2019年02月20日

「ドイツ映画祭『HORIZONTE 2019』」

3月8日から15日にかけて東京・ユーロスペースで開催。

厳選された上映ライナップは8本の劇映画と2本のドキュメンタリー映画。
『ロミー・シュナイダー〜その光と影〜』(エミリ・アテフ監督によるQ&Aあり)、『父から息子へ〜戦火の国より〜』、『僕たちは希望という名の列車に乗った』(ラース・クラウメ監督によるQ&Aあり)、『未来を乗り換えた男』(主演俳優フランツ・ロゴフスキによるQ&Aあり)、『キャスティング』、『プチ・ブルの犬』、『希望の灯り』(トーマス・ステューバー監督によるQ&Aあり)、『明日吹く風』、『マニフェスト』、『ソーシャルメディアの“掃除屋”たち』

「ロミー・シュナイダー〜その光と影〜」ドイツ映画イベントのオープニング作品に

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする