2019年03月14日

大いなる転換と魔法の所作 過ぎたるは灯火のごとく

暗い影を通り抜け
“そこ”へ到達するまでに
私は物語を語り終えた
紙上に 
蝶の舞う風に
数多の中心に
思い出の遡上
大いなる転換と魔法の所作
過ぎたるは灯火のごとく
永遠に 永遠に
蒼天に沈む
そしてすべてのものは傷付かず
もう言葉はいらない

タニス・リー(英国作家)
posted by koinu at 17:07| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

『エモーショナル・デザイン /微笑を誘うモノたちのために』ドナルド・ノーマン(新曜社)

人間が表情を見せてのは、顔や体をコントロールしている多くの筋肉の自律神経支配によるものであって、ポジティブな感情はいくつかの筋肉群をリラックスさせ、多くの顔の筋肉を自動的に引き上げる(眉や頬が上がるなどなどをして笑顔になる)。


38D40E82-09F6-4FCB-A53B-224F6DD436EA.jpegF145D0B9-1ADA-419E-A5C6-C36B28F455B9.jpeg

そしてポジティブな出来事やものごとを始めさせたりそれらに近づけさせたりする傾向をもたらす。

ネガティブな感情は止めたり遠ざけたりするという反対の影響をもつ。いくつかの筋肉が緊張し、顔の筋肉のいくつかは下に引っ張られる(しかめっ面になる)。

970CD35D-9B4E-4F89-81D9-A50A6F619985.jpeg93FB078F-F525-47C7-B7D8-ED8FC707C4AC.jpeg

感情状態のほとんどはポジティブなものとネガティブなものとが複雑に入り混じっていて、その喚起のレベルもさまざまであり、すぐ前の状態の名残りを引きずっている。

その結果としい生ずる表情は豊かで、情報に満ちている。そして真実味がある。

見せかけの情動はにせものだと分かる。私たちは自分をだまそうとするにせの企みを見分けることには長けている。だから、インターラクションする多くのコンピューターシステムの中で微笑んでいる、かわいらしいヘルパーや人工的な甘い声と感情をもつものには、役に立つというよりもイライラさせられてしまうのだ。

(第六章「情動をもつ機械」より)

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

桜の花が咲いてる

0158FD61-513D-4DB4-B9FE-A5C6B931CFD9.jpeg
暖かい空気を感じている。
posted by koinu at 12:00| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

映画「政府委員」(1940ロシア)

映画「政府委員」(1940ロシア)

監督 アレクサンドル・ザルヒ、ヨシフ・ヘイフィッツ 

出演 ヴェラ・マレーツカヤ、ワシリー・ワーニン、ニコライ・クリュチコフ、コンスタンチン・ソローキン、ワレンチナ・テレーギナ 


『1930年から1950年まで、共同監督としてコンビを組んだザルヒとヘイフィッツによる代表作。 

 文字を読めない農婦の主人公(マレーツカヤ)がコルホーズ(集団農場)に加入し、やがて議長に選ばれ、さまざまな困難を克服して集団化を成功させるまでが描かれる。』 

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

映画『小犬を連れた 貴婦人』lenfilm, 1960

ロシアの美しい映画
『小犬を連れた 貴婦人』lenfilm, 1960

◇ 映像構成と演技動作とライティング設定をする上で、奥深い虎の巻のような作品。チェーホフの短編小説について、原作解釈を深めた映画としても功績は大きい。

Дама с собачкой, The Lady with the Little Dog, lenfilm, 1960

小犬を連れた貴婦人 (1960/露)

Dama s sobachkoj

The Lady with the Little Dog

監督 ヨシフ・ヘイフィッツ

脚本 ヨシフ・ヘイフィッツ

原作 アントン・チェーホフ

撮影 アンドレイ・モスクヴィン

音楽 ナジェジダ・シモニャン

出演 イーヤ・サーヴィナ / アレクセイ・バターロフ / ニーナ・アリソワ

posted by koinu at 10:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

イザベル・コイシェ監督「マイ・ブックショップ」

イギリスの文学賞ブッカー賞受賞作を「メリー・ポピンズ リターンズ」のエミリー・モーティマー主演、「死ぬまでにしたい10のこと」の女性監督イザベル・コイシェの映画化「マイ・ブックショップ」が公開。
英国の保守的な田舎町に住む女性が、理想の書店を開くため奮闘する物語。


1959年イギリスのある海岸地方の町。書店が1軒もないこの町でフローレンスは戦死した夫との夢だった書店を開業しようとする。しかし保守的な町では、フローレンスの行動は住民たちに冷ややかに迎えられる。フローレンスは偶然出会った本好きの老紳士に支えられ書店を軌道に乗せるが、彼女をよく思わない地元の有力者が書店をつぶそうと画策する…。

「読書の魔法は他の人生に入り込み、ひいては自分の人生になっていく」と、読書の喜びを語り、今作の原作との出合いをこう振り返る。「ロンドンの古本屋でたまたま見かけたのです。『The Bookshop』というタイトルに惹かれて、私はこれは買わなければと思ったのです。本が私を見つけてくれたのです」イザベル・コイシェ監督

「(原作者)ペネロピ・フィッツジェラルドは、ヨーロッパでもそれほど知られている作家ではありません。すごく変わった人で、この小説も60歳になってから出版されました。テムズ川の大きな船に病気の夫と3人の子供と住み、川に船が沈んで一から出直したりと、苦労もあったようです。主人公のフローレンスは良き人で、イノセントな部分がある。自分の行動の結果がどのように見られるのか、どうなるのか、自覚していないことがあります。彼女は小さな夢を持っており、どんな逆境においてもどんな結果になっても、自分のやりたいことを形にしようと行動する人。私は闘う人に敬意を持っています。自分とは人生が違うかもしれないけれど、そういった姿に惹かれたのです。小説を読んだときからつながりを感じ、読み終わってすぐ映画化したいと思いました」

監督「私はAmazon嫌い」
http://mybookshop.jp/
 
「リサーチを重ねて独特のメランコリックな雰囲気、明るさからダークなトーンまで、物語やフローレンスの心情に合わせて意識して設計しました。参考にしたのは1950年代の英国の作品です。テクニカラーが登場し、独特の発色だったあの時代。衣装もフローレンスの心象風景を見事にワードローブで表現しています。そういったことができるのが、映画作りの楽しいところでもありますよね。それから、美術に関しても、当時の本屋がどのようであったか入念に調べあのです。あの書店は北アイルランドの村にはなかったので、内部まで全部作りこんで建てました。あとは、当時の本の表紙がどんなカバーだったのリサーチし、ナボコフの『ロリータ』の初版本があの緑色だったことがわかりました」

posted by koinu at 19:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

空腹は健康エネルギーとなる

空腹になるとサーチュイン遺伝子が働いて、若返りの効果がある。

長寿遺伝子や抗老化遺伝子ともいわれ、細胞の中にいるミトコンドリアの働きを活性化させて、身体のエネルギー効率を良くする。

ミトコンドリアは加齢とともに減少して、老化の原因になり、サーチュイン遺伝子を働かせるとミトコンドリアを元気にして老化を予防できる。

臓器の老化と劣化のスピードが遅くなり、色々な病気の発症を抑えてくれる

体に害のない程度に空腹でいると、寿命を延ばして、長期的な計画が必要なアンチエイジング法。

空腹時グレリンというホルモンが分泌され食欲増進作用と成長ホルモンの分泌を促進する。


成長ホルモンは子どもが成長するために必要なだけでなく、大人の新陳代謝にも必要なホルモン。古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるサイクルが早まる。


身体と肌がキレイになり、疲労回復と病気の治りも早くなる。


運動をするのでも、空腹時に行った方が効果は高い。趣味ではなくダイエットのために運動をするなら、腹がすいている時にやった方がいい。


身体を動かすとエネルギーとして糖質から使われる。空腹時には血液中の糖分は少ないので、血糖値が低くなってる。

血液中の糖質をそれ以上減らさないように、身体に溜め込んでいた脂肪を糖分の代わりにエネルギーとして使われるり

満腹の血糖値が高い状態で運動をするよりも効率的に脂肪を燃焼できる。

posted by koinu at 12:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

犬に笊を被せて「笑」

「リア充」といわれて、行動する力のある「ヤンキー」を分析した特集の「微熱」11月号が先刻届いた。「ヤンキー」「オタク」「サブカル」の三つ巴、そこで加齢とギアチェンジで曲がり損ねたのは? 記号消費者へと堕落して、ヌルオタとの境目がわかりにくくなった「サブカル」。そしてネット世界優位「オタク」と現実生活が充実している「ヤンキー」の二極化が進んでいるらしい。
http://www.ghibli.jp/shuppan/
三種分類「オタク、サブカル、ヤンキー」
http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20120829/p1

「竹かんむりに犬」  狸&猫以外の人形
このわんこには隠された意味があります。
犬に笊を被せて「笑」という字に見立てているのだそうです。笊=竹製品=竹かんむり。江戸っ子の粋な言い回しですね。
にゅっ!どうですアップにした張り子犬。「笑」という字に脳内変換おねがいします♪

また、笊の笠に傘を背負わせることで「笠ね傘ね=重ね重ね」という意味だそう。
張り子の犬は古くから赤ちゃんが誕生したときのお祝いの贈り物として使われて来たので、重ね重ね笑うように、つまり「重ね重ね幸せになるように」という願いが込められているのでしょうね。
それにしても江戸っ子のシャレは高度だなぁ♪

【笑】意味わらう、ほほえむ、あざわらう、笑い話、喜ぶ、咲く、という意味がある。花が咲く意味では、咲の字を用いる(咲は笑の古文とされる字)。
〔説文解字・巻五・新附〕にはあるものの、「此字本闕」と解説はない。ただ別の字に「笑ふなり」とあるので、〔説文〕にももともとは笑の解説はあったとされている。字形諸説ある。咲が初文で、笑はそれが変じたものとする説がある。
白川静は「笑」 をエクスタシーの状態にある巫女の象形という。
竹+犬の会意(徐鉉)、竹+夭の会意(李陽冰)、夭声の形声といった説もあるが、竹に従う理由が不明である。音訓音読みはショウ(漢音、呉音)、訓読みは、わらう、えむ。規格・区分常用漢字であり、小学校4年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一水準。

1946年に当用漢字に採用され、1981年に常用漢字になった。
語彙笑言・笑語・笑傲・笑殺・笑止・笑疾・笑声・笑談・笑中刀・笑倒・笑納・笑罵・笑柄・笑靨・笑楽・笑覧・笑話
posted by koinu at 09:00| 東京 ☔| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

キース・フリント自宅で死亡

英国バンド、ザ・プロディジー(The Prodigy)のボーカルKeith Flintが2019年3月4日朝、英エセックス州の自宅で亡くなっているのを発見。49歳。

キース・フリントの現在の妻は日本人DJで、彼が亡くなった時は日本に滞在中だったと伝えられる。

「私たちの兄弟であり、最良の友でもあるKeith Flintが亡くなったこと深い衝撃と悲しみとともに伝えます。真の開拓者、先駆者、伝説。彼の思い出は永遠に消えないだろう。
プライバシーを尊重してくれて感謝します。」
The Prodigy


https://youtu.be/He0azy3EsSY


キース・フリントの妻はGedo Super Mega Bitchという名前で活躍しているDJで、モデル女優のMayumi kaiさん。この妻との関係はしばらく前に破局して、2人は長い間別居状態だったという情報もあります。キースはこの別離のあと、精神的に不安定な状態だったようです。

https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/8558402/who-is-the-prodigy-singer-keith-flints-wife-mayumi-kai/

posted by koinu at 21:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

NHKスペシャル 大江戸 一挙再放送

総合テレビ午後3時5分から午後6時まで放送


第1集 世界最大!!サムライが築いた“水の都”

江戸は、徳川家康が幕府を開いてから100年ほどで、世界最多の100万の人口を抱える巨大都市となりました。その原動力はどこにあったのでしょうか? 最近、江戸初期の都市計画を描いた図面や、幕末の写真ネガが見つかり、その変遷が分かってきました。


江戸は水を駆使して造り上げた、世界に類をみないユニークな都市だったのです。“水の都”江戸誕生の秘密に迫ります。

http://www6.nhk.or.jp/special/sp/index.html


第2集 驚異の成長!!あきんどが花開かせた“商都”

過去2000年間の世界経済を分析した国際共同研究によって、江戸中期の経済成長率(1人あたり)が、同時期の世界トップクラスだったことが判明しました。貿易を制限していた日本で、経済発展を支えたものは何だったのでしょうか?


日本橋の商家の記録などから、江戸に広がっていた庶民経済と、激しい競争社会の中で生まれた、独自のセーフティネットを探ります。

http://www6.nhk.or.jp/special/sp/index.html


第3集 不屈の復興!!町人が闘った“大火の都”

江戸は3年に一度の割合で大火に襲われる、世界に例のない“火災の町”でした。最新の研究では、竜巻のような炎=火災旋風が猛威をふるっていたことも判明。人々はこの災厄の町とどう向き合い、復興を成し遂げたのでしょうか?


幕府による江戸大改造や、町民たちが生み出した防災対策の数々。それらの成果を、最新シミュレーションから解き明かします。



posted by koinu at 10:22| 東京 ☀| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

創作舞踊家の花柳幻舟さん亡くなる

碓氷第三橋梁(通称・めがね橋)下の歩道で2月28日午後5時ごろ、人が倒れていると観光客から110番通報があった。倒れていたのは住所不詳、創作舞踊家花柳幻舟(げんしゅう)さん(本名・川井洋子さん、77)で、全身を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。
 安中署の調べでは、身につけていたポシェットの中のデジタルカメラに橋の上から直下を撮った写真が残っていたほか、橋の上に花柳さんのものとみられる傘があった。現場に争った形跡はなく、何らかの原因で橋から約23メートル下の歩道に転落したとみている。
 花柳さんは「打倒家元制度」を掲げて活動し、1980年に日本舞踊の花柳流宗家家元への傷害事件を起こした。90年11月には、東京であった天皇即位礼の祝賀パレードに向けて爆竹を投げつけたとして罰金4万円の有罪判決を受けた。

posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする