2019年06月15日

DANIELA HOROVITZ ダニエラ・オロビッツ

DANIELA HOROVITZ ダニエラ・オロビッツ

1978年ブエノスアイレス生まれの女性シンガー・ソングライター。

https://youtu.be/GcXRNKuqB4g


Entre Las Fieras Y Los Lirios 

2016年のサード・アルバム。

古代ギリシャの女流詩人サッポーやキリスト教神秘主義的な詩編を残した16世紀スペインの司祭サン・フアン・デ・ラ・クルース、エドガー・アラン・ポー、ガルシア・ロルカ、ジョセフ・コンラッド、15世紀イギリスの詠み人知らずの詩、アルゼンチンのレオポルド・ルゴネスやアレハンドラ・ピサルク、ウルグアイのマロサ・ディ・ジョルジオ、マルグリット・ユルスナールの作品にインスパイアされたという自作詩と、「愛と死」をテーマとして古今のさまざまな詩に自ら曲をつけた内容。

https://youtu.be/u1n3Xav-oMQ


古楽、ジャズ、ボレロ、室内楽、フォルクローレ、タンゴ、フラメンコなど、多彩な音楽要素でアレンジした、アダルティな歌曲集。タンゴ系男性歌手アルフレード・ピロらがゲストで参加。


2018年のアルバム

https://youtu.be/SaO6eK5_EgA

posted by koinu at 16:00| 東京 ☔| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10年ぶりの帰還『RAMMSTEIN』ラムシュタイン

世界で2,000万枚以上のセールスを記録し2.5億回以上でストリーミング再生されている、ドイツが誇る世界的モンスターバンドの新作。シングル「Deutschland」(ドイツ語で「ドイツ」の意味)はドイツのiTunesの総合ソングランキングで1位獲得。


インダストリアルなメタル・サウンド、ショッキングなビデオ、オカルト的イメージ、火炎放射機を使った派手なライヴが世界に強烈なインパクトを与えてきたドイツのバンド。

■プロデュース:オルセン・インヴォルティーニ with ラムシュタイン
『RAMMSTEIN』収録内容
1. DEUTSCHLAND ドイチュラント(ドイツ)
2. RADIO ラディオ(ラジオ)
3. ZEIG DICH ツァイク ディッヒ(姿を見せろ)
4. AUSLANDER アウスレンダー(異邦人)
5. SEX セックス
6. PUPPE プッペ(操り人形)
7. WAS ICH LIEBE ヴァス イッヒ リーベ(俺が愛するもの)
8. DIAMANT ディアマント(ダイヤモンド)
9. WEIT WEG ヴァイト ヴェック(遠く離れて)
10. TATTOO タトゥー
11. HALLOMANN ハローマン


新作を伴い2019年には18か国でスタジアム30公演が決定。
チケット発売後1時間で100万枚以上が売れ28公演が完売。
posted by koinu at 13:00| 東京 ☔| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サーカ・ウェーヴス『What's It Like Over There?』


サーカ・ウェーヴスの2年振り新作What's It Like Over There?

1か月をかけてレコーディングされてプロデュースはAlan Moulder(Foals、The Killers)が手掛けたサード・アルバム

BECKやDRAKEなどの先駆者、Joni Mitchellなどのクラシックな人達を見習い、バンドは伝統的なインディーらしさや、周りからの期待といった足枷を外すことへの必要性を感じた。"バンドによっては壮大な楽曲を恐れる者もいる。僕らのサード・アルバムではその恐怖体験が幾度とできるんだ! ポップは誰も傷つけやしない。自由にしてくれるだけなんだ!"とKieran Shudall(Gt/Vo)は語る。

Circa Waves / Be Somebody Good
posted by koinu at 09:00| 東京 ☔| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする