2019年04月17日

リュック・ベッソン最新作「アンナ」

リュック・ベッソン監督のニュープロジェクトの予告編が公開された。
犯罪アクション映画で、ロシアのトップモデルで女優のサーシャ・ルス氏が主演をつとめる。
主役でモデルのアンナ・パリャコバが暗殺者に扮して、
フォークやナイフを使って10人のマフィアを撃退し、ソ連軍の地 下防空壕に侵入し、次なるミッションの待つパリへと向かう。

リュック・ベッソン監督作品ランキング
posted by koinu at 09:13| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

映画『荒野にて』


人妻と付き合うような父親と2人で暮らす孤独な少年チャーリー。唯一の楽しみは競走馬のピートと過ごす時間。しかし父親が付き合っていた人妻の夫に殺され、一人ぼっちに。
競走馬のピートに想いを託すが、なかなか勝てず用無し扱いされる。チャーリーはピートを連れ出し、自分の居場所を探す旅に出る。ホームレスのような生活に手遅れになる前に今の生活から抜け出せと言う大人。一方で彼のような少年からも金を奪おうとする大人。

演技を引き出す抑制のきいた演出と、時に奥深さすら感じさせる静寂の“間”についての映像と音楽。
posted by koinu at 07:55| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

Gary Clark Jr. 会心アルバム

新世紀レジェンドへの旅路を歩みはじめたGary Clark Jr. の待望のアルバム。

ファンク、R&B、現代的でモダンな息吹を入れて、トラディショナルなブルーズに染め上げた会心作。


Gary Clark Jr. / This Land

https://youtu.be/9KgNaRQ_J-c


映画「ジャスティス・リーグ」のエンディング・テーマに「カム・トゥゲザー」が選出されるなど、絶えず音源を供給してきた、2015年以来となるスタジオ・アルバム。


Gary Clark Jr. / What About Us

https://youtu.be/GBfJIxe3vyQ


Gary Clark Jr. / Gotta Get Into Something

https://youtu.be/fFmFAvLqz30


posted by koinu at 16:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポップ界の新たなイット・ガール

イギリスでは女性ソロ最年少1位記録も更新。現在17歳のBillie Eilish。

彼女の放つ一語一句は注目され、2015年に自費リリース「Ocean Eye」では“ポップ界の新たなイット・ガール”と呼ばれる。


Billie Eilish / Bad Guy

https://youtu.be/DyDfgMOUjCI


Billie Eilish / All The Good Girls Go To Hell

https://youtu.be/yaig2Vhsesw


Billie Eilish / Wish You Were Gay

https://youtu.be/yaJx0Gj_LCY


『WHEN WE FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は、リード曲の収録曲「bury a friend」の歌詞の一節、自分の中の怪物ホラーな映像となっている。

https://youtu.be/HUHC9tYz8ik


2019年最大の新人ビリー・アイリッシュが大成功をおさめた現代的な8つの理由

https://www.udiscovermusic.jp/stories/billie-eilish-introduction

posted by koinu at 13:49| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

ペンギン的な人生マップ

penguin 021.jpg
0 〜 7歳  ファンタジー生活     月−−人間の形姿,体質を決める
7 〜14歳  イマジネーション生活  水星−−健康と調和的な影響を与える
14〜21歳  思春期−青春      金星−−愛と表象、理想に影響を与える
penguin 034.jpg
21〜28歳  人生基盤の形成期   太陽−−心魂を発展させる。過去を新たに
28〜35歳  人生基盤の確立期    〃    形成する力を個人に与える
35〜42歳  第二の思春期      〃
42〜49歳  落ち込む時期       火星−−人生の目標を実現する力を与える
49〜56歳  衰えとの戦いの時期   木星−−人生を叡知に満ちたものにする
56〜63歳  知恵の時期        土星−−人生を振り返らせる
63〜70歳   第二の青春
penguin 035.jpg
 ◆ペンギンタロット21+0の原画 
 http://zerogahou.cocolog-nifty.com/photos/peintora22/index.html
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

ニーチェ『ツァラトゥストラはかく語りき』

実存哲学の先駆者たるフリードリヒ・ニーチェ(Friedrich Nietzsche, 1844-1900)円熟期の作品。


古代ペルシャのゾロアスター教教祖の名をドイツ語でツァラトゥストラとした主人公。

 神の死を知って、籠もっていた山を下りて人々に説くのだった。 絶対者の死によって頼る神もなくなったが、束縛もなく強い精神力で創造力を生み出すこそ超人である。 

だが人々からの理解はされず、山へ戻り知見の高い人たちと会い経験を重ねた。 再び山を降りるのを決心して、万物が繰り返す永劫回帰を乗り越えて、理想とする超人を唱える。 

社会を形成してる強固なキリスト教社会を堕落の原因として、新しい生の価値を求めようとする思想だった。 

詩的な表現と比喩が優れて、哲学的物語となって、「ツァラトゥストラはかく語りき」という音楽題材にもされた。

全4部、古代ペルシアの予言者ゾロアスターの言行に仮託して〈超人〉〈永劫(えいごう)回帰〉〈力への意志〉などの思想が語られる。

第1部から第3部までは1883年より1884年にかけてエルンスト・シュマイナー(Ernst Schmeitzner)社から出版。だが権利が売却されてフリッチュ(E.W.Fritzsch)社に移ると、第4部の売れゆきも鈍った。ニーチェが40部を自費で出版して、新たに別の出版社が刊行する。 

NIETZSCHE,Friedrich 

Also sprach Zarathustra 

Leipzig, 1883-1891. 

posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

ビートルズのBBC生出演映像がメキシコで発見

1966年にBBCの歌番組にビートルズが生出演した「失われた」映像が、メキシコで発見された。

長さ11秒の無音映像は、ビートルズがBBCの人気歌番組「TOP of the POPS」で「paperback writer」を演奏するふりをしている。

録音された音源に合わせて演奏動作するのが、番組当時の収録方法だったらしい。

https://www.bbc.com/japanese/47862691


posted by koinu at 14:00| 東京 ☔| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

CONVERGE『The Dusk In Us』の全曲フル視聴公開。

革新的なサウンドと圧倒的な存在感、強靱な獰猛さのハードコア/パンク/メタルなど、CONVERGEはジャンルを縦横無尽に駆け抜けながら独自スタイルを追求し続ける。



I Can Tell You About Pain

CONVERGEが海外リリースしたニュー・アルバム『The Dusk In Us』の全曲フル視聴公開。
1. A Single Tear
2. Eye Of The Quarrel
3. Under Duress
4. Arkhipov Calm
5. I Can Tell You About Pain
6. The Dusk In Us
7. Wildlife
8. Murk & Marrow
9. Trigger
10. Broken By Light
11. Cannibals
12. Thousands Of Miles Between Us
13. Reptilian

Thousands of Miles Between Us
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ella Mai デビューアルバム10 Summers

たった1曲のシングルヒットから、2018年のR&Bの顔になったエラ・メイ。

Ella Mai10 Summers/Interscope/ユニバーサル(2018) 

DJマスタードがプロデュースした“Boo'd Up”は2017年末にDJが地元ラジオで話題を呼んで、US R&B/ヒップホップ関連のチャートを駆け上がり、全米ポップ・チャートでも5位を記録。

新しい才能は清々しい気持ちにさせる。
posted by koinu at 07:23| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

ショーケン追悼 ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜

ショーケンを追悼して「ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜」が、4月6日にBS朝日で再放送される。

数々のドラマや映画に出演した萩原健一。2015年7月18日放送分の再放送となるこの番組には、南青山のライブハウスで行われた編集者・石原正康による萩原のインタビューが収められた。「太陽にほえろ」の舞台裏や妻との私生活、四国八十八カ所を巡るお遍路についてなど、ショーケンの知られざる素顔に迫っていく。

BS朝日ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜

BS朝日
2019年4月6日(土)17:00〜18:00


posted by koinu at 09:10| 東京 ☀| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

万葉集ブーム到来

新元号「令和」の典拠になった『万葉集』のブームとなっている。書店やネットで関連書籍の在庫切れ続出で、出版社も重版して人気沸騰中。1200年以上前の歌でも、「現代人にも通じる『恋』や『情』が盛り込まれている」という。



《君が行く 海辺の宿に 霧立たば 我が立ち嘆く 息と知りませ》(作者未詳)


「あなたが行く海辺の宿で、もし霧が立ったなら奈良の都で立ち嘆いている私の息だと思って、私を思い出してください」

https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/122713

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

赤瀬川原平さんの『絵画入門』が面白い

額縁の外側へもアート表現の可能性を、たくさん体現させてくださった前衛画家・赤瀬川原平さん。
読売アンデパンダン展の廃品オブジェ作品群、ハイレッド・センターでの都市ハプニング、模倣千円札から裁判所での展示、ロイヤル天文同好会、路上観測などの美術視点は格別であった。
783F452D-BC26-4ED6-82C8-EA1E58015826.jpeg
それが【名画入門】など額縁の中にある世界を、何故にしてKAPPABOOKSから出すとは?
なかなか違和感ある企画シリーズは、暫く遠ざけていた。しかしトマソン芸術が生まれる前に、考現学や宮武外骨をスライドにして面白く解説してたことを鮮明に思い出した。
そんな独自の視点を持ってる赤瀬川さんが、敢えて額縁の中にあるアバンギャルドとは真逆の世界を一つ一つ点検するのは、美術評論家が書く論考なんかより数百倍は凄いだろう。 と三冊揃えたら、めちゃくちゃ仰天(爆笑)だった。
62329907-A735-4B00-A3FE-93D5D4A30791.jpeg
ここで先入観をドブに捨てて、全く絵画の知識もなく、美術世界へ扉を叩くなら非常に危険なアート感覚になれると思います。
posted by koinu at 15:45| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

「気分はもう戦争 3 」(だったかも知れない) 矢作俊彦✖️大友克洋

This new episode titled KIBUN WA MŌ SENSŌ 3 DATTA KAMO SHIRENAI 
 矢作俊彦 原作&大友克洋 作画。まさかの復活、読み切りで登場。

「気分はもう戦争 3 」(だったかも知れない) 矢作俊彦✖️大友克洋
予告編「漫画アクション」4/16号(2019年4月2日発売)

矢作俊彦さんのTwitterによれば、原作は8年前に書いてあったという。
This new episode titled KIBUN WA MŌ SENSŌ 3 DATTA KAMO SHIRENAI 。構想30年から完成まで8年(爆笑)

■あらすじ
198X年X月X日。 ソ連が中国領内に侵攻し、 中ソ戦争が勃発。 思うところあって参戦することになった義勇兵の「ハチマキ」「めがね」「ボウイ」の3人は、 戦場を転々とする。 みずからの意思で赴く者や、 それとは知らずに戦争に巻き込まれていく者たちの「従軍記」の部分と、 「戦争」に翻弄される日本の人々のエピソードが、 オムニバス形式で描かれる。 義勇兵3人のほか、 大学受験に失敗した受験生や、 武器の密売に関わる元自衛隊員、 太平洋戦争が終わったことを知らなかった元軍人なども出てくる。 

「気分はもう戦争 3 」(だったかも知れない)ニュース。
「それから38年」「ガン・マン、流れ者、過激派が還って来る!」 
magazine No.9 on April 16th. The magazine will include as bonus a postcard and an oversize poster.

Official site of Manga Action magazine: http://webaction.jp/action/

Video Production: Synchrotron Studio, Ltd. (合同会社 シンクロトロン・スタジオ: https://synchrotron.co.jp/
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スティング『MY・SONGS』を5月24日リリース

スティングの新しいベスト・アルバムで「Englishman in NewYork」「Shape of My Heart」「Every Breath You Take」「Roxanne」「Message in a Bottle」など代表曲に対する、スティング自身の新しいアプローチ。円熟してメロウになってないのが、蜂🐝の性分である。

https://spice.eplus.jp/articles/232684

「ここに収めた曲は、私の人生そのもの、といっていいだろう。それらを、再構築し、部分的に修正し、手を加え、そしてそのすべてを、今現在の視点で見つめ直してみた」

https://www.udiscovermusic.jp/new-releases/sting-release-self-cover-my-songs

posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

新元号「令和(れいわ)」

【元号おさらい】1615年〜2019年

元和→寛永→正保→慶安→承応→明暦→万治→寛文→延宝→天和→貞享→元禄→宝永→正徳→享保→元文→寛保→延享→寛延→宝暦→明和→安永→天明→寛政→享和→文化→文政→天保→弘化→嘉永→安政→万延→文久→元治→慶応→明治→大正→昭和→平成→ 令和


【令和(れいわ)】

万葉集の梅の花の歌

「時、初春の令月(れいげつ)にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」


新元号懇談会のメンバーは、上田良一(NHK会長)、大久保好男(日本民間放送連盟会長)、鎌田薫(日本私立大学団体連合会会長)、榊原定征(前経団連会長)、白石興二郎(日本新聞協会会長)、寺田逸郎(前最高裁長官)、林真理子(作家)、宮崎緑(千葉商科大教授)、山中伸弥(京大教授)の9人。(敬称略)

posted by koinu at 11:43| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレアム・グリーン『喜劇役者』(早川書房)

Graham Greene, The Comedians (1966)

『たそがれ時に、何ひとつ生えていないハイチの侵食された灰色の山から、ドミニカ側の深い森林をながめたとき、私はとてもうれしかった。ハイチ側のあらわな岩石とドミニカ側の繁った植物との対照によって、曲がりくねった国境がずっと見分けられるのだ。』(p.316)

『数百キロあまり彼方のように思える暴力横行のハイチからきた私には、平和の感じが本当に心にしみるのだった。』(p.311)

『もしもそれから数カ月後に、サント・ドミンゴにも暴力が襲って来ることにならなかったならば、おそらくそのセンターは実現していたことだろう―――その暴力はフェルナンデス氏と私自身に、ある程度の繁栄をもたらしたものだ。』(p.328)

『お前もおれも、二人とも喜劇役者じゃないのかなってね」』(p.152)

『この国には食糧はあまりないときもあるが、色彩はつねに派手に存在した。山の斜面には濃い青色の陰影が動かず居すわり、海は孔雀の羽色の緑である。緑はいたるところに、ありとあらゆる変化を見せていた。黒色を走らせた龍舌蘭の毒薬びんのような緑色。単調な緑色の海岸の砂と釣り合うように、先端を黄色く変色させはじめているバナナの木の淡い緑色。まことに、この国土には色彩が荒れ狂っていた。一台のアメリカ製の大型車が、無茶なスピードで悪路を突っ走り、われわれに土ぼこりをかぶせた。この土ぼこりだけが色彩に欠けていた。』(p.187)

https://youtu.be/b_MfBia4zWI

映画「 危険な旅路(喜劇役者)」「第三の男」「ハバナの男」などで知られるイギリスの作家グレアム・グリーンのベストセラー小説を、彼自身が脚色し、「ベケット」のピーター・グレンヴィルが製作・監督した。撮影はアンリ・ドカエ、音楽はラリー・ローゼンサルが担当している。出演は、「じゃじゃ馬ならし(1966)」のエリザベス・テイラーとリチャード・バートンのコンビに、「さらばベルリンの灯」のアレック・ギネス、「レディL」のピーター・ユスチノフなど。

https://youtu.be/CmL0-9PyMzw

The Comedians 1967年 製作国 アメリカ配給 MGM

AEE2B95C-7147-42EE-8127-7844D225A15C.jpeg
posted by koinu at 06:47| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする