2019年10月07日

▽マルカントワーヌ・シャルパンティエの劇音楽(1)

10月7日月曜 NHKFM 午前6時00分〜 午前6時55分

案内:関根敏子/17世紀フランスのマルカントワーヌ・シャルパンティエの劇音楽を、1日目は「病は気から」の序曲と幕間劇を中心に。


楽曲

「「病は気から」序曲」

マルカントワーヌ・シャルパンティエ:作曲

(合奏)レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル、(指揮)マルク・ミンコフスキ

(2分59秒)<Warner Music WPCC-3203>


「「病は気から」第1の幕間劇の前半」

マルカントワーヌ・シャルパンティエ:作曲

(テノール)ロマン・シャンピオン、(テノール)ヴァンサン・ブショ、(バス)フロリアン・ヴェストファル、(合奏)ラ・サンフォニー・デュ・マレー、(指揮)ユーゴ・レーヌ

(7分05秒)<VENDEE 65010>


「「病は気から」第1の幕間劇の後半」

マルカントワーヌ・シャルパンティエ:作曲

(テノール)ロマン・シャンピオン、(テノール)ヴァンサン・ブショ、(バス)フロリアン・ヴェストファル、(合奏)ラ・サンフォニー・デュ・マレー、(指揮)ユーゴ・レーヌ

(10分38秒)<Musiques a la Chabotterie 65010>


「「病は気から」の“即興的な小オペラ”」

マルカントワーヌ・シャルパンティエ:作曲

アンジェリク…(ソプラノ)イザベル・デロシェ、クレアント…ドゥニ・レジェ・ミヨー、アルガン…ジャン・ドートルメ、(合奏)レザール・フロリサン、(指揮)ウィリアム・クリスティ

(5分48秒)<Harmonia Mundi(仏) HMC 901336>


「「病は気から」第2の幕間劇から 序曲、「春の時をむなしく過ごさぬように」、ムーア人のエール」

マルカントワーヌ・シャルパンティエ:作曲

ムーア人…(ソプラノ)イザベル・プルナール、ムーア人…(ソプラノ)ジル・フェルドマン、ムーア人…(ソプラノ)ギユメット・ロランス、ムーア人…(カウンターテナー)ジル・ラゴン、(合奏)レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル、(指揮)マルク・ミンコフスキ

(8分48秒)<Warner Music WPCC-3203>


「「病は気から」第3の幕間劇から」

マルカントワーヌ・シャルパンティエ:作曲

(合唱と合奏)レザール・フロリサン、(指揮)ウィリアム・クリスティ

(8分37秒)<Harmonia Mundi(仏) HMC 901336>

posted by koinu at 23:00| 東京 ☔| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Lumineers 苦難の歩み

ザ・ルミニアーズだがの道のりは平坦なものではなかった。
ジェレマイアの兄の親友であるジョシュが、薬物の過剰摂取で19歳でこの世を去った。ウェスリーとジェレマイアが見つけたのが、「音楽」だった。曲を書いてニューヨーク中でライヴをすることで気を紛らわす。

現地の音楽シーンと生活を苦しめる物価の高さに耐えかねて、活動の場を求めてコロラド州はデンヴァーへと向かった。
新居地の求人サイトでチェリスト募集を呼びかけた。
最初に反応したのが、クラシカル・トレーニング経歴のあるデンヴァー出身のネイラ・ペカレック。トリオとなって地元の有能なミュージシャンが集まるクラブで、毎週火曜日に演奏をする。
ネイラが入ると音楽はソフトになり、彼女は自身のレパートリーをマンドリンやピアノへと増やした。


ファースト『The Lumineers』(2012年)の最高位は2位、
セカンド『Cleopatra』(2016年)で1位を獲得して3枚全てがトップ2となった。

The Lumineers Cleopatra


posted by koinu at 10:52| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・ルミニアーズの3年半ぶりの新作『III』が初登場2位。

ファースト『The Lumineers』(2012年)の最高位は2位、セカンド『Cleopatra』(2016年)で1位を獲得して3枚全てがトップ2となった。

アルバム『III』は3つの章となっていて、架空の家族スパークスを異なった3つの視点から迫っていく構成。それぞれの章で3人の主人公に焦点をあてるコンセプトを持った作品。


ザ・ルミニアーズ新作『III』のトラックリスト
1. Donna
2. Life In The City
3. Gloria
4. It Wasn’t Easy To Be Happy For You
5. Leader of The Landslide
6. Left For Denver
7. My Cell
8. Jimmy Sparks
9. April
10. Salt And The Sea
11. Democracy (Bonus Track) (Leonard Cohen cover)
12. Old Lady (Bonus Track)
13. Soundtrack Song (Bonus Track)

10曲全てに映像作品が付く意欲作。

全ビデオの監督はケヴィン・フィリップスが務めて、ネイバーフッド・ウォッチがプロデュース。女優のアンナ・コーデルがグロリア役を、ジョシュア・クローズが夫のウィリアム役を演じている。
posted by koinu at 01:21| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする