2019年12月07日

大きな大根

9895E102-FFDF-4E01-A67A-CB70FE7BA1AA.jpeg
無農薬栽培されたダイコン。
CDサイズよりボリュームあります。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暖かい飲み物

99C792EA-EB4A-4B13-9EFF-23004F6C3EEB.jpegB2C09056-565E-4058-B75A-BA0EA66014B1.jpeg
散歩する途中で頂きました。
posted by koinu at 11:31| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケネス・レクスロスの詩

 星の下に寝そべって

 夏の夜、遅く、秋の星座が空にのぼる


  そしてヘラクレスの星群が

  西に落ち

  私は望遠鏡を置いて

  デネブが天頂に動くのを見る


 ケネス・レクスロス「The Heart of Herakles


Kenneth Rexroth 1905-1982)アメリカのインディアナ州サウスベント生まれの詩人、批評家、エッセイスト、翻訳家、画家、でありジャパノロジスト。ケネス・レクスロスやマドリン・グリーソンはサンフランシスコ・ルネッサンスの先駆者として1930年代からアメリカ詩の実験的活動を担う。その他、チャールズ・ブコウスキーやジャック・スパイサーがいた。その時代に話されている文体と独創的形態の実験とを結び付けようとした。

posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

ETV特集・選 追悼 中村哲さん「武器ではなく 命の水を」

今週土曜日のETV特集は亡くなられた中村哲医師を追悼して2016年9月に放送したETV特集「武器ではなく 命の水を」のアンコール放送。

2019127(午前600(60); 20191211(再放送。

戦乱が続くアフガニスタンで干ばつと戦ってきた医師・中村哲さんが銃撃され亡くなった。「戦乱は武器や戦車では解決しない。農業復活こそがアフガン復興の礎だ」と白衣を脱ぎ、用水路建設に乗り出した中村医師。長年の努力の末、用水路は完成、大地に緑がよみがえり、人々の平穏な営みが再び始まろうとしている矢先だった。中村さんをしのび、その15年にわたる不屈の歩みを記録した2016年制作番組。

https://www4.nhk.or.jp/etv21c/


中村哲さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。


124 AFP】アフガニスタンで長年支援活動に携わってきた日本人医師、中村哲(Tetsu Nakamura)さんが4日、東部ナンガルハル(Nangarhar)州ジャララバード(Jalalabad)で銃撃され、死亡した。同行していたアフガニスタン人の護衛ら5人も死亡した。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランサーフィン 鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する―奇跡の願望実現法

鏡に映るのは現実の世界。

しかしその裏側に形而上学的な空間が広がっている。

それはバリアントの空間でもある。だからこれを「二元鏡」と呼ぼう。

そして、そこに7つの鏡の「超」法則がある。

それを理解すれば、あなたはバリアントの空間をコントロールすることもできるだろう。

そして、まさにそのことによって、あなたは現実世界に影響を与えることができるのだ。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

デーモン閣下や辻仁成さんらが「桜を見る会」へ苦言!

 アーティストのデーモン閣下が4日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月〜金曜前1025)に出演。公費による首相主催の「桜を見る会」を巡り、預託商法などで破綻した「ジャパンライフ」元会長が、安倍晋三首相らの枠で招待された可能性があることなどに言及した。


 デーモン閣下は今回の一連の疑惑に「加計学園の時も忖度(そんたく)のことがあったじゃないですか。またそれなのかな」と言い、「もう(ジャパンライフ元会長を)誰が呼んだか分かってるんじゃないの。隠したいからこうなってるんでしょ」と話した。 

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/04/kiji/20191204s00041000185000c.html


ミュージシャンで作家の辻仁成(60)が、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる一連の問題に言及し、「子供が明るく開花できる社会をお願いします」と訴えた。

辻は5日、ツイッターを更新。「桜を見る会の皆さんへ。日本の子供たち、7人に1人が貧困です」と書き出し、「教室の中に満足にご飯を食べられない子供、文房具が買えない子供が6人くらいいる先進国とは思えない日本のこの現実を、桜ではなく、この現実を見る会にしてほしかった。子供は日本の財産です。子供が明るく開花できる社会をお願いします」との思いをつづった。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912050000122.html



「理解」って何だっけ? 思わず手元の辞書を引きたくなった。次々に疑問が飛び出す例の「桜を見る会」について「国民は理解しつつある」といった発言が自民党幹部から相次いでいるのだ。「首相枠」「前夜祭」「消えた招待者名簿」「マルチ商法企業とのつながり」などなど、謎は深まる一方なのに。その「理解」、ぜひ教えてほしいのですが……。【毎日新聞】

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20191205/k00/00m/010/065000c

posted by koinu at 17:00| 東京 ☁| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

the Knickerbockers, (ニッカーボッカーズ)

Knickerbockers, The (ニッカーボッカーズ)

ニュージャージー州出身のガレージパンク・バンドと紹介されているが、ヒット曲「Lies」と「One Track Mind」(最高位46位)を聴く限り、完全にBeatles系である。64年元Royal TeensのBuddy Randellを中心に結成された4人組。
01227 Lies (いつわり) 66年20位
初期のBeatlesの曲と言われたら、みんな信じるだろう。ボーカルはJohn Lennon風。ギターだけはガレージっぽい。
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『未来のアラブ人』として育てられた少年は、フランスで漫画家になった。

世界的ベストセラー『未来のアラブ人』の作者、リアド・サトゥフさんが語るアイデンティティと国家の関係。

リアド少年は両親の都合で6歳までフランス、リビア、シリアと言葉も文化もまるで違う3カ国で過ごす。フランスの漫画家、リアド・サトゥフさんの自伝的作品。それが『未来のアラブ人』だ。

母はフランス人、父はシリア人。「未来のアラブ人」と父から言われて育てられたリアド少年の子ども時代は、果たしてバラ色かそれとも……

https://www.huffingtonpost.jp/entry/riad_jp_5ddf845de4b00149f729ba96


フランス発200万部の超ベストセラー23か国語で刊行

シリア人の大学教員の父、フランス人の母のあいだに生まれた作家の自伝的コミック。

激動のリビア、シリア、そしてフランスで目にした、現在につながる混乱の根源とは――

42回アングレーム国際漫画祭・年間最優秀作品賞

池澤夏樹氏(作家)推薦

「二つの文化の間で育つのは大変だ。リアドが幸福になるのはまだ先かなあ。」


◆書評掲載情報◆

読売新聞(2019825評者:一青窈文藝春秋(2019819日号評者:鹿島茂


アート・スピーゲルマン『マウス』、マルジャン・サトラピ『ペルセポリス』に次ぐ、新たな自伝的グラフィックノベルの傑作が誕生


「面白くてたまらない(ニューヨークタイムズ

「素晴らしい! ……これぞ本物、胸を打つ真実の思い出。現在の出来事を理解するために役立つ」(ガーディアン

「世界的な出版現象を引き起こした」(テレラマ

――世界中で大絶賛

201910月、作者来日予定


フランスの大学で「ドクター」になるという夢を叶えた父は、カダフィ政権下のリビア、ハーフィズ・アル=アサド政権下のシリアで働きはじめる。

貧しくも温かく、信心深いシリアの親族たち、優しいフランスの家族。父が「未来のアラブ人」になれと望むリアドは、文化のはざまに戸惑い、歴史的事象を目撃しながら、たくましく育っていく。

――リアド、誕生から6歳までの記録


Riad Sattouf: On ‘The Arab of the Future’ – Louisiana Channel

リアド・サトゥフ(Riad Sattouf) 

コミック作家、映画監督。

1978年パリ生まれ。シリア人の父とフランス人の母の間に生まれ、幼年期をリビア、シリア、フランスで過ごす。

2010年『Pascal Brutal(パスカル・ブリュタル)』第3巻でアングレーム国際漫画祭・年間最優秀作品賞を受賞、2015年にも本作で2度目の受賞を果たす。

週刊誌で連載中の『Les Cahiers d'Esther(エステルの日記)』はテレビアニメ化されている。

posted by koinu at 07:45| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

10月売上高大幅減 大本営発表 海外ニュースで報道されているのに日本で報道されてない

希望退職のニュースが止まらない

・味の素:50歳以上 100 

・カシオ:45歳以上 200

・エーザイ:45歳以上 100

・ファイザー:50歳以上 200

LIXIL50歳以上 人数定めず

KIRIN45歳以上 人数定めず

(対象、目安人数)


いずれも2019年の情報。45歳以上が分かれ道のようです。


《リストラ予定》

MUFG   1万人

みずほ 万9千人

三井住友 5千人 

損保J   4千人

7&i     4千人

そごう・西武 1300

日産 12500

東芝 7千人

NEC  3千人

富士通 2850

シャープ 7千人

ソニー 2千人

ルネサス 1千人

パイオニア 3千人

これは本当に好景気なのか?


「日本の10月の新車販売、前年同月比24.9%減の31.5万台」

「全国百貨店売上高、1017.5%減」

「総合スーパー/10月売上イオン7.7%減など」

「家電大型専門店/10月の売上は14.2%減の2659億円」

「ホームセンター/10月の売上高は7.1%減の2550億円」


「民主党が〜」ではない安倍アベノミクス成果。


https://golden-tamatama.com/

10月売上高大幅減 大本営発表 海外ニュースで報道されているのに日本で報道されてない

黄金の金玉を知らないか?

posted by koinu at 22:37| 東京 ☀| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むかご(零余子)をほかほかに

むかご(零余子)

植物の栄養繁殖器官ので、わき芽が養分を貯え肥大化した部分。主に地上部に生じるもので、葉腋や花序に形成されて離脱後に新たな植物体となる。


葉が肉質となると、形成される鱗芽と、茎が肥大化して形成された肉芽とに分けられる。前者はオニユリなど、後者はヤマノイモ科などに見られ、両者の働きは似ているが、形態的には大きく異なり、前者は小さな球根のような形、後者は芋の形になる。いずれにせよ根茎の形になる。


54F8BE6D-0CF7-48D1-8051-1342879503B7.jpeg


ヤマノイモなどで栽培に利用される。

食材として単に「むかご」と呼ぶ場合、一般にはヤマノイモ・ナガイモなど山芋類のむかごを示す。灰色で球形から楕円形、表面に少数の突起があり、葉腋につく。塩ゆでする、煎る、米と一緒に炊き込むなどの調理法がある。また零余子飯は晩秋・生活の季語である。

posted by koinu at 09:39| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

20世紀ラテンアメリカ短編集〔岩波文庫〕

ヨーロッパの前衛,熱帯の自然,土着の魔術と神話が渾然一体となって蠱惑的な夢を紡ぎだす大地ラテンアメリカ。ガルシア=マルケス、バルガス=リョサなどはもちろん、アストゥリアス、パスなどの先行世代、アジェンデ、アレナスなどのポスト・ブームの作家まで、20世紀後半に世界的ブームを巻き起こした南米文学の佳篇16篇。


4D983753-A662-4276-96AA-5C2638270327.jpeg

「多民族・多人種的状況/被征服・植民地の記憶」「暴力的風土・自然/マチスモ・フェミニズム/犯罪・殺人」「都市・疎外感/性・恐怖の結末」「夢・妄想・語り/SF・幻想」の四部構成。


【収録作品】

 「青い花束」オクタビオ・パス

 「チャック・モール」カルロス・フエンテス

 「ワリマイ」イサベル・アジェンデ

 「大帽子男の伝説」ミゲル・アンヘル・アストゥリアス

 「トラスカラ人の罪」エレーナ・ガーロ

 「日 蝕」アウグスト・モンテローソ

 「流れのままに」オラシオ・キロガ

 「決 闘」マリオ・バルガス=リョサ

 「フォルベス先生の幸福な夏」ガブリエル・ガルシア=マルケス

 「物語の情熱」アナ・リディア・ベガ

 「醜い二人の夜」マリオ・ベネデッティ

 「快楽人形」サルバドル・ガルメンディア

 「時 間」アンドレス・オメロ・アタナシウ

 「目をつぶって」レイナルド・アレナス

 「リナーレス夫妻に会うまで」アルフレード・ブライス=エチェニケ

 「水の底で」アドルフォ・ビオイ=カサーレス


「なんとも危なっかしい状況だ。破局に向かいつつある夫婦のいる家に人質になった、愛情のもつれから抜け出したばかりの世話の焼ける女流作家、その家には神経の切れかかったもしくはすでに切れてしまった同郷の女性、捕えた旅行者に迫る既婚の狩猟家、聴診器を手にアバンチュールを求めてうずうずしている医者、コンプレックスと嫉妬の固まりの医者の妻、お節介な姑がいるのだ。ベルトラン・ブリエなら命を引き換えにしてでも映画を撮りたいと思うはずの、このやりたい放題、自由競争の共同体の中でただひとり、ムッシュ・ベレーだけが平然として、精神的バランスのとれた人物像を保ち続けている」アナ・リディア・ベガ


16人の作家の16本の短篇のうち7篇が既に雑誌等に掲載、以下の8篇が初訳。アジェンデ『ワリマイ』、ガーロ『トラスカラ人の罪』、モンテローソ『日蝕』、キロガ『流れのままに』、ベネディッティ『醜い二人の夜』、ガルメンディア『快楽人形』、アレイナス『目をつぶって』、ビオイ・カサーレス『水の底で』が初出となっている。

posted by koinu at 14:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

日本SF全集 / 日下三蔵編(出版芸術社)

「読書の秋」は想像する力を鍛える!

Scienceとフェイクションとの出会い。


『日本SF全集』日下三蔵編(出版芸術社)


1: 処刑 / 星新一 [著]

時の顔 / 小松左京 [著]

決闘 / 光瀬龍 [著]

通りすぎた奴 / 眉村卓 [著]

カメロイド文部省 / 筒井康隆 [著]

虎は目覚める / 平井和正 [著]

両面宿儺 / 豊田有恒 [著]

過去をして過去を-- / 福島正実 [著]

さまよえる騎士団の伝説 / 矢野徹 [著]

カシオペヤの女 / 今日泊亜蘭 [著]

イリュージョン惑星 / 石原藤夫 [著]

赤い酒場を訪れたまえ / 半村良 [著]

X電車で行こう / 山野浩一 [著]

五月の幽霊 / 石川喬司 [著]

わからないaとわからないb / 都筑道夫 [著]

日本SFの草創期を支えた作家陣 / 星敬 [ほか述]


2: メトセラの谷間 / 田中光二 [著]

かまどの火 / 山田正紀 [著]

真夜中の訪問者 / 横田順彌 [著]

指の冬 / 川又千秋 [著]

言語破壊官 / かんべむさし [著]

アンドロメダ占星術 / 堀晃 [著]

柔らかい時計 / 荒巻義雄 [著]

遠近法 / 山尾悠子 [著]

アイは死を越えない / 鈴木いづみ [著]

ポンコツ宇宙船始末記 / 石川英輔 [著]

ニュルブルクリングに陽は落ちて / 高齋正 [著]

機関車、草原に / 河野典生 [著]

レモン月夜の宇宙船 / 野田昌宏 [著]

楽園の蛇 / 鏡明 [著]

美亜へ贈る真珠 / 梶尾真治 [著]

SFブームを牽引した第二世代の作家陣 / 星敬 [ほか述]


3: あたしの中の…… / 新井素子 [著]

蒼い旅籠で / 夢枕獏 [著]

言葉使い師 / 神林長平 [著]

火星鉄道 (マーシャン・レイルロード) 一九 / 谷甲州 [著]

そして誰もしなくなった / 高千穂遥 [著]

時の封土 / 栗本薫 [著]

流星航路 / 田中芳樹 [著]

われても末に / 式貴士 [著]

若草の星 / 森下一仁 [著]

夜明けのない朝 / 岬兄悟 [著]

オーガニック・スープ / 水見稜 [著]

ウラシマ / 火浦功 [著]

花狩人 / 野阿梓 [著]

ノクターン・ルーム / 菊地秀行 [著]

銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ / 大原まり子 [著]

第三世代作家の登場 / 日下三蔵 [ほか述]

《2009年刊行》

posted by koinu at 21:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆非合理的なシンボルやイメージこそが、無意識の世界を解く鍵。 

28735463-8D92-4325-AB4F-8FC542F4AD01.jpeg
◆タロットカードは不可思議なシンボルが描かれて、これらキーワードを繋ぎ合わせることでタロットは世界の側面を照らし出すとことができる。漠然とした無意識の断片が、元型のイメージとしてのカードによって具現化され、その人固有の無意識の形を喚起させる。
◆無意識の領域に存在して無意識に人を動かす全人類に共通する心理パターン。このパターンが自然界にもあったことを符合させた図形こそタロット。 無意識の中にあるものを喚起させ、導き出されたキー  ワードを解釈することでその人だけに当てはまるパターンがある。
◆“シンクロニシティ(共時性)”という無意識の領域にあるものと現実の世界に起こることには一種のアナロジーが存在し、人が偶然として片付ける出来事も、すべては無意識の中にある原因により必然的に起きている。
◆自分の無意識を知ることで、これから自分の身に起こることや、未来に起こる出来事を予測することができる。
9CD790D5-31DE-44D4-A47C-C9F53B72F9F6.jpg
◆タロットは普遍な無意識を発掘する道具であり、その無意識を意識化する手段として、占い師が相談者の未来を予測する際に行うカード解釈は、まさしく医師が患者に質問を出して、その内容から医学的に解釈し、患者の精神状態を推測しながらカウセリングを行う心理学の手法そのものです。
◆大アルカナ22枚組・解説書付 
◇Amazonにて「ペンギンタロット」を限定販売中。シリアルナンバー入り。800部のみ再販予定なし。
C4D8021F-2D8E-41B4-9534-B0F257000D3A.jpg
「ペンギンタロット」の世界へ・・・」 http://koinu.cside.com/

「ペンギンタロット」履歴紹介。
眺めているだけで楽しいサイトなので、是非興味のある方は是非。
「カードの履歴」 http://www.phgenki.jp/item/1607/
8D6803FE-4EA0-42DE-B84F-88F97EA09A52.jpeg
posted by koinu at 17:00| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井上陽水『リバーサイドホテル』と「ホテルカリフォルニア」が比喩すること

井上陽水『リバーサイドホテル』〔1982年作品〕が比喩する世界

レコード会社の洋楽部ディレクター経験ある作家の浅倉卓弥は「リバーサイドホテル」について、Eaglesの歌った「ホテルカリフォルニア」と同様にあるサビの部分も、両曲は似ている比喩があると指摘している。

Hotel Californiaは亡霊が集うホテルという設定。舞台はコリタスの香りたつ、カリフォルニアの砂漠エリアのハイウェイ。長時間の運転に疲れて、休むために立ち寄った小綺麗なホテルに幾日か滞在して快適な日々を送った。We are all just prisoners here, of our own device…(しょせんみんなここの囚人だ、自分の意思で囚われた…)堕落して快楽主義的なすごし方を続ける滞在客たちに嫌気して、以前の日常生活に戻るために、ホテルを去ろうとしたが、離れようにも離れられなくなった伝奇譚的なミニストーリー。We are programmed to receive. You can checkout any time you like, but you can never leave! 〔1976年作品〕

「一度入ったら、好きな時にチェックアウトは出来ても、根本的に逃れることは決して出来ない」という、The Hotel California Factorと自嘲気味な表現がMacユーザーの間で用いられた。

陽水のリバーサイドホテルも、此の世のものではない雰囲気が佇まい、更にこのリバー=川は、この世とあの世を分ける川、渡ったら最後、最早こちら側には戻れない境界にも想える。

歌詞の内容には「夜明けが明ける」「金属のメタル」「川沿いリバーサイド」「水辺のリバーサイド」「川に浮かんだプール」という不思議な空間のイメージがある。

死者たちはこのホテルでしばらく時間を過ごした後、川を渡りあちら側の存在になる川辺のホテル。

「誰も知らない夜明けが明けたとき 町の角から素敵なバスが出る

 若い二人は夢中になれるから 狭いシートに隠れて旅に出る

 昼間のうちに何度もキスをして 行く先を尋ねるのに疲れ果て

 日暮れにバスもタイヤをすり減らし そこで二人はネオンの字を読んだ」

 ホテルはリバーサイド 川沿いリバーサイド 食事もリバーサイド リバーサイド」

夜明けが明けていても、それは誰も知らない夜明け、普通ではない目覚めとなっている。夢中になってる二人は、旅に出ても隠れてたままである。何度もキスをするのは昼間のこと、その後は疲れ果てるほど行く先を尋ねる。

想像や妄想すれば、この二人は恋に何らかの障害があって、結局は自ら命を絶つことを選んでるように思える。

「昼間」は生きている間を指して、二人はこの世を去る前、最後に何度も愛を確かめ合っている。そして行く先でいっしょに幸せになれるよと。

二人は謎のバスに乗って、川を渡る前に一時的に滞在するホテルに着いた。ホテルでは「食事」が出て、黄泉竈食い(よもつへぐい)」を連想させる。黄泉の国のかまどで煮炊きしたもの、これを食べるともう現世にはもう戻れないという儀式がある。

「チェックインなら寝顔を見せるだけ 部屋のドアは金属のメタルで、しゃれたテレビのプラグは抜いてあり、二人きりでも気持ちは通い合う。ベッドの中で魚になった後 川に浮かんだプールでひと泳ぎ、どうせ二人は途中でやめるから 夜の長さを何度も味わえる。」

ホテルはリバーサイド〜川沿いリバーサイド〜食事もリバーサイド〜水辺のリバーサイド〜レジャーもリバーサイド〜リバーサイド。浪曼とも異界ともとれる謎多いリフレーンが続く。

「チェックインなら寝顔を見せるだけ」 よく考えると恐ろしいフレーズです。このホテルには寝顔を見せるだけで入れますが、それはこれ以上ないほどの「寝顔」、二度と目覚めることのない寝顔です。ホテルにある「テレビ」は、俗世間=前世の象徴で、プラグが抜かれているので、最早見ることはできなくなってる。そして二人はホテルの不思議なベッドやプールでしばらく時間を過ごした後、最後は川を渡っていくのだった。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターバル速歩で散歩道をいく

インターバル速歩とは

早歩きとゆっくり歩きを交互に数分間ずつ行う運動。インターバルをおいて速歩と歩行を繰り返して、速歩の分数を合わせて1日15分間以上行う。

21CE1942-C6C6-4A91-9927-AA8B8D635E53.jpeg

筋肉に負荷をかける「さっさか歩き」と、負荷の少ない「ゆっくり歩き」を合わせることで、筋力・持久力を無理なく向上させる。血圧を正して骨密度の増加や生活習慣病リスク改善など効果がある。

https://croissant-online.jp/health/44832/


posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする