2019年05月29日

映画『パリ、嘘つきな恋』(予告編)

本国フランスで動員200万人超、No.1大ヒット!
トンデモナイ嘘から最高の恋が始まる!?
フランス全土が恋した、とびきり楽しくて、心ときめくラブストーリー。
映画『パリ、嘘つきな恋』5.24(Fri)ロードショー


監督・脚本:フランク・デュボスク
出演:フランク・デュボスク、アレクサンドラ・ラミー
原題:Tout le Monde Debout
英題:Rolling to You
posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音声サンプルから自然なテキスト読み上げを実現するAIシステムを開発

マイクロソフトの研究者チームは音声サンプルから自然なテキスト読み上げを実現するAIシステムを開発したと発表。研究論文は今年後半に米カリフォルニア州ロングビーチで開催される国際機械学習会議で、ソースコードも公表する。

テキストから音声への変換機能は日進月歩で改良されているが、自然な音声出力を生成するためには、多くのトレーニング時間と音声サンプルが必要。データを集めるには多大な労力とコストがかかり、ハイテク大手以外の研究者が参入する上で壁となっている。

研究者チームはネックを解消するAIシステム研究「Almost Unsupervised Text to Speech and Automatic Speech Recognition(ほぼ教師なしのテキスト読み上げと自動音声認識)」を発表。

このAIシステムは99.84%もの単語理解精度を達成。注目すべきはたった200本、総時間にして約20分の音声サンプルとテキスト書き起こししか使用していない点。

システムの鍵はGoogleのAI研究部門「Google Brain」が2017年に発表したニューラルアーキテクチャ「Transformer」。あらゆる入力と出力の"信号"を脳神経のシナプス情報の伝わり易さ、長いシーケンスであれ非常に効率的に処理できる。

音声またはテキストを入力や出力として受け取れるTransformerを本AIシステムに組み込み、ノイズ除去自動エンコーダを併用して、効率のいい学習を実現した。人間の脳が書いた文章を理解した上でしゃべる働きを真似たといえる。

現時点で公開されている音声は人間のような自然さを備えながらも、少し機械音声の固さが残っている感はあるが、音声サンプルの少なさを考えれば悪くない結果。

posted by koinu at 08:34| 東京 ☁| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする