2019年01月17日

上田岳弘「ニムロッド」芥川賞

芥川賞受賞した上田岳弘さんは、兵庫県明石市出身の39歳。早稲田大学を卒業して、IT企業の立ち上げに加わって会社役員を務めている。

平成25年に「太陽」で文芸誌の新人賞を受賞してデビューして、平成27年発表「私の恋人」で三島由紀夫賞を受賞。
https://www.sankei.com/life/news/190116/lif1901160033-n1.html

受賞作「ニムロッド」はサーバーの保守会社に勤める男性が、仮想通貨「ビットコイン」の取引データを記録する業務を命じられる物語。
誰かが記録して存在が証明されるビットコインの仕組みを描いて、恋人や会社の先輩とのやり取りと、先輩が書く小説を巧みに織り交ぜて、高度に情報化した社会の中で個人の在り方を問いかける文芸大作。

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする