽園である。唯古来の詩人や学者はその金色の瞑想めいそうの中にこう云う光景を夢みなかった。夢みなかったのは別に不思議ではない。こう云う光景は夢みるにさえ、余りに真実の幸福に溢れすぎているからである。

 附記 わたしの甥はレムブラントの肖像画を買うことを夢みている。しかし彼の小遣いを十円貰うことは夢みていない。これも十円の小遣いは余りに真実の幸福に溢れすぎているからである。


【青空文庫】

岩波書店刊「芥川龍之介全集」1977年〜1978年より

posted by koinu at 16:30| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斉藤茂吉の短歌

・かりがねも既にわたらずあまの原かぎりも知らに雪ふりみだる

・最上川逆白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも

・人皆のなげく時代に生きのこりわが眉の毛も白くなりにき

・オリーヴのあぶらの如き悲しみを彼の使徒もつねに持ちてゐたりや

・歌ひとつ作りて涙ぐむことあり世の現身よ面をな見そ

・道のべにヒマの花咲きたりしこと何か罪ふかき感じのごとく

・くらがりの中におちいる罪ふかき世紀にゐたる吾もひとりぞ


・朝あけて 船より鳴れるふとぶえの

・こだまは長し なみよろう山

・遠田のかわず 天に聞こゆる

・空海の まだ若かりし像を見て

・われ去りかねき 今のうつつに

・のど赤き 玄鳥ふたつ屋梁にゐて

・最上川の 上空にして残れるは

・いまだうつくしき 虹の断片

・ふぶくゆふべと なりにけるかも



斉藤茂吉(1882‐1953)

近代短歌の第一人者で、日本の近代精神を体現した文学者。40年にわたる作歌活動から生まれた全短歌。初期の生命感の躍動するなまの表現から、次第に複雑な人生の味わいをたたえる沈静へと移ってゆく。

posted by koinu at 10:50| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする