2019年05月31日

ペンギンタロット21+0の物語

こんな面白すぎるカードは見るだけでも幸せになれる
TAROT図形学より、視覚からも分りやすく覚えられます

新しいアテンション(注意)と上昇力を前向きに促すために作られたカードです
◆ペンギンタロット21+0の物語 全カード図解 
http://koinu.cside.com/NewFiles/21+0.html
C8F3ACC0-491F-4E27-A933-6AE431EA3094[1].jpg
オリジナルの日本語解説紙付き。 
限定800部、パッケージ内側部分にはシリアルナンバーが記載されています。 
付属品: オリジナルの日本語解説紙 
http://pentacle.jp/?pid=108373386
カードサイズ:65×130mm  枚数:22枚
Amazonで販売中
PT.jpg
posted by koinu at 22:00| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

私は嘘をつく人が嫌いだ

剣と天秤を持った女性は「正義」概念の幻影的イメージの投影として、ギリシア神話など女神と関連性はあるが完全に同一視は少ない。

「正義」の象徴が一貫して訴えているのは相反する力同士の調和のとれた結合。右手に掲げた黄金の剣は持ち方から「武力」を振り回すことなく「支配」の証として、王が杖などを掲げるのと同様に扱われている。


BE3E5705-8BDF-4E50-B6A7-0957CF499B78.jpeg

左手の天秤は均衡を保っているにもかかわらず左右の受け皿の大きさを変えている。「公平」とは常に「左右対称」を示すのでなく基本概念に則って、数学的な均衡よりも調和や機能的な美しさの感性による均衡を示して、「正義」という形の見えないことを表す要因となっている。

天秤をもった女性の目は、そのどちらにも向けられること無く、覆い閉ざされている。社会の価値観や個人の感情によって常に普遍でない「正義」概念を視覚的情報や感情に流されるなく、象徴学的に右にも左にも向けられていない。

245E9877-83A8-4006-9F1F-AE07731ADBB7.jpeg
マルセイユ版タロットの「正義」は8番に位置して、「8」のアラビア数字は2つの○を一筆で書いた形で、天秤ふたつの皿を垂直に並べた形を容易に連想する。
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

映画『パリ、嘘つきな恋』(予告編)

本国フランスで動員200万人超、No.1大ヒット!
トンデモナイ嘘から最高の恋が始まる!?
フランス全土が恋した、とびきり楽しくて、心ときめくラブストーリー。
映画『パリ、嘘つきな恋』5.24(Fri)ロードショー


監督・脚本:フランク・デュボスク
出演:フランク・デュボスク、アレクサンドラ・ラミー
原題:Tout le Monde Debout
英題:Rolling to You
posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音声サンプルから自然なテキスト読み上げを実現するAIシステムを開発

マイクロソフトの研究者チームは音声サンプルから自然なテキスト読み上げを実現するAIシステムを開発したと発表。研究論文は今年後半に米カリフォルニア州ロングビーチで開催される国際機械学習会議で、ソースコードも公表する。

テキストから音声への変換機能は日進月歩で改良されているが、自然な音声出力を生成するためには、多くのトレーニング時間と音声サンプルが必要。データを集めるには多大な労力とコストがかかり、ハイテク大手以外の研究者が参入する上で壁となっている。

研究者チームはネックを解消するAIシステム研究「Almost Unsupervised Text to Speech and Automatic Speech Recognition(ほぼ教師なしのテキスト読み上げと自動音声認識)」を発表。

このAIシステムは99.84%もの単語理解精度を達成。注目すべきはたった200本、総時間にして約20分の音声サンプルとテキスト書き起こししか使用していない点。

システムの鍵はGoogleのAI研究部門「Google Brain」が2017年に発表したニューラルアーキテクチャ「Transformer」。あらゆる入力と出力の"信号"を脳神経のシナプス情報の伝わり易さ、長いシーケンスであれ非常に効率的に処理できる。

音声またはテキストを入力や出力として受け取れるTransformerを本AIシステムに組み込み、ノイズ除去自動エンコーダを併用して、効率のいい学習を実現した。人間の脳が書いた文章を理解した上でしゃべる働きを真似たといえる。

現時点で公開されている音声は人間のような自然さを備えながらも、少し機械音声の固さが残っている感はあるが、音声サンプルの少なさを考えれば悪くない結果。

posted by koinu at 08:34| 東京 ☁| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

映画「美しき緑の星」La Belle Verte(Beautiful Green)

1996年 仏 コリーヌ・セロー脚本/監督
原題: La Belle Verte(Beautiful Green)

「グリーン・プラネット」に暮らす人々は、自然のものを食べて物々交換で必要なものを調達して、パルクール/サーカスレベルの運動をして集会で物事を決め寿命は250歳前後。

彼らは定期的に他の惑星に行くミッションがあり、集会で地球へ行く希望者を募るが参加者はいない。
未だに車があって、お金が必要で肉を食べてるらしい...。考古学で学ばないと分からない不安な惑星だから誰も行きたがらない。
そんな中でも実は母が地球人だった女性ミラは一人手を挙げた。子供たちが引き止めるが、一人地球に向かう。

価値観の違う惑星では、次々とあり得ない喜劇の連続体験となっていく。接続と遮断されるコメディ映画。

「美しき緑の星」試聴
1996年・フランス映画コメディ
製作:アラン・サルド
監督・脚本・音楽:コリーヌ・セロー
撮影:ロベール・アラズラキ
編集:カトリーヌ・ルノー
字幕翻訳・監修:広本正都子

【出演】
ミラ/コリーヌ・セロー
マックス/ヴァンサン・ランドン
メザージュ/ジェームズ・ティエレ
パン屋の女性/ヨランド・モロー
マーシャ/マリオン・コティヤール
ソニア/クレール・ケーム
オザム/ポール・クローシェ
星の総会進行役/カトリーヌ・サミー
特別出演/フランシス・ペラン

【仕様】
リージョンコード: リージョン2
映像:カラー
本編:99分
音声:フランス語
字幕:日本語

映画「美しき緑の星」日本語字幕版のDVD発売
発売・販売元:やつは株式会社

映画「美しき緑の星」日本語 解説サイト
posted by koinu at 14:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

USパンク界の重鎮 Bad Religion (バッド・レリジョン) 新作アルバム『Age of Unreason』

USパンク界の重鎮 Bad Religion (バッド・レリジョン) 新作アルバム『Age of Unreason』。

カルロス・デ・ラ・ガルサ(Jimmy Eat World、Paramore他)の共同プロデュースで、2013年『True North』から約6年ぶりの新作。

現代の社会が抱える様々な問題、人種差別、トランプ政権問題、中流階級崩壊、コリン・キャパニックの抗議等をテーマにした世界に対する警告で、極めてアグレッシブな作品となっている。

シングル「マイ・サニティ」も収録。アルバムより新曲「カオス・フロム・ウィズイン」が公開。


怯まずに突き進む音楽姿勢が良い。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トロピカルダンスのユニットROSALÍA & J Balvin

スペイン出身のシンガー ROSALÍA (ロザリア) が “ROSALÍA & J Balvin” 名義で、トロピカル・ダンスのキーマン El Guincho (エル・グインチョ) をフィーチャーしたシングル「Con Altura」を公開。

Rosalia, J Balvin and El Guincho / Con altura (2019)

ROSALÍA はスペインの伝統音楽フラメンコに、R&B、エレクトロ、ポップスの要素を融合させたサウンドで世界的な成功をしている。

https://www.stubhub.jp/magazine/rosalia-%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96-%E6%97%A5%E7%A8%8B

posted by koinu at 06:23| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

中村佳穂『AINOU』音楽の力がある

中村佳穂アルバム『AINOU』

圧倒的な技術が光る「きっとね!」は2ndアルバム『AINOU』収録。アルバムのリードトラックとしてMVが公開された。
ロンドン在住の作家シヴァン・キドロンによる全編アニメーションの映像作品。このコラボは中村がシヴァンの作品を気に入ってオファーして実現した。

中村佳穂は1992年5月26日生まれの26歳、京都出身のシンガーソングライター。2歳でのピアノとの出会いをきっかけに音楽と触れ合うようになり、20歳のときに作曲を開始。23歳には自身で歌うようにもなりました。

https://mobile.twitter.com/kiki_526

「縁をつないでいけるのが歌ならこんな楽しいことはない」

ソロとバンドの2形態で変幻自在のパフォーマンス「AINOU」リリースパーティ「好きな人の音楽で旅立たせるの巻」。
posted by koinu at 05:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

幻想哲学小説『創造者』ミュノーナ(蝸牛文庫)

CC97B833-A48E-479D-925E-4750FCAED57F.jpeg
絹山絹子:訳 黒死館附属幻稚園:発行

カント哲学に溺れたマッド・サイエンティストに、自我の世界を究極まで拡大されると、如何なる結果が現れるか。そんな実験材料にされた男女の物語。技術とオカルティズムの破天荒な融合がここに驚くべき結末を迎える。


ドイツの幻想作家ミュノーナの幻想小説の翻訳。訳者あとがきによれば、ミュノーナは『小遊星物語』のシェーアバルトと知り合いで、カント学者でエルンスト・マルクスの友人らしい。


作者の友人アルフレッド・クービンが挿絵を担当して、図版を再現した翻訳を自主出版された。
蝸牛文庫 B6 132p 900円
只今売切れ絶版。再版を願いましょう。

ミュノーナ [Mynona] 本名ザロモ・フリートレンダー。哲学者で作家。1871年ゴランチュ(ポーゼン)にユダヤ人医師の長男として生まれる。初め医学を専攻していたが、哲学に転じて、1902年ショーペンハウアーの位置づけ並びにカント「純粋理性批判」の認識論的基礎に関する試論で学位取得。哲学の主著に『創造的中立』『フリードリヒ・ニーチェ』。
ベルリンでミュノーナ、匿名(Anonym)のアナグラムの筆名で詩や短篇を発表、ダダイストたるバーダーやハウスマンとともに雑誌『地上1915年』を計画、シュティルナーの個人主義を旗印にした雑誌『唯一者』刊行。1933年パリに亡命、闘病生活の後1946年パリに客死。「カントと道化のジンテーゼ(統合)」を自認するフリートレンダー/ミュノーナはアヴァンギャルド文学の寵児。
posted by koinu at 14:54| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スフィンクス・ステーキ―ミュノーナ短篇集』ミュノーナ Mynona (未知谷)

ユーモアに満ちた奇想小説やファンタジーを多く収録された異色作家短篇集。


A325B0AC-61FA-4439-96BD-642B115CA18F.jpeg

人の体毛の生え方をオルゴールの筒に移植して、その人間固有の音楽を奏でる『性格音楽−毛のお話』。

スフィンクスを食べてしまうタイトル通りの話『スフィンクス・ステーキ』。

まったく同じ名前、同じ行動をとる40人の集団を描く奇談『謎の一団』。

砂漠に現れた巨大な卵をめぐるナンセンスな出来事『不思議な卵』など、突飛なイメージが印象に残る。

posted by koinu at 10:44| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

偉大な哲学者の名言たち

偉大な人物たらんとする者は、自分自身や自分に属するものをではなく、正しいことをこそ愛すべきなのだ。


驚きは、知ることの始まりである。


無理に強いられた学習というものは、何ひとつ魂のなかに残りはしない。


賢者は、話すべきことがあるから口を開く。愚者は、話さずにはいられないから口を開く。


だれに対しても、不正を不正でもって、悪を悪でもって、埋め合わせしてはいけない。よしんば、その相手にどれほど苦しめられていようとである。 


どんなにひどいことをされても、同じ手段で返したら相手と同じとなってしまう。復讐はさらなる復讐を生むだろう。


「弱いものほど相手を許すことができない。許すことは強さの証だ。」ーマハトマ・ガンジーー

 

「己の欲せざるところ人に施すことなかれ。」ー孔子ー

posted by koinu at 09:50| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

『珈琲に遊ぶ―おいしいコーヒーを淹れるヒント』川中幸博(未知谷)

コーヒーに関するノウハウを越えたノウハウの一書。 コーヒーも究めると哲学になる。 誠実であることへの憧れ、熱中できることとの出逢い、そしてそれが他人の役に立つかも知れない。果たしてこれは仕合せではないのか―― 勿論ここにはコーヒーに関する実際的知識も溢れている。 ノウハウを越えたノウハウの一書。

http://www.michitani.com/books/ISBN4-89642-023-3.html

内容(「MARC」データベースより)

コーヒーの味を決定づける要素についての説明や、おいしいコーヒーを淹れるために役に立つ実践的な知識を中心に構成。ドリップ注湯の動作や悪い例、浅煎り豆と深煎り豆の抽出方法の違い、フライパンで焙煎する方法などを紹介。 



コーヒーをいれる時にお湯を沸騰させたり沸騰したのを冷ますと不味い。
注ぐ湯の温度は85〜90℃が適当で「完全に沸騰させない」というのが重要。沸騰の前後で湯に含まれる色々な微量成分が変化して、コーヒーの抽出に影響する。これは紅茶や日本茶も同様である。



川中幸博氏は1949年鹿児島生れ。武蔵野美術大学卒業後25歳でコーヒー業界に入り、7年余の研鑽の後独立「どりっぷ」を東京国分寺市に開店、25年間一筋にコーヒーを穿って現在に至る。


自家焙煎珈琲どりっぷ - 〒185-0021 東京都 国分寺市南町3-19-6 2F 

http://drip-coffee.com/

(メニュー例)
ブレンド珈琲 550円〜
ストレート珈琲 600円〜
ネルドリップ珈琲 800円〜
特製ソースの野菜ピザ 1100円
自家製ケーキ 400円〜
自家製果実酒 600円〜
など
「jazzが流れる落ち着いた雰囲気」

posted by koinu at 11:00| 東京 🌁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ・5月15日に幕張メッセ公演セットリスト

最新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』と同じく“Fort Knox”、“Holy Mountain” で幕を開けて、リリースされたばかりの新曲“Black Star Dancing”も披露された。

https://nme-jp.com/news/72888/

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

公演セットリスト

Fort Knox

Holy Mountain

Keep On Reaching

It’s a Beautiful World

She Taught Me How to Fly

Black Star Dancing

Talk Tonight

The Importance of Being Idle

Little by Little

Dead in the Water

Everybody’s On the Run

Lock All the Doors

If I Had a Gun…

In the Heat of the Moment

The Masterplan

Wonderwall

Stop Crying Your Heart Out

Encore:

AKA… What a Life!

Half The World Away

Don’t Look Back in Anger

All You Need Is Love


来日公演の詳細は以下の通り。

5月15日(水)幕張メッセイベントホール  Open18:30/Start 19:30

5月16日(木)愛知県芸術劇場 大ホール  Open18:00/Start 19:00

5月17日(金)フェスティバルホール Open18:00/Start 19:00

更なる公演の詳細は以下のサイトで

http://smash-jpn.com/live/?id=3085

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画の中で権力を風刺したら批判される自体が芸術文化の未熟さを露呈

日本が侵略の危機に立たされる様を描いた映画『空母いぶき』(キノフィルムズ)。内閣総理大臣役を演じた俳優・佐藤浩市の発言から、映画公開前に炎上騒動に発展する。


かわぐちかいじ漫画原作に若松節朗監督が実写化。護衛艦「いぶき」艦長・秋津竜太を西島秀俊、副長・新波歳也を佐々木蔵之介が演じて、佐藤は未曾有の危機に直面する内閣総理大臣・垂水慶一郎役にキャスティング。

https://youtu.be/1OIRuCw8dFU


「ビッグコミック」(小学館)誌上インタビューで、初の総理大臣役に佐藤は、「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」と云う。劇中で漢方ドリンクを持ち歩いているのに「彼はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです」と語った。 

(雑誌「ビッグコミック」2019年5月10日号より)

http://petitwings.com/archives/6871


この発言に批判が続出して、作家の百田尚樹氏はツイッターで「三流役者が、えらそうに!! 何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」と怒りを表した。「『空母いぶき』原作は素晴らしい! しかし映画化では中国軍が謎の国に変えられているらしい。それだけでも不快だったのに、『下痢する弱い首相にしてくれ』という一役者の要求に、脚本をそう変えたと聞いて、もう絶対に観ないときめた」。


 またジャーナリストの有本香氏は、「役を受けておいて、他人の持病(しかも難病)を揶揄し脚本書き換えさせて『反体制』した気になるなんて激しくカッコ悪い」とツイート。幻冬舎の見城徹社長もツイッターで、「最初から首相を貶める政治的な目的で首相役を演じている映画など観たくもない」と批判をしている。インターネット上でも、「どんな思想を持とうと勝手だが、難病を揶揄するのは人として最低」「いい歳の俳優が『反権力の俺カッコいい』と思っているなら、最初から断ればよかったのに」などの声が続出した。


https://lite-ra.com/2019/05/post-4711.html


映画評論家の清水節は「軍事シミュレーションとして緊迫度満点。この国を愛する者なら、劇場に足を運んでから賛否を述べればいい」とツイート。映画ファンからも「発言だけを切り抜いて批判するよりも、まずは作品として成立しているかを見たい」「過敏に反応するのは、日本の映画産業にとってマイナスでは?」といった冷静な声もある。


映画批評家の前田有一「芸術では権力者を皮肉ることはよくある。映画の中で権力者を風刺したら批判されること自体、日本における芸術文化の未熟さを露呈しているのではないか。加えて、同作の中に『お腹が弱い』という設定をことさらに強調するシーンはありません。多くの人は作品を見ていないので、佐藤さんを叩くことが目的化しているのでしょう」


俳優の黒沢年雄はブログで「世の中いろんな人がいるからこそ、面白いし、楽しい。思想もそう…。今回の佐藤君の安倍総理に対すると思われる揶揄とも取られる発言は、まだ彼が若い部分があるという事で許してやって下さい」と寛容さを見せた。


爆笑問題の太田光は佐藤の亡き父である俳優の三國連太郎について語る。
「三國さんっていうのは戦争に行ってひどい目にあって、いろいろな思いがあって、それこそ体制というものに対して自分の意思を貫いた人だからね。親子の関係っていうのはいろいろな形があるけれども、それを見て感じてきてることもあるだろうし」とラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』にて。


三國連太郎の「ひどい戦争体験」とは本人が毎日新聞のインタビューで語っている。
《徴兵検査を受けさせられ、甲種合格になってしまった。入隊通知がきて「どうしよう」と悩みました。(中略)「外地にいけばなんとかなる」と思って、九州の港に向かったのです。ところが途中で、実家に出した手紙があだとなって捕まってしまったのです》
《徴兵忌避をした家は、ひどく白い目で見られる。村八分にされる。おそらく、逃げている当事者よりつらいはず。たとえいやでも、我が子を送り出さざるを得なかった》

(1999年8月13日)


こうして三國連太郎は入隊して、何度も殴られた。この父の話を聞いた佐藤が「体制側」に複雑な思いを持つのも当然だろう。


テレビ朝日の玉川徹氏は「単に安倍応援団の人が、安倍をバカにしてるという風に受け取って怒っているだけの話」「別にそれ以上でも、それ以下でもない」と語った。
「佐藤さんはいろいろ深く考えた上で役者としてこの役を引き受けるに当たって、下痢という形にした方が映画上いいって判断して、監督もそれがいいだろうとなったから映画になってるわけでしょ」と指摘して、「それを安倍応援団みたいな人がもしこれを見たら、怒るかもしれないと思って、せっかくそういう風にして考えたことをやめてしまう方が忖度で嫌だと思います」と述べた。
「僕は原作をずっと読んでいるんですよ。映画化になるのか、また何か国粋主義的な映画になるんだったら嫌だなって思ってたんだけど、佐藤さんがああいう思いでこの映画を作ったということだったら、逆に見たくなりました。僕はかえって見ます」。


映画公式サイト

https://kuboibuki.jp/sp/


 20XX年、尖閣諸島沖での海上自衛隊と中国海軍の衝突の危機が高まる中、日本政府が就役させた事実上の空母「いぶき」。翌年、ついに中国軍が尖閣と先島諸島に上陸・占領。日本政府は垂水慶一郎総理の指揮の下、武力による奪還を決断。最新鋭戦闘機を搭載した「いぶき」の艦隊による作戦の火蓋を切る。


『空母いぶき』超ド級の日本映画となった「5つ」の理由!

https://cinema.ne.jp/recommend/ibuki2019051706/


posted by koinu at 08:00| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホール・オーツ『Private Eyes』(絶頂期アルバム)

「I Can’t Go For That(No Can Do)」が全米1位を獲得、アルバム5位となる。「Private Eyes」は当時のディスコ人気と、MTVでのヘヴィローテーションもあって多角的なヒットの仕組みを作った。アルバム構成は特に流行りの音をしているわけではなく、彼らのルーツであるソウル(特にフィラデルフィアソウル)をベースに、優れたポップソングをちりばめるシンプルな組み立て。良い曲を書くことが難しいかは音楽ファンとして想像できるが、タイトル曲の際立って多くの曲がとてもよく練り上げられている。彼らふたりがもっとも乗っていたことが推測できる佳曲が揃っている。ベースのTボーン・ウォーク、ドラムのミッキー・カーリー、サックスのチャーリー・デシャントらの活躍も見逃せない。


「I Can’t Go For That(No Can Do)」はフィラデルフィアソウルというよりは、南部寄りのソウルテイスト、ある意味で古臭いスタイルを採り入れて80年代サウンドとして提示できている。改めて本作を聴いてみると、真摯なアルバム作りと、単なる流行のサウンドではない普遍的な音楽を追究していたことがよく分かる。



ホール・オーツH2O(1972年、whole Oatsとは、未精白のカラスムギ)
『Private Eyes』whole Oats(1981年、全米第5位、1982年間第16位)




posted by koinu at 06:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『H2O』(1983年ダリル・ホール&ジョン・オーツにとって最大売り上げを記録したアルバム。)

<ダリル・ホール&ジョン・オーツ Blu-spec CD/紙ジャケ コレクション>
ロック史上に残るスーパーデュオのRCA時代の作品群が、紙ジャケット仕様&高音質Blu-spec CD、最新マスタリングにて復刻.. RCAでの9作目、通算13枚目となるアルバム.『H2O』も前作、前々作同様、彼ら自身のセルフ・プロデュース作品。前年発売のアルバム「Private Eyes」から引き続き、次々とヒット曲をチャートに送り込み、脂の乗りきった時期に発表されたアルバムで、ブルー・アイド・ソウルの雄としてホール&オーツ・サウンドを確立した作品。


全米チャートでも第3位を記録する大ヒット・アルバム。
収録曲の「マンイーター」もシングル・チャート第1位を記録、他にも「ワン・オン・ワン」(第7位)、「ファミリー・マン」(第6位)がシングツ・ヒットしている。3曲のボーナス・トラックを収録。

Daryl Hall & John Oates -『Live at the Apollo』(1985年

本作はRCAでの12作目、通算16枚目のアルバム。ニューヨークのハーレムにあるR&B/ソウルの殿堂”アポロ・シアター”の新装オープンのこけら落としとして行なわれたライヴの模様を収録。彼ら二人にとって憧れであったテンプテーションズのエディ・ケンドリックとデヴィッド・ラフィンをゲストに迎えて、テンプテーションズのヒット・メドレーを共演。全米アルバム・チャートでは最高位第21位を記録。ボブ・クリアマウンテンのミキシング、1985年発表。


■歌詞/対訳付き
■Blu-specCD2
01: アポロ・メドレー:ゲット・レディ〜エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ
〜ザ・ウェイ・ユー・ドゥ〜マイ・ガール
02: 僕のベイビーに何か
03: エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ
04: アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット
05: ワン・オン・ワン
06: ポゼッション・オブセッション
07: アダルト・エデュケイション

『Do It for Love』(2003年、全米第77位。タイトル曲がビルボード・アダルトコンテンポラリーチャートで一位に。)

posted by koinu at 00:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

Pink 『ビューティフル・トラウマ』

Pink / Can We Pretend (feat. Cash Cash)


グラミー賞3冠、全世界トータル・アルバム・セールス6,000万枚/トータル・シングル・セールス1.3億枚を誇る、大胆不敵のポップ・クイーン=P!NK。

通算7作目のオリジナル・アルバム『ビューティフル・トラウマ』をリリース。


リード・シングルの「What About Us」は、エド・シーランやハリー・スタイルズへの楽曲提供してるジョニー・マックデイドと、UK出身プロデューサー=スティーヴ・マックとの共作曲。P!NKのパワフルな歌声が際立つ、エモーショナルなアンセムにとなっている。

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Peter Doherty率いるthe Puta Madres

LIBERTINESでの良くも悪くも注目を浴びるUKカリスマPETER DOHERTY。

そしてLIBERTINES、BABY SHAMBLESに続き、2016年に結成したTHE PUTA MADRES。遂にセルフタイトルのデビュー・アルバム。

何かとお騒がせなイメージも強く、タレント性も高く、絵画や詩の才能にも恵まれたPETERのベストソング。


メンバーは、Pete Doherty (lead vocals, rhythm guitar, sitar, lyrics)の他に、Jack Jones (lead guitar)、Katia De Vidas (piano, keyboard)、Miki Beavis (violin)、Miggles (bass)、Rafa (drums)の6人組。Jack Jonesは日本でも人気が高いウェールズバンド TRAMPOLENEのフロントマン。 

https://youtu.be/_JfalkqvLW8

https://youtu.be/EPR6nrBjfvY

結成以来曲作りをしながら18か月に及ぶツアーを敢行して、ライブを通して研ぎ澄まされていった楽曲を収録。

レコーディング・エンジニアはLAURA MARLING、THURSTON MOORE、FLORENCE & THE MAHINEなども手掛けたDan Cox 、プロデューサーは彼らの長年の友人でありマネージャーのJai Stanley、そしてミックスはNEW ORDER、U2、SUEDEなど錚々たる大物UKアーティストたちの作品を手掛けBABY SHAMBLESでの仕事でも信頼が置かれていてるCenzo Townshend。

Peter Doherty and the Puta Madres

All At Sea

Who's Been Having You Over

Paradise Is Under Your Nose

Narcissistic Teen Makes First XI

Someone Else To Be

The Steam

Travelling Tinker

Lamentable Ballad of Gascony Avenue

A Fool There Was

Shoreleave


Punk Buck Bonafide


◎初回限定 2CD+DVD (NTSC):

CDはオリジナル・アルバムと、デモやライヴ音源を編集したボーナス・ディスクの2CD仕様。DVDはレコーディング風景の映像を30分超収録。撮影はLIBERTINESの映画『傷だらけの伝説』を監督した盟友、ロジャー・サージェントが担当。

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fontaines D.C. デビューアルバム

NME’s 100 essential acts for 2019 に選出された、アイルランド・ダブリン出身の5人組インディーバンドFontaines D.C. がデビューアルバム『Dogrel』を Partisan Records からリリースの先行シングル「Big」。

https://youtu.be/x0ApuAaAcLY

アイルランドの若手バンドの中で今最も注目されて、その壊滅的なライブショーが話題となって、4月に行われたUKツアーも全て sold 記録。

posted by koinu at 06:03| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン作 ; 村上春樹:訳(原題:The Giving Tree)

リンゴの木と少年は友達であった。ともに遊び、心を通わせていた。
しかし少年は大人になってゆきお金が必要になる。
木は「私の果実を売りなさい」と言う。少年は果実をすべて持っていった。
しばらくして、大人になったその子は家が必要になる。
木は「私の枝で家を建てなさい」と言う。
その子は枝をすべて持っていった。
また時が経ち、男は「悲しいので遠くへ行きたい」と言う。
木は「私の幹で舟を作りなさい」と言う。
男は幹を持っていった。
木は それで うれしかった・・・
だけど それは ほんとかな。

時が経ち、男は年老いて帰ってきた。そして「疲れたので休む場所がほしい」と言う。
木は「切り株の私に腰をかけなさい」と言う。
男は腰をかけた。
木は幸せだった


訳者あとがきより
あなたはこの木に似ているかもしれません。
あなたはこの少年に似ているかもしれません。
それともひょっとして、両方に似ているかもしれません。
あなたは木であり、また少年であるかもしれません。
あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。
それをあえて言葉にする必要もありません。
そのために物語というものがあるのです。
物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。
(村上春樹)

いつでもそこにある木。成長して変わっていく少年。
それでも木は少年に惜しみない愛を与え続けた・・・
何度でも読み返したい、シルヴァスタインのロングセラー絵本。
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする