2019年06月22日

Jamila Woods しなやかなジャミーラ・ウッズ

来日公演ではニルヴァーナの“Smells Like A Teen Spirit”のカバー(エリカ・バドゥ版“Hello”も挿まれた)が飛び出して彼女自身のバージョン“Sunday Candy”もオルタナティブ・ロック感のアレンジ。“In My Name”では、デスティニーズ・チャイルド“Say My Name”とのマッシュアップで演奏された。


「それからエリカ・バドゥ。彼女は音楽だけじゃなく人柄も好き。
ローリン・ヒルも。あとはカニエ・ウェストだとかヒップホップもたくさん。
特にシカゴの人たちは聞いた」

大学で知り合ったOwen Hillと共に、Milo & Otisというデュオを結成して2012年にデビューアルバム『The Joy』を発表。Okayplayerから称賛など評価された。

「私がポエトリーを教えているYoung Chicago Authorsという団体が、オープンマイクだったりポエトリーのイベントをやっていて、チャンスとはそこで知り合ったの。2011年とか2012年頃、シカゴに戻って来てからね」

posted by koinu at 11:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Waterboys 下北が好きです (Shimokita Ga Suki Desu)

 

新作の日本盤CDにはボーナス・トラックとして“代々木公園にて”と“下北が好きです”の2曲が収録。
ザ・ウォーターボーイズはフジロックフェスティバル ‘19に出演する。

The Waterboys
ホエア・ジ・アクション・イズ (Where The Action Is)
ボーナストラック:2曲収録/解説:新谷洋子/歌詞対訳付
tracklist:
1. Where The Action Is
2. London Mick
3. Out Of All This Blue
4. Right Side Of Heartbreak (Wrong Side Of Love)
5. In My Time On Earth
6. Ladbroke Grove Symphony
7. Take Me There I Will Follow You
8. And There’s Love
9. Then She Made The Lasses-O
10. Piper At The Gates Of Dawn
11. 代々木公園にて (In Yoyogi Park) *
12. 下北が好きです(Shimokita Ga Suki Desu)*
*ボーナス・トラック

posted by koinu at 09:36| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Old Town Road」全米”カントリー”・チャートに相応しい楽曲論争。

カントリー・シンガーとして活躍するビリー・レイ・サイラスが新鋭ラッパー、Lil Nas Xのヴァイラル・ヒット「Old Town Road」のリミックスに参加した曲が、全米”カントリー”・チャートに相応しい楽曲なのかという論争。

Lil Nas X / Old Town Road (2019)

https://youtu.be/gUcisIlT7sM

ビルボードはローリング・ストーン誌に「検討を重ねた結果、Lil Nas Xの‘Old Town Road’がビルボードのカントリー・チャートに含まれるのは適切ではないと判断しました。楽曲のジャンルを分類する上で、いくつかの吟味すべき要素がありますが、その中でも音楽的構成は最優先事項です。‘Old Town Road’はカントリーやカウボーイとの関連性を組み込んだ楽曲ではありますが、カントリー・チャートの対象になるほど今日のカントリー・ミュージックの要素を十分に含んではいません」ビルボードの広報担当者はWEBメディアのジーニアスの取材に対し、この決断は「アーティストの人種とは一切関係ないものです」という。

Lil Nas Xはタイム誌の取材に対して「この曲はカントリー・トラップなんだ。どれかひとつでも、どちらかでもない。両方さ。だから両方のジャンルのチャートに入るべきだ」という。


posted by koinu at 06:20| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする