2019年02月28日

西東三鬼『神戸』『続神戸』全話掲載

『神戸』西東三鬼

 昭和十七年の冬、私は単身、東京の何も彼もから脱走した。そして或る日の夕方、神戸の坂道を下りてゐた。街の背後の山へ吹き上げて来る海風は寒かったが、私は私自身の東京の歴史から解放されたことで、胸ふくらむ思ひであった。その晩のうちに是非、手頃なアパートを探さねばならない。東京の経験では、バーに行けば必ずアパート住ひの女が居る筈である。私は外套の襟を立てて、ゆっくり坂を下りて行った。その前を、どこの横町から出て来たのか、バーに働いてゐさうな女が寒さうに急いでゐた。私は猟犬のやうに彼女を尾行した。彼女は果して三宮駅の近くのバーヘはいっだので、私もそのままバーヘはいって行った。そして一時間の後には、アパートを兼ねたホテルを、その女から教はつたのである。(つづく)

第一話 奇妙なエヂプト人の話 

http://pengiin.seesaa.net/article/461462446.html


西東三鬼『続神戸』前説。

 かつて私は綜合俳誌「俳句」に、「神戸」十話を連載した。それは昭和十七年から昭和二十一年まで、神戸で過した間の挿話である。

「神戸」に登場した人々は、内外人すべて善人ばかりで、同時に戦争中の「非常時態勢」に最も遠い人達である。

私も亦、彼等と共に、自由こそ最高の生甲斐と考えていたので、彼等の生き方に深い興味を持った。

「神戸」は意外に多くの愛読者を得た。映画化の話ももたらされた。さて、本誌編集長は、いまや「神戸」続編を強要してやまない。

しかし「神戸十話」を書きしるした時と、現在とでは、私の住居、境遇にも大きな変化があり、加うるに老頻、ペンの泉も涸れ果てた。再びの無頼文章が、読者の一顧を得られようとは思われないが、幸いにして「からきこの世」の一微笑ともなればと、恥多き愚談を綴るのである。

内容は前編と同じく全く虚構を避けた。さればゆめゆめ、誓子先生のごとく、眉に唾を附け給うことなかれ。


西東三鬼『続神戸』全話掲載

http://pengiin.seesaa.net/archives/20181001-1.html


西東 三鬼(さいとう さんき、1900年(明治33年)5月15日 - 1962年(昭和37年)4月1 日)岡山県出身の俳人。日本歯科医専卒。本名、斎藤敬直。新興俳句運動の中心となるが、京大俳句事件で検挙。戦後「天狼」「断崖」を創刊。句集「夜の桃」、随筆集「神戸」「続神戸」など。
西東三鬼『神戸』全話掲載
《俳句・昭和31年6月号》連載終了
posted by koinu at 22:20| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「映画の父」D・W・グリフィス

デヴィッド・ウォーク・グリフィス(David Wark Griffith、1875年1月22日 - 1948年7月23日)
アメリカ合衆国の映画監督、俳優、脚本家、映画製作者。

映画文法の基礎を築いた人物であり、様々な映画技術(モンタージュ、カットバック、クローズアップなど)を確立して、映画を芸術的な域へと高めた。アメリカ初の長編映画『國民の創生』や『イントレランス』などの監督作品は彼の技術の集大成的な作品であり、現在でもアメリカ映画の名作として数えられる。また、女優のメアリー・ピックフォードやリリアン・ギッシュなど数多くの映画人を輩出したことでも知られ、それらの功績から「映画の父」と呼ばれている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/D・W・グリフィス


グリフィスは、映画芸術の基本を作った人物として映画史にその名が刻まれている。これまでの映画というと、ワンシーンワンショット、固定カメラ撮影が特徴で、演劇色が濃かった。しかし、グリフィスは様々な演出法や撮影技法を確立・駆使していき、映画を独自の視覚的表現・一つの芸術として発展させた。
グリフィスはこれまでのワンシーンワンショットによるシーン単位の撮影からショット単位の撮影を行い、1つの場面を複数のショットで構成させ、モンタージュを確立させた。1つの場面を複数のショットで構成することは「物語を撮る」意味で初期の作品から行われていたが、彼はショットとショットを繋いで劇的な効果を生みだすことに成功している。グリフィスのモンタージュは時間の連続性を失わせないように複数のカメラを使うマルチ・カヴァレッジという方法で撮影されたのが特徴。この方法は当初多大な撮影予算がかかるため敬遠されていたが、戦後に黒澤明が『七人の侍』の合戦シーンを複数カメラで撮影したことをきっかけにハリウッドでも普及し、このスタイルは一般的になった。モンタージュに関しては1920年代にソ連の映画人たちが「モンタージュ理論」として体系化した。
異なる場所で同時に起きている2つ以上のシーンで、それぞれのショットを交互に繋ぐ編集法であるクロスカッティング(並行モンタージュ、同時進行描写とも)もグリフィスが創始したといえる技術である。グリフィスお得意の演出「ラスト・ミニッツ・レスキュー(最後の瞬間の救出)」を使うときにクロスカッティングを用いられている。この技法は『淋しい別荘』の強盗襲撃のシーンで初めて用いられ、以降『國民の創生』『イントレランス』『東への道』などほとんどのグリフィス作品で使われた。
そのほかグリフィスが生み出した技法には移動撮影、フラッシュバック、フェードイン・アウト、アイリスイン・アウト、ポイントオブビュー(主観の切り換え)、イマジナリーラインなどがあり、一つのシーンをロングショット、ミドルショット、クローズアップといった違うショットサイズで撮影したのもグリフィスの功績である。
クローズアップを初めて使ったのもグリフィスと言われるが、グリフィスの以前から『おばあさんの虫眼鏡』『大列車強盗』などの作品でクローズアップはすでに使われていた。しかし、物語を語る点で初めて使ったのはグリフィスであり、映画評論家のH・A・ポタムキンは『シアター・ギルド』誌で「グリフィスの『網を繕う人』(1912年)で初めてクローズアップを芸術的に使った」と指摘している。
撮影技師のビリー・ビッツァー(英語版)は、1908年から16年間にわたってグリフィス作品で撮影を担当し、彼の右腕として活躍した。『國民の創生』や『イントレランス』を撮ったのもビッツァーである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/D・W・グリフィス


[主な監督作品]
1975年に米国郵便公社からグリフィスの記念切手が発行された。
ドリーの冒険 The Adventures of Dollie(1908年)
じゃじゃ馬馴らし The Taming of the Shrew(1908年)
質屋の娘の恋 Romance of a Jewess(1908年)
迷惑帽子 Those Awful Hats(1909年)
カーテン・ポール The Curtain Pole(1909年)
黄金のルイ The Golden Louis(1909年)
淋しい別荘 The Lonely Villa(1909年)
毒蛇の飼育 Nursing a Viper(1909年)
封印された部屋 The Sarled Room(1909年)
インディアンの考え The Red Man's View(1909年)
小麦の買い占め A Corner in Wheat(1909年)
罠にかかったサンタクロース A Trap for Santa Claus(1909年)
不変の海 The Unchanging Sea(1910年)
境界州にて In the Border States(1910年)
高利貸し The Usurer(1910年)
鎧戸の締まった家 The House with Closed Shutters(1910年)
老人たちをどうすべきか What Shall We Do with Our Old?(1911年)
女の叫び The Lonedale Operator(1911年)
老男優 The Old Actor(1912年)
見えざる敵 An Unseen Enemy(1912年)
大虐殺 The Massacre(1912年)
ピッグ横丁のならず者 The Musketeers of Pig Alley(1912年)
ニューヨークの帽子 The New York Hat(1912年)
強盗のジレンマ The Burglar's Dilemma(1912年)
ベッスリアの女王 Judith of Bethulia(1913年)
國民の創生 The Birth of a Nation(1915年)兼脚本
イントレランス Intolerance(1916年)兼脚本
世界の心 Hearts of the World(1918年)
散り行く花 Broken Blossoms(1919年)兼脚本
東への道 Way Down East(1920年)兼製作
嵐の孤児 Orphans Of The Storm(1921年)兼製作・脚本
アメリカ America(1924年)
素晴らしい哉人生 Isn't Life Wonderful(1924年)兼脚本
曲馬団のサリー Sally of the Sawdust(1925年)
posted by koinu at 07:59| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

『美女』 西東三鬼

船欄に夜露べつとり逃ぐる旅


 私はいつも逃げてばかりゐるやうです。それといふのも、私といふ男は、齢五十をとうに過ぎてゐながら、私と同じ生きものである人間、特に女の人に対する抵抗力が実に弱く、まるで生れたての赤ん坊がたやすく風邪をひくやうに、やられてしまふのです。

 はじめ軽いくしやみが一二度出たかと思ふと、アッといふまに肺炎を併発して高熱にうなされるのです。困つたものです。

 そこで私は元々貧弱な勇気をふるひ立てて、女の人に対する皮膚の抵抗力を増進させるため、冷水摩擦のたぐひを試み、あのかぐはしい香気が、人よりも大きな鼻の孔に侵入しないやうにと、マスクなども用ひるのですが、何のたしにもならないのです。

 ごらんに入れた拙い句は、去年の夏、神戸から船に乗つて松山へ行くときのものです。

 そのときも私は例によつて風邪をひきかゝつてゐたのです。こんどの風邪は鼻かぜ位ではすみさうもないといふ予感があつたので、松山にでも逃げ出して、谷野予志先生の長い温顔でも見たら直るだらうと思ひ立つたのです。

 アメリカ語のカラミティといふのは厄病神のことださうですが、どこか日本語の趣もあるやうです。私の風邪の神様は波止場の近くまで送つてくれましたが「どうぞお船が沈没しますやうに」と呪咀を吐ひて、カツ/\と踵の音を立てながら帰つてゆきました。

 波止場まで来なかつたのは、私の若い友人達が見送りに来る事を知つてゐるからです。

 私にも遠い昔に青年時代があつて、大きな船で外国へ出稼に行つた経験があります。その船にくらべて、別府航路の船の何とチマチマしてゐることよ。それでゐてチャンと船なのです。ドラも鳴りますし、出帆の汽笛も鳴るのです。すると眼と鼻の先にゐる人々が、船と陸からテープを投げ合ふのです。

 私の若い友人達は、私がさういふ事を好まないと思つてゐるのか、だまつて突立つてゐるだけで、誰もテープを投げませんでした。

 船はむやみに夜光虫をひつかき廻しながら陸を離れました。私は頭の上の天の川を一寸眺めただけで、すぐ船室に横たはりました。眼をつぶると一つの顔が見え、心の中の風邪はしだいに重くなるやうでした。

 翌朝、松山に着きました。私はほんとは男の友達と談笑してゐる方が好きなのです。ですから予志先生が連中と共に出迎へてくれた時、全くホッと一息ついて、夜と共に去つた、海の彼方の地をふりかへるのでした。沈んでしまへと呪はれた船が沈まなかつたのも結構でした。

 予志先生はどういふものか、いきなり私を街へ連れ出しました。松山といふ街は始めてではありませんが、どうしてあんなに衣類ばかり売りたがるのでせうか。その本通りから丸見えの横町で、一人の犬捕りが、針金の輪を餌物の首にひつかけようと苦心してゐるのは、

炎天の犬捕り低く唄ひ出す

といふ句の作者を歓迎するためでせう。それにしてもこの哀れな野良犬は、まるで私のやうに、針金の輪から遁走しようとはしないのです。

 靴下祭とは何のことか判りますか。商人が女の人に靴下を売りつけるたくらみです。祭にも色々あるものだなと感心しながら、偶然に眼が向いた女靴下専門店に、思はず息が止つた程の美女がこちらを向いてゐました。マネキンという職業の人です。私は勿論、足を止めて立ちつくしました。

 松山ではベレ帽は珍らしいのでせう、その人も奇妙な老人を見ました。男が婦人用靴下専門店に立入るのは勇気が要ります。幸なことに私にはその勇気が少しばかり残つてゐましたので、一人で中へはいりました。そして、なほ幸なことには、その店は何々ナイロン靴下宣伝中で、製造過程の大きな写真が飾られてあつたから、私はそれを熱心に見る振をしながら、横目で美女をうかゞひ見ました。私には美しい女の人の形容は出来ません。とにかく大変な美女です。

 わが謹厳なる予志先生は、それからの三日間、毎日一度づゝ、靴下祭参詣の私のお伴をさせられました。先生の観察によると、彼女は大阪から出張した宣伝員にちがひなく、或は私と同じ船で帰るかも知れない等といひます。一難去つて又一難です。

 暗い晩に、私は帰航の船に乗りました。予志先生も他の人達も、テープを投げないのは神戸の時とおなじです。先生は別れの手を振るのですが、その手振りが少しへんで、何かを指し示す趣です。そしてあらうことか、その指の先には靴下祭の美女がちやんと乗つてゐるではありませんか。

 神戸に下りた時、彼女の姿はみえませんでした。その方がいゝやうな、さうでもないやうな気がしました。

 後日うちの主婦に、もう一度息の止まる美女にめぐり会ひたいものだといひますと、大阪中のデパートの靴下売場を探してごらんなさいと教へてくれました。妙案だとは思ひましたが、私はデパートに一足入れると、何とも云ひやうのない、絶望におそはれるので、美女には再会したいがやめにしました。

 ところが或日、道頓堀の雑踏の中に、まぎれもない靴下嬢が、衆人にぬきんでて来るのを見ました。勿論私は息を止めて立止りました。彼女もベレの老人を見たやうです。

「あれがさうだ」と、私は礼儀を忘れて連れの女の人に云ひました。彼女の今度の呪咀は「なんだ! カレーライス」といふのです。いふところの意味は、彼女ならそこの角を曲つたカレーライス専門店の常連だといふのです。それをきいて私は大いに安堵しました。あれを食ふと頭の地がかゆくてたまらないので、私は食はない事にしてゐるからです。

 私はどうやらあとの一難からは逃げのびたやうです。




「西東三鬼読本(俳句臨時増刊号)」角川書店 1980(昭和55)年4月


西東 三鬼(さいとう さんき、1900年(明治33年)5月15日 - 1962年(昭和37年)4月1 日)岡山県出身の俳人。

日本歯科医専卒。本名、斎藤敬直。新興俳句運動の中心となるが、京大俳句事件で検挙。戦後「天狼」「断崖」を創刊。句集「夜の桃」、随筆集「神戸」「続神戸」など。


西東三鬼『神戸』全話掲載

西東三鬼『続神戸』全話掲載

http://pengiin.seesaa.net/archives/20181001-1.html

posted by koinu at 19:15| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『カビリア』(Cabiria)

1914年イタリアのジョヴァンニ・パストローネが脚本・監督、モノクロ・サイレント映画。 

舞台は第二次ポエニ戦争のローマとカルタゴ、ティトゥス・リウィウス『ローマ建国史』をもとに、ギュスターヴ・フローベールの『サランボー』(1862)やエミリオ・サルガーリの『カルタゴは燃えている』(1908)を取り入れて、ガブリエーレ・ダンヌンツィオが脚色している。


(あらすじ)

バットーの娘カビリアはエトナ山の噴火の混乱で両親と離ればなれになる。フェニキア人の海賊に捕らえられて乳母ともにカルタゴで大僧正カルタロに奴隷として売られた。

カルタゴに敵情偵察の密命を受けて来ていたローマの軍人フルヴィアスとその奴隷マチステ(en)に巡り会って、乳母はモレクの神に生け贄にされようとしている少女を助けてくれと、バットー家家宝の指輪を見せる。

二人はカビリアを寸前で救い出し、追いかける群衆から逃走。フルヴィアスは断崖から海に飛び降り逃げ果せて、マチステと少女は、ヌミディアの王子マシニッサと、ローマ進撃中のハンニバルの弟ハスドルバルの娘ソフォニスバの密会の場に紛れ込む。

マチステは捕らえられて粉挽き臼の鎖に繋がれるが、カビリアはソフォニスバの召使いとして匿まわれる。だがフルヴィウスの復帰したローマ海軍は、アルキメデスの発明した太陽光の反射器による火災のために殲滅される。

遭難して海岸に打ち上げられたフルヴィウスをバットー家の家来が助け上げるが、彼の指輪に主人の家紋を見いだしたため館に運び込んだ。そしてカビリアが生きてるのが家族に知らされる。

マシニッサはヌミディアの政敵シュファクスに打ち破られて、沙漠に落ちのびた。ハスドルバルは娘をシュファクスに妻合わせて、ソフォニスバは絶望する。

10年ぶりにカルタゴに戻ったフルヴィウスは、マチステを臼挽き労役から助け出した。二人が沙漠を彷徨っているところを、ローマ軍に追い立てられたシュファクス軍に捕らえられてキルタの牢に入れられる。鉄枠を折り曲げて脱走するが、食料貯蔵所に籠城せざるをえなくなる。

シルタがローマ軍に援助されたマシニッサ軍によって包囲されて、シュファクスは囚われの身となり、ソフォニスバはマシニッサの懇願もむなしくローマでの晒し刑を宣せられる。マシニッサはマチステに依頼してかつての恋人に毒薬を届ける。ソフォニスバは苦悶の末絶命する。ローマに帰還する船の上では、親し気に語り合うフルヴィウスとカビリアの姿があった。

http://d.hatena.ne.jp/cinedict/20070728/1185678306

製作・監督・原案・脚本: ジョバンニ・パストローネ

撮影: ジョバンニ・トマティス/アウグスト・バッタリオッティ/カルロ・フランツェーリ/ナターレ・キウサーノ 

出演: リディア・クァランタ/ジーナ・マランゴーニ/ダンテ・テスタ/ウンベルト・モーツァルト 他 。


posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

手塚治虫文化賞「マンガ大賞」候補作が決まった。

手塚治虫文化賞「マンガ大賞」候補作が決まった。

『あれよ星屑』山田参助、KADOKAWA▽『海街diary』吉田秋生、小学館▽『彼方のアストラ』篠原健太、集英社▽『健康で文化的な最低限度の生活』柏木ハルコ、小学館▽『さよならミニスカート』牧野あおい、集英社▽『その女、ジルバ』有間しのぶ、小学館▽『ダルちゃん』はるな檸檬、小学館▽『凪(なぎ)のお暇』コナリミサト、秋田書店▽『フラジャイル』原作/草水敏、漫画/恵三朗、講談社▽『ましろのおと』羅川真里茂、講談社▽『約束のネバーランド』原作/白井カイウ、作画/出水ぽすか、集英社。(作品名は50音順、敬称略)

https://www.asahi.com/articles/ASM2M3WHWM2MPTFC007.html
posted by koinu at 07:52| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

ROYAL Domenico Italian Dining (羽田空港イタリアン)

パスタランチ
497127CC-7546-45E6-B175-8529F13926F6.jpeg
11EBCA86-BC73-4026-8C2A-B301B8944212.jpeg
 ROYAL Domenico Italian Dining
 (羽田空港イタリアン)
ロイヤルドミニコ イタリアンダイニング第1 旅客ターミナル4F  
C7117A95-2E2F-44B2-B7FB-25D5B281C919.jpeg
posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

ロクでなしとカールおじさん

ろくでなしの「ろく」は、一般的に「碌」と書かれるが、 これは当て字である。 元々は「陸(呉音でロク)」と書き、日本で「陸(ロク)」は、土地が平らなことから物 や性格が真っ直ぐにあることを意味する。
C35EAF38-BC47-48BE-9CE6-9DA557C8E131.jpeg
しかしそれが否定されて、ロクではなくて、ひん曲がり、嘘だらけの生き方をすること。迷惑な生き方をするロクではない選択をするのだった。
C35EAF38-BC47-48BE-9CE6-9DA557C8E131.jpeg

明治スナック菓子「カールチーズあじ」「カールうすあじ」の全国販売を終了。関西(滋賀、京都、奈良、和歌山)以西のみでの販売に切り替えられた。


人気スナック“カール”が販売終了。カールおじさん、やっぱりハゲだった。

https://biyodanshi.com/20170606post-11870/

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

ペンギン・ハイウェイ展  inササユリカフェ2/14〜3/25

パラパラ原画や背景美術、設定資料などが展示されて、スタジオコロリド関連商品やグッズが楽しい。
西荻窪駅から徒歩3分の天空庭園ササユリ カフェ。フルーツマリネとカレー。ガーデンテラス席でゆったり座れるます。
■ササユリカフェ
167-0042 東京都杉並区西荻北3-16-6小美濃本社ビル4階
5ECA41CE-4D85-4BBD-BAD3-24A0963F84DE.jpeg

ササユリカフェhttp://sasayuricafe.com/
ササユリカフェtwitterアカウント@sasayuricafe

オーナーの舘野仁美さんは、スタジオジブリで動画チェックを担当していたベテランアニメーター。
「ジブリでは細くてキリキリした線よりは、ゆったりした線で動画を描くようにしていました。そのほうが、原画の線に合わせられるからです。“Toonz”というソフトを使いつづけたのも、エンピツの線の勢いが出やすかったからです。ジブリでは、シャープペンシルは使用禁止でしたので。 」


posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

「ドイツ映画祭『HORIZONTE 2019』」

3月8日から15日にかけて東京・ユーロスペースで開催。

厳選された上映ライナップは8本の劇映画と2本のドキュメンタリー映画。
『ロミー・シュナイダー〜その光と影〜』(エミリ・アテフ監督によるQ&Aあり)、『父から息子へ〜戦火の国より〜』、『僕たちは希望という名の列車に乗った』(ラース・クラウメ監督によるQ&Aあり)、『未来を乗り換えた男』(主演俳優フランツ・ロゴフスキによるQ&Aあり)、『キャスティング』、『プチ・ブルの犬』、『希望の灯り』(トーマス・ステューバー監督によるQ&Aあり)、『明日吹く風』、『マニフェスト』、『ソーシャルメディアの“掃除屋”たち』

「ロミー・シュナイダー〜その光と影〜」ドイツ映画イベントのオープニング作品に

posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

スクリーンショットも違法?

創作、研究、情報発信、議論などの知的な営みの前提として、インターネット上からダウンロードやスクショにより様々な情報を手元に置いて後に検討したり、見比べたりすることにより、情報の正確性を確認したり、インスピレーションを得たり構想を練る。
これが具体的な罰則無しでも違法とされれば、情報の自由な流通や、発信の前提となる検討プロセスの萎縮になる。
https://www.asahi.com/articles/ASM2N7GSRM2NUCVL01Y.html

インターネットに上げられた、漫画や写真などのダウンロードを違法とする政府の方針。何がダメで、何が大丈夫なのか。動画解説。
posted by koinu at 22:00| 東京 ☀| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

花田清輝展「転形期をいかに生きるか」

巧みなレトリックによる評論と「ものみな歌でおわる」など戯曲、「鳥獣戯話」「室町小説集」など小説で知られる花田清輝(1909〜1974)。

生誕110年を記念して、1994年以降ご遺族から寄贈された資料をもとに足跡紹介される。


https://www.kanabun.or.jp/exhibition/9165/

2019年1月26日〜3月10日(日)

休館日は月曜日(2月11日は開館)

神奈川近代文学館第2展示室


花田清輝が深く傾倒したのは前衛芸術で、後に岡本太郎、埴谷雄高、野間宏らと「夜の会」で交流を深めた。

戦後日本の知識階級が左翼思想に大きく傾いたのに同調するように、共産党に入った時期があったが、その思想性に違和感を持って離れた。

高見順、吉本隆明との論争が注目された後、古典や歴史に目を向けて新たな世界を拓いていった。映画にも造詣の深かった花田と映画の関係資料も展示。

https://www.museum.or.jp/modules/im_event/?controller=event_dtl&input%5Bid%5D=92548


posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アテンション 注目で人を動かす7 つの新戦略』(飛鳥新社)

7C004CFF-857E-4A2F-AA09-7074BCE9FDAF.jpeg

注目には3種類ある。

@即時の注目:感覚による数秒で揮発

A短期の注目:一時的な記憶の保管庫

B長期の注目:HDドライブに保存

3種類の注目を集めるのに使われる動機づけ →7種類のトリガー


40F1DD65-89F3-4A6E-9B0D-16D1327032F3.jpeg

01 自動トリガー

感覚的刺激を与えて注目させる

色・シンボル・音など視覚・聴覚・触覚によって効果あげる。

02 フレーミング・トリガー

経験・性質・興味・文化的傾向などの文脈が判断基準に及ぼす影響の大きさ。

枠フレームを利用して「思考の惰性」を突破するのに「適応」と「議題設定」を活用。

03 破壊トリガー

相手の予想を裏切り、破壊して注目を集める。驚き(サプライズ) 単純さ(シンプリシティ)重要性(シグニフィカンス)の3S要素。

意味があり妥当で大事な要素が冒頭に含まれていること。

04 報酬トリガー

何か達成したら金品や物品を授ける 「外的報酬」、達成感といった心の満足を授ける「内的報酬」が長期における忠誠を育む。

05 評判トリガー

注目する・しないの判断に評判に依拠する。「専門家」「権威者」「大衆」へ、長期に注目を集める評判は「一貫性」「個性」「時間」によって構成。

06 ミステリー・トリガー

ウェイターがまだ料理の出てない注文について信じられないほど細かい記憶力を発揮する。

終わっていないタスクを忘れられない現象「サスペンス」「感情移入」「予期せぬ展開」

「クリフハンガー(ハラハラ状態)」 

07 承認トリガー

他者や社会から認められたいという欲求を利用。承認とは「認知」「評価」「共感」を満たす。自分に注目してほしいとか、人気者になりたいと望むことはタブーである。

以上7つのトリガーは、置かれた状況や相手により具体的手法が変化する。まず「相手を知る」=『ペルソナ』で具体的かつ存在する人とシンボリズム描くのが有効。アテンションとトリガーを駆使することで、人々が望んでいる音楽や映画を創作することが限りなく永遠に続けられる。

プロは新しいモノを生み出し、アマチュアはお金を払って💰、自己満足な詩集や音楽アルバムを消費する。人々や世界へ向かうよりは、一人称の幼稚な満足を望むからだ。

posted by koinu at 00:00| 東京 🌁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

スーパームーン再び

「スーパームーン」が2月19日夕方から翌朝まで出現。

先月よりも地球と月の距離が近いため、2019年で最も大きく見える満月となります。

スーパームーンと月食・日食の発生日。

【無】1月6日:部分日食(日本、北太平洋等)

【S】1月21日:満月+皆既月食(スーパーブラッドムーン)

【S】2月19日:満月

【S】3月21日:満月

【無】7月3日:新月+皆既日食(南太平洋、南米等)

【無】7月17日:満月+部分月食(中四国地方西部より西)

【S】8月1日:新月

【S】8月30日:新月

【S】9月28日:新月

【無】12日26日:金環日食(インド、インドネシア等) 

(【無】=スーパームーン無し、【S】=スーパームーン)

posted by koinu at 12:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

カブキ・チューン ▽ゲスト 民謡クルセイダーズ

2月15日金曜 NHKFM 午前11時00分〜 午前11時50分


世界各地のリズムと日本民謡を融合させた楽曲で注目を集める“民謡クルセイダーズ”からリーダーの田中克海、ヴォーカルのフレディ塚本。バンド結成時の話や二人のルーツ・ミュージック、今後“民謡クルセイダーズ”がアレンジしたい民謡ベスト3など。


「会津磐梯山(福島県民謡)」

民謡クルセイダーズ:編曲

(唄と演奏)民謡クルセイダーズ

(2分20秒)

<P-VINE PCD-25239>


「炭坑節(福岡県民謡)」

民謡クルセイダーズ:編曲

(唄と演奏)民謡クルセイダーズ

(2分33秒)

<P-VINE PCD-25239>


「フェケル・ベゼベゼグン」

(歌)マハムド・アハメド

(2分49秒)

<BUDA MUSIQUE 860191>


「A Change Is Gonna Come」

(歌)サム・クック

(2分12秒)

<ユニバーサル UICY-75341>


「安来節(島根県民謡)」

民謡クルセイダーズ:編曲

(唄と演奏)民謡クルセイダーズ

(2分16秒)

<P-VINE PCD-25239>


尾上右近,【ゲスト】田中克海,フレディ塚本


posted by koinu at 08:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽ガハハ 足軽先生いとうせいこう登場

NHK FM 金曜日午前放送

勝手に音楽ベスト1は「平成で一番〇〇な曲」。平成で一番恋しちゃう曲、一番J-POPを方向づけた曲など、様々なお題で4人がプレゼン。
いとうせいこうラップが炸裂する奇跡の1曲をお聴き逃しなく!
posted by koinu at 05:08| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

バレンタインデー 神戸の「モロゾフ」起源説

日本におけるバレンタインデー発祥の地といわれる神戸。チョコレートを贈る習慣を広めた老舗洋菓子メーカー・モロゾフ(神戸市東灘区)の最も古い、1935年のバレンタイン広告が見つかり、パンフレットで紹介されている。

 モロゾフは31年に神戸・三宮のトアロードで創業。翌年、バレンタイン商品を売り出したという。広告は従来、36年2月12日の英字紙「ジャパン・アドバタイザー」に掲載されたのが、最初とみられていた。
 昨年10月、近現代の画像情報サイト「ジャパンアーカイブズ」を運営する安井裕二郎さん(62)=芦屋市=が、同紙のバックナンバーを調査中、35年2月13日号にモロゾフのバレンタイン広告を発見。同社に情報を提供した。
 広告は「最も甘いバレンタイン」として、ハート形の菓子箱に男女が手を伸ばすイラストをキューピッドが囲んでいるデザイン。同紙には40年の終刊まで、毎年広告を出していたことも判明した。
  2019/2/14 神戸新聞


神戸の「モロゾフ」起源説
  http://bunshun.jp/articles/-/10731
1936年の英字新聞「ジャパンアドバタイザー」に"For Your VALENTINE Make A Present of Morozoff's FANCY BOX CHOCOLATES"と書かれた広告が掲載された。


posted by koinu at 09:17| 東京 ☀| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

【漱石枕流】 そうせき・ちんりゅう

負け惜しみの強いことを言う四字熟語。

【石に漱(くちすす)ぎ流れに枕す】  

「流れに枕する所以は、其の耳を洗はんと欲すればなり。石に漱する所以は、其の歯を礪かんと欲するなり。」

(そこで、友人である)王武子に、「(山奥で、)石を枕にして、河の流れで口を漱ぐという生活を送るつもりだ」と言うところを間違えて、「石で口を漱ぎ、流れを枕にしよう」と言ってしまった。

(それに対し)孫子荊は「流れを枕にする理由は、俗世で話を聞いて汚れた耳を洗いたいからだ。石で口を漱ぐ理由は、俗世の物を食べて汚れた歯を磨きたいからだ。」と言った。

「自分の誤りを認めずに、負け惜しみから理屈の通らない言い逃れをすること」

posted by koinu at 16:00| 東京 ☀| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

『HEROES』ヒロ・ナカムラを演じる岡政偉(おか まさより)

日本の会社で働くサラリーマン。良いことがあると「ヤッター!!」と叫び、両手を広げる癖があり、コミックや“スタートレック”好きというオタクっぽい一面も。ある日突然、自分が行きたいと願ったニューヨークに瞬間移動できたことから、自分が超能力を手に入れたことがわかり大喜び。続いて時間を止めることにも成功するが…。

ヒロ・ナカムラを演じるマシ・オカは、1974年12月27日、東京生まれの日本人で本名は岡政偉(おか まさより)。6歳で渡米し、少年時代はIQ180の天才児として「TIME」誌の表紙を飾ったこともある。ブラウン大学で数学とコンピューターを学び、ジョージ・ルーカスが経営するVFX工房のILMでデジタル視覚効果アーティストとして働き、映画『スター・ウォーズ』シリーズや、『ターミネーター3』『パーフェクト・ストーム』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』にVFXスタッフとして参加。
同時に俳優としても活動し『ダーマ&グレッグ』『Scrubs』など、数々のTVドラマや映画に出演。2006年に『HEROES/ヒーローズ』のヒロ・ナカムラ役に抜擢され、大ブレイク。 2007年にはゴールデングローブ賞TVシリーズ、ドラマ部門助演男優賞にノミネートされた。その他主な映画出演作に『ゲット・スマート』『ブルース&ロイドのボクらもゲットスマート』『ステイ・フレンズ』などがある。


「HEROES REBORN」2015年9月24日よりアメリカのNBCにて放送がスタートした全13話のリミテッド・テレビシリーズ。
2006年から2010年にNBCで放映され世界中で大ヒットを記録し、シーズン4で終了した「HEROES/ヒーローズ」の続編である。
posted by koinu at 11:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

歌姫Aya Nakamura ナカムラアヤ

今フランスで大人気のAya Nakamuraっていう歌姫。マリのバマコでグリオ家系に生まれて、アヤは家族とともにフランス移住した。


2014年頃から音楽活動をはじめ、デビューシングル曲 “Brisé” はyoutube で 1400万ヒットした。その後も様々なアーティストに招かれ知名度が上がる。2017年に日刊紙「ル・モンド」は、これから活躍しそうなアフリカ系の女性歌手の一人と高く評価した。

芸名のナカムラは、アヤが好きだったTVドラマ『heroes』の登場人物ヒロ・ナカムラに由来する。


ヒロ・ナカムラ
アメリカ合衆国のNBCで放送されたテレビドラマ『HEROES/ヒーローズ』シリーズ、『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』に登場する時空操作の超能力をもつ架空の人物。父が経営する東京の大企業「ヤマガト工業」で働くプログラマであり、日本人家族で育った日本人という設定である。
posted by koinu at 09:47| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

『グリーンブック』原題/Green Book

粗野なイタリア系の運転手と、才能ある黒人ピアニストとの実話コメディ。
監督:ピーター・ファレリー
出演:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ

第76回ゴールデングローブ賞のミュージカル / コメディ部門で作品賞、脚本賞など3冠を獲得。綿密に積み上げられた二人の役作りは見ものでしょう。


時は1962年。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、ガサツで無学だが、家族や周囲から愛されていた。   ある日、トニーは「神の域の技巧」を持ち、ケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともある天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)のコンサートツアーの運転手として雇われる。まだまだ人種差別が根強く残る時代になぜか、黒人にとって制約と危険の多い南部を目指すシャーリー。 粗野で無教養なイタリア系用心棒と、インテリな天才黒人ピアニストという何もかも正反対な二人が、黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、ふたりはツアーへ旅立った──。
提供:ギャガ、カルチャア・パブリッシャーズ
配給:ギャガ 
2018年/アメリカ/130分/
公式サイト:gaga.ne.jp/greenbook
3月1日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

posted by koinu at 11:57| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする