2019年10月13日

ピクトグラム・ペンギンタロット

22枚組ピクトグラム図案のペンギンタロット。
印刷刷りだし中です。
1BAFA4EE-31E1-4587-AD3C-170DE06FE68E.jpeg
ペンギンタロット解説 http://koinu.cside.com/NewFiles/penguintora.html

ペン銀舎の連絡先 http://koinu.cside.com/NewFiles/osirase.html


posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FM 能楽堂「俊寛」〜観世流〜

「謡曲「俊寛」〜観世流〜」

(シテ(俊寛))上野 朝義、(ワキ(赦免使)と地謡)上野 雄三、(ツレ(康頼)と地謡)長山 耕三、(ツレ(成経)と地謡)上野 朝彦、(地頭)上田 貴弘

(44分45秒)〜NHK大阪局Rー1スタジオ〜


平家打倒のクーデター計画が露見して、鬼界島に流罪となった俊寛(シテ)・成経(ツレ)・康頼(ツレ)の三人は、最果ての地で遠き故郷を思い出しては、現在の境遇を嘆いていた。

そこへ赦免を知らせる使者(ワキ)が到着して、赦免状には成経・康頼の罪をゆるすとあるけど、俊寛の名がない。俊寛ひとりだけ島に遺して来いというのが、赦免使が受けた命令であった。

絶望する俊寛を尻目に二人は迎えの船に乗り込む。船に乗ろうとすがりつく俊寛、力に任せて追い払われる。船は出発して、俊寛は絶海の孤島にただひとり遺されて、去りゆく船を見送るのであった。


FM 能楽堂

10月20日日曜NHKFM 午前6時00分〜 午前6時55分放送

https://youtu.be/4lDSZK3uFf4


史実では迎えに来た時点で、既に俊寛は死んでいる。クーデターを起こした主犯でもない俊寛を、ことさら悪人に仕立てて「平家物語」に書き残す必要があったのだろうか?

能楽では生霊のように、朝廷の偽り行いを問いつめる、無念で狂おしい舞のようにも想える謡曲。


宇宙港を舞台にした復讐鬼を描いた、アルフレッド・ベスター『虎よ、虎よ!』の怨念を思い出すエピソード。あかあかと燃える (Tyger, Tyger, burning bright) リベンジの詩は、イギリスのブレイクが書いた、Songs of Innocence and of Experience からの引用。これらは非道なる嘘突きに向けた、因果と妄執エネルギーの連鎖宇宙かも試練。


「能」では省略デザインされて、魂の浄化を様式美によって舞う。日曜日の早朝にふさわしい演芸鑑賞。

posted by koinu at 08:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする