2019年09月13日

馭者と二頭の馬という比喩

プラトンは『国家』で魂は「理知的部分」「気概の部分」「欲望的な部分」の、三つの部分から成り立っているという。そして「理知的部分」が他の部分に対して優位に立って、支配・制御するというロゴス中心主義を提示された。

C9C95E3A-CC7D-4075-9E26-F41EEC0D9DC9.jpegがある。

食欲や食がもたらす肉体的快楽は「理性」の支配に服す。

理性による欲望の節制、食がもたらす結果である肉体的快楽主義という仕方で非主題的に語られる。

「食」という肉体的なものを遠ざけ、「真理の野」からとれる理性の糧のみで生きるべきというプラトンの発想(『パイドロス』)が、食に対する西洋哲学を決定してしまった。

https://youtu.be/cNgPBf7eDjg

posted by koinu at 13:08| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Reefer Songs アルバムジャケットどうりのトリップ音楽

4F65F934-18B6-4CB3-8670-1339DAFD0EC7.jpeg
reefer songs アルバム
Jass Records ‎– JASS CD-7
マリファナ・ブルースJAZZ音楽

1–Don Redman And His OrchestraReefer Man3:34

2–Cab Calloway And His OrchestraThe Man From Harlem3:09

3–Stuff Smith And His Onyx Club BoysHere Comes The Man With The Jive3:02

4–Bob HowardIf You're A Viper2:27

5–Benny Goodman And His Orchestra With Jack TeagardenTexas Tea Party3:24

6–Buster BaileyLight Up2:46

7–Trixie SmithJack, I'm Mellow2:47

8–Barney BigardSweet Marijuana Brown3:00

9–Sidney Bechet With Noble Sissle SwingstersViper Mad3:03

10–The Harlem HamfatsThe Weed Smoker's Dream (Why Don't You Do Right?)3:21

11–Cee Pee JohnsonThe "G" Man Got The "T" Man3:08

12–Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy*All The Jive Is Gone2:39

13–Georgia WhiteThe Stuff Is Here2:56

14–Chick Webb / Ella FitzgeraldWacky Dust3:05

15–Harry "The Hipster" GibsonWho Put The Benzedrine In Mrs. Murphy's Ovaltine?3:05

16–Clarence Williams And His Washboard Band*Jerry The Junker3:09

17–Fats WallerReefer Song2:53

18–Julia Lee & Her Boy FriendsLotus Blossom (Sweet Marijuana)3:19

19–Ernest RodgersWillie The Chimney Sweeper2:53

20–Bea FooteWeed3:02

21–Buck WashingtonSave The Roach For Me1:38

22–Lil GreenKnockin' Myself Out3:00

23–Cab Calloway And His Cotton Club OrchestraMinnie The Moocher

(1930〜1940年代のトリップサウンド)コンピレーション企画

Discogs: 1989 CD,リリースの  (CD, Compilation) アルバム

6169A932-1E43-4686-89A0-478299F5819A.jpeg

朝からモダンサウンドで跳んで良い気持ちになります~笑笑。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする