2019年03月07日

空腹は健康エネルギーとなる

空腹になるとサーチュイン遺伝子が働いて、若返りの効果がある。

長寿遺伝子や抗老化遺伝子ともいわれ、細胞の中にいるミトコンドリアの働きを活性化させて、身体のエネルギー効率を良くする。

ミトコンドリアは加齢とともに減少して、老化の原因になり、サーチュイン遺伝子を働かせるとミトコンドリアを元気にして老化を予防できる。

臓器の老化と劣化のスピードが遅くなり、色々な病気の発症を抑えてくれる

体に害のない程度に空腹でいると、寿命を延ばして、長期的な計画が必要なアンチエイジング法。

空腹時グレリンというホルモンが分泌され食欲増進作用と成長ホルモンの分泌を促進する。


成長ホルモンは子どもが成長するために必要なだけでなく、大人の新陳代謝にも必要なホルモン。古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるサイクルが早まる。


身体と肌がキレイになり、疲労回復と病気の治りも早くなる。


運動をするのでも、空腹時に行った方が効果は高い。趣味ではなくダイエットのために運動をするなら、腹がすいている時にやった方がいい。


身体を動かすとエネルギーとして糖質から使われる。空腹時には血液中の糖分は少ないので、血糖値が低くなってる。

血液中の糖質をそれ以上減らさないように、身体に溜め込んでいた脂肪を糖分の代わりにエネルギーとして使われるり

満腹の血糖値が高い状態で運動をするよりも効率的に脂肪を燃焼できる。

posted by koinu at 12:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする