2019年11月11日

Vanilla Fudge 『Near the Beginning』

170971F0-341C-4438-93F0-406F733DF306.jpegFE9FC5E4-86E0-4D91-A28B-FBB792339957.jpeg

https://youtu.be/6nYKXTRnm4U


アメリカのサイケデリックロックバンドVanilla Fudgeによる4枚目のアルバム。1969年初頭にリリースされて、JrWalkerthe All Starsの曲「Shotgun」のカバーをスタジオライブ演奏した。


ジミー・ペイジにこのレコードを聴かされたジェフ・ベックは、激しいドラムとベースの演奏に圧倒されて、一緒にバンドをやる話を伝えた。BB&Aの結成につながるのだが、前後に二度の交通事故が待っていたのだった。


Vanilla Fudge 『Near the Beginning』

Side One

1.Shotgun" (Autry DeWalt) - 6:10

2.Some Velvet Morning" (Lee Hazlewood) - 7:34

3.Where Is Happiness" (Carmine Appice) - 6:59


Side Two

"Break Song" (live) (Carmine Appice, Tim Bogert, Vince Martell, Mark Stein) - 23:27


レコードB面を占める23分に及ぶ"Break Song"ライブ演奏は、綿密に構成された曲ではなく途中で、それぞれのソロパートがつづく即興構成。メンバーの

演奏は迫力あるのに、A面の綿密にアレンジされた曲と違いを強調してるようだ。ここでB面を綿密に構成したら、プログレ音楽となって微妙だろう。

https://youtu.be/yuOKfNIWSDs


1991 Repertoire Records CD bonus track Edit

"The Look of Love" (Burt Bacharach, Hal David) - 2:46

1998 Sundazed Music CD bonus tracks Edit

"Good Good Lovin'" (unedited version) (Carmine Appice, Tim Bogert, Vince Martell, Mark Stein) - 5:45

"Shotgun" (single version) (Autry DeWalt) - 2:33

"People" (single) (Carmine Appice, Tim Bogert, Vince Martell, Mark Stein) - 5:20


◆ショットガン/Shotgun

■歌・演奏 ヴァニラ・ファッジ/Vanilla Fudge


【歌詞大意】

ショットガンだぜ

ぶっ放せ

ターンしろ、ベイビー 今すぐに

X線を装備してダンスしに行くんだ

今すぐショットガンを買うんだ

壊せ、装填してぶっ放せ、ベイビー


翔べ、ベイビー

翔ぶんだ、ベイビー


■シングル・リリース 1968年

■作詞・作曲 オートリー・デウォルト/Autry DeWalt

■プロデュース ヴァニラ・ファッジ/Vanilla Fudge

■録音メンバー☆ヴァニラ・ファッジ/Vanilla Fudge

ヴィンス・マーテル/Vince Martell (guitar, vocal)

マーク・スタイン/Mark Stein (keyboards, vocal)

ティム・ボガート/Tim Bogert (bass, vocal)

カーマイン・アピス/Carmine Appice (drums, vocal) 

■チャート最高位1968年週間チャート  アメリカ(ビルボード)68位

■収録アルバム ニア・ザ・ビギニング/Near the Beginning (1969年)

posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vanilla Fudge『The Beat Goes On』

19682月に発売されたヴァニラファッジのセカンドアルバム。ソニー・ボノ作ソニーとシェールにヒット作"The Beat Goes On"を柱にしたコンセプトアルバム。演奏も素晴らしいのですが全体的に見れば、後々メンバーも回想しているとおり、プロデューサーのシャドー・モートンが作り上げたアルバム。

https://v-s.mobi/vanilla-fudge-the-beat-goes-on-full-album-1968-51:59


Side A

1. Sketch

2. Phase One

a)Intro - The Beat Goes On

b) Eighteenth Century (Variations On A Theme By Mozart)

c)Nineteenth Century (Old Black Joe)

d) Don't Fence Me In

e) 12th Street Rag

f) In The Mood

g) Hound Dog

h) I Want To Hold Your Hand

i) I Feel Fine

j) Day Tripper

k)She Loves You

3. Phase Two

a)The Beat Goes On

b) Fur Elise/Moonlight Sonata

c) Beat Goes On

d) Beat Goes On


Side B

4. Phase Three

- Voices In Time

5. Phase Four

a)The Beat Goes On

b)Game Is Over (Vinnie)

c)Game Is Over (Tim)

d)Game Is Over (Carmine)

e)Game Is Over (Mark)

f)Beat Goes On


CARMINE APPICE Drums, Vocals

TIM BOGERT Bass, Vocals

VINCE MARTELL Guitar, Vocals

BILL PASCALI Organ, Vocals

1D05ED50-4737-4ADE-9E62-0ECC7ECC9956.jpeg
posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする