2019年02月04日

Brian Jones Pipes of Pan at Jajouka

モロッコのジャジューカ村の民族音楽の現地録音。延々続く呪術的なトランスミュージックは凄まじい。繰り返されるリズム、フレーズの渦に飲み込まれ、意識が侵蝕されてしまう感覚。

単なる現地録音でなく、Brianによるリバーブ系の処理やフェイザー系のギミックも使われている。「Brianの耳が捉え、Brianの感性で処理を施した」サウンド。



喘息の持病のあった故ブライアン・ジョーンズがしばしば訪れていた休養先のモロッコから生まれた作品。人間の奥底に眠る鼓動を揺さぶる現地人による演奏に、トラック操作や効果音を加えたアルバム。
  1. 55 - 55 ("Hamsa oua Hamsine)
  2. 戦いの時 - War Song/Standing + "One Half (Kaim Oua Nos)"
  3. テイク・ミー・ウィズ・ユー - Take Me with You Darling, Take Me with You (Dinimaak A Habibi Dinimaak)
  4. 幻惑の瞳 - Your Eyes Are Like a Cup of Tea (Al Yunic Sharbouni Ate)
  5. コーリング・アウト - I Am Calling Out (L'Afta)
  6. 幻惑の時 (ウィズ・フルート) - Your Eyes Are Like a Cup of Tea
posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする