2019年05月03日

ストーンズのベスト盤「HONK」The Rolling Stones

ストーンズのベスト盤「HOTROCKS」はデッカ時期の入門アルバムである。
今回「HONK」はデッカ以降の1971年から2016年「BLUE & LONESOME」までのベストと.広範囲選曲された未発表ライブのボーナストラック。

【限定盤 3CDデラックス】(SHM-CD)
ストーンズ・サウンドの代名詞的ナンバー「ブラウン・シュガー」や名バラード「アンジー」、 ディスコ・ビートとミック・ジャガーのファルセット・コーラスが印象的な「ミス・ユー」といった1970年代からの15曲の他、 キース・リチャーズならではのギターリフが強烈な「スタート・ミー・アップ」、一時期のメンバー間の不仲を爽快に吹き飛ばした「ミックスト・エモーションズ」、 21世紀もR&Rバンドで有り続けることを高らかに宣言した「ラフ・ジャスティス」、そして最新作にしてベストセラーとなったブルース・アルバム『ブルー&ロンサム』からの濃密な3曲など、 5つのディケイドに跨る代表曲を網羅。

ボーナス・ディスクにはバンドの最近のツアーから未発表ライヴ音源を10曲収録。 内4曲は世代の若いアクトとの共演で、2013年の『50&カウンティング・ツアー』からはブラッド・ペイズリーとの「デッド・フラワーズ」と、 フー・ファイターズのフロントマン、デイヴ・グロールとの「ビッチ」、2015年の『ZIPコード・ツアー』からはエド・シーランを迎えての「ビースト・オブ・バーデン」、 2018年の「ノー・フィルター」UKツアーからはフローレンス・ウェルチをフィーチャーした「ワイルド・ホース」を収録。
その他、44年ぶりのセットリスト入りで話題となった「ダンシング・ウィズ・ミスターD」や、 「一人ぼっちの世界」、「アンダー・マイ・サム」、「夜をぶっとばせ」、「シーズ・ア・レインボー」といった1960年代のレパートリーも収録。
ストーンズの黄金期と今を俯瞰できる秀逸のコンピレーションで、高揚感が味わえるベストアルバムとなっている。
●日本盤のみSHM-CD仕様
●解説付/歌詞対訳付


1971年から2016年までの転がる石の記録。
The Rolling Stones - HONK【CD収録曲】
CD 1
01.スタート・ミー・アップ (H)
02.ブラウン・シュガー (A)
03.ロックス・オフ (B)
04.ミス・ユー (F)
05.ダイスをころがせ (B)
06.ジャスト・ユア・フール (Q)
07.ワイルド・ホース (A)
08.愚か者の涙 (E)
09.悲しみのアンジー (C)
10.ビースト・オブ・バーデン (F)
11.ホット・スタッフ (E)
12.イッツ・オンリー・ロックン・ロール (D)
13.ロック・アンド・ア・ハード・プレイス (K)
14.ドゥーム・アンド・グルーム (P)
15.ラヴ・イズ・ストロング (L)
16.ミックスト・エモーションズ (K)
17.ドント・ストップ
18.ライド・エム・オン・ダウン (Q)
CD 2
01.ビッチ (A)
02.ハーレム・シャッフル (J)
03.ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー (Q)
04.ラフ・ジャスティス (O)
05.ハッピー (B)
06.ドゥー・ドゥー・ドゥー…(ハートブレイカー) (C)
07.ワン・モア・ショット (P)
08.リスペクタブル (F)
09.ユー・ガット・ミー・ロッキング (L)
10.レイン・フォール・ダウン (O)
11.ダンシング・ウィズ・ミスター・D(C)
12.アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト (I)
13.エモーショナル・レスキュー (G)
14.友を待つ (H)
15.セイント・オブ・ミー (M)
16.アウト・オブ・コントロール (M)
17.ストリーツ・オブ・ラヴ (O)
18.アウト・オブ・ティアーズ (L)


CD3
一人ぼっちの世界
– ライヴ・アット・プリンシパリティ・スタジアム/カーディフ 2018/6/15
ダンシング・ウィズ・ミスターD
– ライヴ・アット・ヘルレドーム/アーネム(オランダ) 2017/10/15
ビースト・オブ・バーデン with エド・シーラン
– ライヴ・アット・アローヘッド・スタジアム/カンサス 2015/6/27
シーズ・ア・レインボー
– ライヴ・アット・Uアリーナ/パリ 2017/10/25
ワイルド・ホース with フローレンス・ウェルチ
– ライヴ・アット・ロンドン・スタジアム 2018/5/18
夜をぶっとばせ!
– ライヴ・アット・マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ 2018/6/5
デッド・フラワーズ with ブラッド・ペイズリー
– ライヴ・アット・ウェルズ・ファーゴ・センター/フィラデルフィア 2013/6/18
シャイン・ア・ライト(ライトを照らせ)
– ライヴ・アット・アレナ/アムステルダム 2017/9/30
アンダー・マイ・サム
– ライヴ・アット・ロンドン・スタジアム 2018/5/22
ビッチ with デイヴ・グロール
– ライヴ・アット・ザ・ホンダ・センター/アナハイム 2013/5/18

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Exhibitionism – ザ・ローリング・ストーンズ展」の開催期間

ローリング・ストーンズは現在開催されている展覧会「Exhibitionism – ザ・ローリング・ストーンズ展」の開催期間が6月5日まで延長される。

ステージ衣装やアルバム・アートワーク、写真、ステージ・デザイン、個人の日記、過去の舞台裏映像、バンドが最初に住んでいたアパートの再現などが展示される。

ミック・ジャガー「この展覧会については、かなり長い期間にわたって考えていたものなんだ。でも、あるべき形で大規模なものにしたかったんだよ。美術館に行くようなものじゃないんだ。これはイベントであり、体験なんだ。ザ・ローリング・ストーンズとは何かっていうね。それについて、みんなに語ってもらいながら観てもらいたいものなんだよ」

@スティッキー・フィンガーズ(スペイン・ヴァージョン) [1971] *

Aメイド・イン・ザ・シェイド [1975]

Bタイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン:アンソロジー1971-1977 [1977] *

Cサッキング・イン・ザ・70’s [1981]

Dリワインド 1971-9184 [1984]

*世界初CD化


詳細は以下のサイト

https://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/products/PROT-1245/

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Catfish & The Bottlemen(キャットフィッシュ&ザ・ボトルメン)、3年振りの新作『The Balance』


2007年ウェールズ・ランディドノで結成されたインディバンドCatfish & The Bottlemen。 デビューアルバム『the balcony』はUKアルバムチャートで10位を記録。

 


ヴァイタリティー溢れるCATBが、新作ロックを引き連れて帰還した。今作アルバムも全米Top 10入りなるだろう。
公式サイト





posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vampire Weekend(ヴァンパイア・ウィークエンド)快心作『Father of the Bride』

DB082392-ED84-4E4E-9113-4C3C631505D6.jpeg日本盤限定ジャケットで5月15日リリース。輸入盤と同じく地球儀イラストがモチーフとなって、日本盤のみ日本列島が地球儀の中心に位置づけられる。

フロントマンのエズラ・クーニグは緊急来日して、都内でポップアップ・イベントを開催。「日本は僕たちにとって本当に特別な場所だから、いつも日本盤CDはスペシャルにしているよ」。 

https://qetic.jp/music/vampireweekend-ezra-190405/313177/

30代に入ったところで音楽主題から、突き詰めたアルバム制作より解放された作品。技巧に富んだメロディと綿密なアレンジがリラックスして、アイデアがアルバム全体に流れている。

Father of the Bride

https://youtu.be/HIGdlGzSQfw


2006年衝撃デビュー以来3作のアルバムをリリースして、二作目(2010)と三作目(2013)ではインディーズ・バンド史上初となる二作連続全米チャート初登場1位を記録。

第56回グラミー賞では<最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム>賞を受賞した。

https://spincoaster.com/news/vampire-weekend-release-two-new-songs-sunflower-feat-steve-lacy-big-blue


先行シングル「ハーモニー・ホール」と「2021」をリリース、「2021」は細野晴臣が80年代に無印良品の店内BGMとして作曲した楽曲をサンプリングしている曲。その他元メンバーのロスタム・バトマングリ、デイヴ・ロングストレス(ダーティ・プロジェクターズ)、ダニエル・ハイム(ハイム)、スティーヴ・レイシー(ジ・インターネット)のゲスト参加。


https://www.cinra.net/news/20190307-vampireweekend

DB082392-ED84-4E4E-9113-4C3C631505D6.jpeg
posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする