2019年12月05日

デーモン閣下や辻仁成さんらが「桜を見る会」へ苦言!

 アーティストのデーモン閣下が4日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月〜金曜前1025)に出演。公費による首相主催の「桜を見る会」を巡り、預託商法などで破綻した「ジャパンライフ」元会長が、安倍晋三首相らの枠で招待された可能性があることなどに言及した。


 デーモン閣下は今回の一連の疑惑に「加計学園の時も忖度(そんたく)のことがあったじゃないですか。またそれなのかな」と言い、「もう(ジャパンライフ元会長を)誰が呼んだか分かってるんじゃないの。隠したいからこうなってるんでしょ」と話した。 

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/04/kiji/20191204s00041000185000c.html


ミュージシャンで作家の辻仁成(60)が、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる一連の問題に言及し、「子供が明るく開花できる社会をお願いします」と訴えた。

辻は5日、ツイッターを更新。「桜を見る会の皆さんへ。日本の子供たち、7人に1人が貧困です」と書き出し、「教室の中に満足にご飯を食べられない子供、文房具が買えない子供が6人くらいいる先進国とは思えない日本のこの現実を、桜ではなく、この現実を見る会にしてほしかった。子供は日本の財産です。子供が明るく開花できる社会をお願いします」との思いをつづった。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912050000122.html



「理解」って何だっけ? 思わず手元の辞書を引きたくなった。次々に疑問が飛び出す例の「桜を見る会」について「国民は理解しつつある」といった発言が自民党幹部から相次いでいるのだ。「首相枠」「前夜祭」「消えた招待者名簿」「マルチ商法企業とのつながり」などなど、謎は深まる一方なのに。その「理解」、ぜひ教えてほしいのですが……。【毎日新聞】

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20191205/k00/00m/010/065000c

posted by koinu at 17:00| 東京 ☁| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする