2018年12月31日

Courtney Barnett ロック原点回帰を果たす!

コートニー・バーネット『Sometimes I sit and think,and sometimes I just sit.』から3年ぶりセカンド・アルバム『Tell Me How You Really Feel』。


新作から「Nameless, Faceless」のシングルは、ネット上の匿名の人々によるハレーション現象を怒りや皮肉の感情を表現して、彼女の歌で現象に応戦した。


Nameless, Faceless 日本語字幕

https://youtu.be/HZZSYDhx0FI


「アルファベットが入ったスープを飲み込んで、君よりもっと上手な言葉を吐き出せたらいいのに」


傑出した歌声とウィットに富んだ感性とともに、無邪気でユニークな観察眼。

素直さと骨太な演奏と優しさに溢れる歌声で力強い歌詞が響く。彼女自身の音楽的進化で新たなフェーズに入った。


「僕は誰もいない暗闇の公園を歩いて行きたい/女性に笑われるのを怖がる男性がいる/私は誰もいない暗闇の公園を歩いて行きたい/男性に殺されるのを怖がる女性がいる/私は手にしっかりと鍵束を握っている」 


25分を超える気迫あるスタジオライブ!

https://nme-jp.com/news/64758/


Courtney Barnett  1988年、豪生まれ。2012年レーベル【MilK! Records】を設立してデビューEP『I've got a friend called Emily Ferris』(2012)をリリース。続くセカンドEP『How To Carve A Carrot Into A Rose』(2013)は、ピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得。

デビュー・アルバム『Sometimes I Sit and Think, Sometimes I Just Sit』を2015年3月にリリース。グラミー賞「最優秀新人賞」にノミネート、ブリット・アウォードにて「最優秀インターナショナル女性ソロ・アーティスト賞」を受賞。


posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「サイドマン:スターを輝かせた男たち」

伝説的大スター、マディ・ウォーターズとハウリン・ウルフ。

ステージ上には彼らを照らし続ける男たちの存在があった。その素晴らしい音楽は、支えてきた寡黙なサイドマンの働きが欠かせない。歴史を作り上げたサイドマン三人の苦難とドラマティックな音楽人生。彼等とブルースの魅力について、キース・リチャーズ、エリック・クラプトン、ジョニー・ウィンター、ボニー・レイット、ジョー・ペリーほか多数のミュージシャンが語る。

三人の亡くなる前のインタビューと、最後の共演ステージ映像など、ブルース・ロック・ファンと音楽愛好家に捧げるとびきり至極ドキュメンタリー。

予告編

https://youtu.be/UesqPbzIqW4


監督 スコット・ローゼンバウム

出演 パイントップトップ・パーキース/ウィリー“ビック・アイズ”スミス/ヒューバート・サムリン/グレッグ・オールマン/ジョー・ボナマッサ/シェメキア・コープランド/ロビー・クリーガー/ジョー・ペリー/ボニー・レイット/ケニー・ウェイン・シェファード/ティム・レイノルズ/スーザン・テデスキ/デレク・トラックス/ジョニー・ウィ「サイドマン:スターを輝かせた男たち」ンター/ポール・ネルソン/ボビー・ラッシュ/スコット・シャラード/ウォーレン・ヘインズ/エリック・クラプトンキース・リチャーズ 他。

2016年/アメリカ/英語/80分


映画公式サイト

http://www.curiouscope.jp/sidemen/


配給 CURIOUSCOPE

12/22(土)〜公開中

posted by koinu at 09:16| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

英国2018年間ベストアルバム

(1)BBCが誇る最先端音楽Radio 6 MusicのDJ達が選んだ【2018年の年間ベスト・アルバム×10枚】

http://www.bbc.co.uk/programmes/articles/~



(2)英インディーズ名門レーベル=ラフ・トレードが選んだ【2018年の年間ベスト・アルバム×100枚】

https://roughtrade.com/gb/albums-of-the-year-2018



(3)英インディーズの老舗音楽誌=The Wireが選んだ【2018年の年間ベスト・アルバム×50枚】ジョン・ハッサール(ザ・リバティーンズ)のソロ作入り。

https://www.thewire.co.uk/issues/419



(4)英メジャー音楽誌=Q誌が選んだ【2018年の年間ベスト・アルバム×50枚】

https://www.qthemusic.com/articles/~


posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年洋楽シーンを三大音楽評論家が大総括

ワールドロックナウ 年末スペシャル〜

12月30日日曜 NHKFM 午後5時00分〜 午後6時50分

2018年洋楽シーンを三大音楽評論家が大総括

http://www4.nhk.or.jp/wrn/ 


2018年総括(guest : 大貫憲章、伊藤政則)


伊藤政則 select


1. Judas Priest / Firepower (2018)

   

2. Greta Van Fleet / Lover, Leaver (Taker, Believer) (2018)

3. The Struts / Fire (Part 1) (2018)


4. Coheed and Cambria / Old Flames (2018)

5. Slash featuring Myles Kennedy and the Conspirators / The Call of the Wild (2018)

 


大貫憲章 select


6. Arctic Monkeys / Star Treatment (2018)

7. Mudhoney / Please Mr. Gunman (2018)

8. Fantastic Negrito / A Boy Named Andrew (2018)


9. Jo Passed / MDM (2018)


10. Novo Amor / Anniversary (2018)

 

渋谷陽一 select

11. Jack White / Corporation (2018)

12. The Lemon Twigs / The Fire (2018)


13. Post Malone / Rockstar (feat. 21 Savage) (2017)

14. Blood Orange / Saint (2018)

15. Eminem / Venom (2018)


16. Rhye / Song For You (2018)



毎年の恒例行事となる三大音楽評論家で洋楽振り返る企画ラジオ番組。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

『過去と思索』 アレクサンドル・ゲルツェン /訳 長縄光男〔筑摩書房〕

17AA4E63-08EB-4F6A-8ECB-F469AB2EF699.jpeg
19世紀の騒然としたロシアと西欧にあって、透徹したまなざしと人間味あふれる心で描いた思想家の自伝。筑摩書房「世界文学大系」所収のものを大幅に改訳し、未刊の新訳を加えた初の完訳。
「ルソーの『告白』やゲーテの『詩と真実』と並ぶ自伝文学の白眉」各巻六〇〇頁にも及ぶ全三巻。
2B8561B0-898A-4DED-8E6F-DCD4A294CED3.jpeg
皇帝に連なる名門地主貴族の父がドイツ人下級官吏の娘に生ませた私生児ゲルツェンは、早熟な子供となる。モスクワ大学理数学部に入学して、農奴制と専制に戦いを挑むサークルを組織、西欧社会主義者の理論を研究する。卒業後には二度の流刑を経て、一八四七年に亡命。
ロンドンに居を構えて「自由ロシア出版所」を創設して、論文集『北極星』や新聞『鐘』を発行。祖国の農奴解放運動を応援し続ける。

本書執筆の動機となったのは、最愛の妻とドイツ詩人との浮気である。詩人の愛が本物ならば身を引く覚悟していたゲルツェンは、その不誠実さに憤り決闘を覚悟する。不実の子を宿して病に倒れて、瀕死の床に伏す妻に懇願されて思いとどまる。この「家庭の悲劇」を解明してヘルヴェークを非難する目的に筆をとったゲルツェンは、当初からの想いを超えて、己の幼年時代からの回想を記す。執筆は結局一六年間も続き、その間次々と家庭の不幸に見舞われる。

ツルゲーネフが「涙と血をもって書かれている。人の心を焼き焦がす」と絶賛する。流刑と幅広い交友関係の中から知った当時のロシア社会の詳細な報告、亡命後の各国革命家との交流で浮き彫りになるヨーロッパ社会の歴史的流れ。興味尽きない同時代人たちの姿を通して語られる。ベリンスキイ、バクーニン、プルードン、マルクス、ガリバルディ、ミツキェーヴィチ、オーエンなど有名人と並んで、著者に仕えた無名の人々の姿が印象深い。
00C0EE24-4419-43A1-98DF-3C13E289FAFA.jpeg
虚偽の言葉をあやつる詩人への、怒りと憤りから、対局にある世界を見出した大作。第42章「荒野に鳴く牛の声」に書かれた、詩人への侮蔑と貶んだ言葉の使い方が多様な表現であり、全身全霊から呪いのマシンガントークしている。圧巻の一言。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレクサンドル ゲルツェン『向こう岸から』 (平凡社ライブラリー)

本年度に電子書籍Kindleで購入して、最も重要な印象となった奇跡的な内容。思想の「聖化」に反対して、生身の人間の側に立ち続け、人民の大衆への変貌をいち早く洞察した亡命ロシア人。19世紀革命の時代に稀な思索の人が、敗者の側からフランス1848年を考察する主著。


「このような衝撃を体験した以上、生身の人間が今まで通りでいることはできない」(p.78)


54011683-47C8-4C0A-88BF-57325BB83C82.jpeg

『向こう岸から』 

1 嵐の前(船上での会話)
2 嵐の後
3 単一にして不可分なる共和国の第五十七年
4 VIXERUNT!(彼らは生き残った!)
5 CONSOLATIO(なぐさめ)
6 一八四九年へのエピローグ
7 Omnia mea mecum porto(私はすべてを身につけてゆく)
8 ヴァリデガマス侯ドノゾ・コルテスとローマ皇帝ユリアヌス

一八四八年、フランス二月革命の敗北を目撃して、つねに超越的なドグマに敵対するこの思想家は、革命の成果を簒奪するブルジョワジーを痛罵しつつ、一方、「人民」が「大衆」へと変貌してゆく様をいち早く冷徹に認めながら、なお、生身の個々人が歴史を動かしていくという立場を死守しつづける。マルクスともトクヴィルとも違う一八四八革命論の傑作をゲルツェン研究の第一人者による見事な新訳。

http://www.heibonsha.co.jp/smp/book/b160990.html


8D7EBA3E-63EF-466E-B64B-7E2D987EB5E6.jpeg

アレクサンドル・ゲルツェン 
1812‐1870。帝政期ロシアの思想家、作家。貴族の私生児としてモスクワに生まれる。「ゲルツェン」の姓は父親によって創られ与えられた。農奴解放、専制政治打倒にむけて活動し、逮捕、流刑を繰り返し受けたあと、1847年にロシアを出国。以降、一度も帰国することなく、亡命者として西欧で文筆活動に従事 

長縄光男 
1941年、東京生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。横浜国立大学名誉教授。専攻、ロシア社会思想史、日露文化交流史。訳書にゲルツェン『過去と思索』全3巻(筑摩書房、日本翻訳出版文化賞、木村彰一賞受賞)などがある。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

世界最古の切手と日本最初の切手

AD8E5A54-6B7C-4E89-B2D2-87A6811B151D.jpeg
世界最古の切手と日本最初の切手です。
posted by koinu at 11:43| 東京 ☁| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

『SFマガジン』百合特集が売切れ増刷

12月25日発売『SFマガジン』2019年2月号で「百合」特集された。
予約が殺到して、発売前に重版決定。
早川書房の公式サイトで注文殺到により「発送が遅れる場合がございます」と異例の告知。

 百合特集は、2018年に百合とSFがさまざまな形で接近したことを契機としたもの。収録しているのは、宮澤伊織さんや森田季節さん、草野原々さんといった作家による百合SFの短編小説。他も『コミック百合姫』編集長へのインタビュー(聞き手&構成:柴田勝家さん)や、「百合SFガイド2018」などさまざまな企画が組まれている。
posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

「プーチンカレンダー」大人気!

「まるでアイドル並みに売れて話題となっている」ロシアのウラジーミル・プーチン大統領のカレンダー。
ロフトの著名人カレンダー売り上げランキングで堂々の1位に輝いている。



中国のネットユーザーの反応。
「マジか!!でも、それは彼が真の益荒男だからだろう」「プーチン大帝こそ男の中の男…」「不思議なことではない。日本人は昔から強者を崇拝してきた」「日本人の民族性がよく出ている事例だ」「日本でカレンダーが売れているのには驚いたけど、人格も風格に加え、英雄の魅力があるからだろうね」
posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

クリスマス🎄ツリー

A16001C5-F6FD-4ECA-AA67-335FCF9C7308.jpeg53226FA8-9775-49EF-A582-1D2926C18430.jpeg
サンタとトナカイさんが♬
posted by koinu at 14:03| 東京 ☀| 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

クラプトン初のクリスマス・アルバム

音楽と人生のブルースを纏った至高のクリスマス・アルバム。
Eric Clapton / White Christmas

ディランのクリスマス・アルバムが近年の“アメリカン・スタンダード”への傾倒ならば、クラプトンのクリスマス・アルバムは、“ブルース”の一つの帰結を示す。
Eric Clapton / Christmas Tears

「ヴォーカルの間にどうやってブルースの演奏を取り入れていくかを試していたんだ。そこからそれを突き詰めていって、アルバムの中でも一番よく知られている《Have Yourself A Merry Little Christmas》が基礎となるスタイルのひとつになった」
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陛下のお言葉

(陛下)この1年を振り返るとき、例年にも増して多かった災害のことは忘れられません。集中豪雨、地震、そして台風などによって多くの人の命が落とされ、また、それまでの生活の基盤を失いました。新聞やテレビを通して災害の様子を知り、また、後日幾つかの被災地を訪れて災害の状況を実際に見ましたが、自然の力は想像を絶するものでした。命を失った人々に追悼の意を表するとともに、被害を受けた人々が1日も早く元の生活を取り戻せるよう願っています。

ちなみに私が初めて被災地を訪問したのは、昭和34年(1959年)、昭和天皇の名代として、伊勢湾台風の被害を受けた地域を訪れた時のことでした。

今年も暮れようとしており、来年春の私の譲位の日も近づいてきています。

https://youtu.be/u-9vHe4UFgc

私は即位以来、日本国憲法の下で象徴と位置付けられた天皇の望ましい在り方を求めながらその務めを行い、今日までを過ごしてきました。譲位の日を迎えるまで、引き続きその在り方を求めながら、日々の務めを行っていきたいと思います。

(陛下)第2次世界大戦後の国際社会は、東西の冷戦構造の下にありましたが、平成元年(89年)の秋にベルリンの壁が崩れ、冷戦は終焉(しゅうえん)を迎え、これからの国際社会は平和な時を迎えるのではないかと希望を持ちました。しかしその後の世界の動きは、必ずしも望んだ方向には進みませんでした。世界各地で民族紛争や宗教による対立が発生し、また、テロにより多くの犠牲者が生まれ、さらには、多数の難民が苦難の日々を送っていることに、心が痛みます。

以上のような世界情勢の中で日本は戦後の道のりを歩んできました。終戦を11歳で迎え、昭和27年(52年)、18歳の時に成年式、次いで立太子礼を挙げました。その年にサンフランシスコ平和条約が発効し、日本は国際社会への復帰を遂げ、次々と我が国に着任する各国大公使を迎えたことを覚えています。そしてその翌年、英国のエリザベス2世女王陛下の戴冠式に参列し、その前後、半年余りにわたり諸外国を訪問しました。

それから65年の歳月が流れ、国民皆の努力によって、我が国は国際社会の中で一歩一歩と歩みを進め、平和と繁栄を築いてきました。昭和28年(53年)に奄美群島の復帰が、昭和43年(68年)に小笠原諸島の復帰が、そして昭和47年(72年)に沖縄の復帰が成し遂げられました。沖縄は、先の大戦を含め実に長い苦難の歴史をたどってきました。皇太子時代を含め、私は皇后と共に11回訪問を重ね、その歴史や文化を理解するよう努めてきました。沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません。

そうした中で平成の時代に入り、戦後50年、60年、70年の節目の年を迎えました。先の大戦で多くの人命が失われ、また、我が国の戦後の平和と繁栄が、このような多くの犠牲と国民のたゆみない努力によって築かれたものであることを忘れず、戦後生まれの人々にもこのことを正しく伝えていくことが大切であると思ってきました。平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています。

そして、戦後60年にサイパン島を、戦後70年にパラオのペリリュー島を、さらにその翌年フィリピンのカリラヤを慰霊のため訪問したことは忘れられません。皇后と私の訪問を温かく受け入れてくれた各国に感謝します。


(陛下)次に心に残るのは災害のことです。平成3年(91年)の雲仙・普賢岳の噴火、平成5年(93年)の北海道南西沖地震と奥尻島の津波被害に始まり、平成7年(95年)の阪神・淡路大震災、平成23年(11年)の東日本大震災など数多くの災害が起こり、多くの人命が失われ、数知れぬ人々が被害を受けたことに言葉に尽くせぬ悲しみを覚えます。ただ、その中で、人々の間にボランティア活動をはじめ様々な助け合いの気持ちが育まれ、防災に対する意識と対応が高まってきたことには勇気づけられます。また、災害が発生した時に規律正しく対応する人々の姿には、いつも心を打たれています。

障害者をはじめ困難を抱えている人に心を寄せていくことも、私どもの大切な務めと思い、過ごしてきました。障害者のスポーツは、ヨーロッパでリハビリテーションのために始まったものでしたが、それを越えて、障害者自身がスポーツを楽しみ、さらに、それを見る人も楽しむスポーツとなることを私どもは願ってきました。パラリンピックを始め、国内で毎年行われる全国障害者スポーツ大会を、皆が楽しんでいることを感慨深く思います。

(陛下)今年、我が国から海外への移住が始まって150年を迎えました。この間、多くの日本人は、赴いた地の人々の助けを受けながら努力を重ね、その社会の一員として活躍するようになりました。こうした日系の人たちの努力を思いながら、各国を訪れた際には、できる限り会う機会を持ってきました。そして近年、多くの外国人が我が国で働くようになりました。私どもがフィリピンやベトナムを訪問した際も、将来日本で職業に就くことを目指してその準備に励んでいる人たちと会いました。日系の人たちが各国で助けを受けながら、それぞれの社会の一員として活躍していることに思いを致しつつ、各国から我が国に来て仕事をする人々を、社会の一員として私ども皆が温かく迎えることができるよう願っています。また、外国からの訪問者も年々増えています。この訪問者が我が国を自らの目で見て理解を深め、各国との親善友好関係が進むことを願っています。

(陛下)明年4月に結婚60年を迎えます。結婚以来皇后は、常に私と歩みを共にし、私の考えを理解し、私の立場と務めを支えてきてくれました。また、昭和天皇をはじめ私とつながる人々を大切にし、愛情深く3人の子供を育てました。振り返れば、私は成年皇族として人生の旅を歩み始めて程なく、現在の皇后と出会い、深い信頼の下、同伴を求め、爾来(じらい)この伴侶と共に、これまでの旅を続けてきました。天皇としての旅を終えようとしている今、私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに、自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労いたく思います。

そして、来年春に私は譲位し、新しい時代が始まります。多くの関係者がこのための準備に当たってくれていることに感謝しています。新しい時代において、天皇となる皇太子とそれを支える秋篠宮は共に多くの経験を積み重ねてきており、皇室の伝統を引き継ぎながら、日々変わりゆく社会に応じつつ道を歩んでいくことと思います。

今年もあと僅かとなりました。国民の皆が良い年となるよう願っています。

http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/25

posted by koinu at 12:00| 東京 ☀| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

ジョン・レジェンドの心温まるクリスマス・ソング

「ホワット・クリスマス・ミーンズ・トゥ・ミー」(スティーヴィー・ワンダー参加)や、スヌーピーの名クリスマス曲「クリスマス・タイム・イズ・ヒア」、「ザ・クリスマス・ソング」などが、ジョン・レジェンドの優しく深みのあるヴォーカルで、心温まるクリスマス・ソングに生まれ変わる。オリジナル6曲も収録。





ジョン・レジェンド『A Legendary Christmas』の収録曲。

What Christmas Means to Me (feat. スティーヴィー・ワンダー:ハーモニカ)
Silver Bells
Have Yourself a Merry Little Christmas (featエスペランサ・スポルディング.)
No Place Like Home
Bring Me Love
Merry Christmas Baby / Give Love on Christmas Day
Christmas Time Is Here
Waiting for Christmas
Purple Snowflakes
The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)
Please Come Home for Christmas
Wrap Me Up in Your Love
By Christmas Eve
Merry Merry Christmas




posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

「駆けだし作家の心得」チェーホフ

一 素人作家、日曜作家のほうが職業作家よりましだということを覚えておくべきだろう。詩を書く車掌は、車掌でない詩人よりもましな生活をしているものだ。


二 文壇で失敗するほうが、成功するよりも千倍もいいということも、肝に銘じておかなければならない。失敗しても幻滅を味わい、「郵便箱」で酷評されるくらいが落ちだが、成功すれば、原稿料受けとりのうんざりするようなお百度参りや、いつ金になるかわからなぬような空手形や、「あとの馬鹿さわぎ」や、新たな試練などがまちうけている。

三 「芸術のための芸術」作品は、卑しい金属のための芸術よりも有益だ。物書きは家を買わず、一等車に乗らず、ルーレット遊びをせず、ちょうざめのスープを飲まない。彼らは霞を食って生きて行く。家具つきの貸間に住み、どこへ行くにもテクシーだ。


四 詩人の継ぎのあたった服こそは勲章で、文学的名声は、『外来語三万語辞典』に『リテラートル』(文学者)という語の由来を書きおとしているような国でこそ考えられよう。


五 物を書こうとすることは、肩書き、宗教、年齢、性別、教育程度、家庭状況にかかわり泣く誰にでも許されている。狂人だろうと、アマチュア演劇家だろうと、いっさいの権利の喪失者だろうと書くことはきんじられていない。とはいえパルナスへ登ろうとするには、練達の士で、文章の心得のあるもののほうが望ましい。

六 また彼らはなるべく士官学校生徒でなく中学生でないほうがいい。


七 およそ物を書こうとするほどの人なら、ごく普通の知能のほかに、独自の経験を持っていなければならないことは言うまでもない。最高の原稿料を受けとれるのは、世の辛酸をなめた人間せ、最低のそれは、清純無垢な人間である。

前の場合にあてはまるのは、三度を妻をめとり、自殺未遂をし、バクチですっからかんになり、決闘したり、首がまわら泣くなって夜逃げしたりした者だ。後の場合は、借金のない者、幸福な花むこ、酒飲みでない男、うぶな娘などである。

八 もとより作家になるのはきわめて簡単だ。割れ鍋で綴じ蓋の見つからぬような人間はいないし、たわごとでそれにふさわしい読者のようなものもなかろう。だから、ちっとも怖気づくには及ばない・・・・。ともかく紙きれを前にひろげて、むんずとペンを握りしめ、頭に浮かんだ考えを突きまわして、一気呵成に書きさえすればいい。「書きたいことを書くのだー李」だろうと、天候だろうと、ゴヴォローヴォのクワスだろうと、太平洋だろうと、時計の針だろうと、去年の雪だろうと、なんだってかまわない・・・・。書き上げたら原稿をひっつかみ、血管に神聖なときめきを覚えながら、編集部へ一目散。玄関口でオーヴァーシューズをぬいで、たずねるー「編集長さんはこちらでしょうか」。それから聖堂へおずおずとはいって、希望に胸をふくらませ、自作をだす・・・・。そのあと一週間は、わが家のソファにふんぞりかえって、天井に唾をとばし、あれこれ空想しながらみずからを慰め、一週間たったら編集部へ出頭して原稿を返してもらう。あとは、つぎからつぎへとあらゆる編集部へのお百度参りだ・・・・。編集部をあらかた尋ねおわっても、どこでも採用されないとなれば、あとはし方がない。自費出版だ。読者はきっといるだろう。


九 活字になって読まれる作家になるのはすこぶるむずかしい。そのためには、きちんと読み書きができなくてはならず、芥子つぶほどのものだろうと才能がなくてはならない。文句なしの才能がなければ前途は多難だ。


十 実直であれ。盗作をするな、原稿を二重売りするな、自分は詩人のクローチキンだと言ったりしてはならない。その他、総じて十戒を忘れぬこと。


十一 出版界にも礼節というものがある。ここでも実生活同様、人の痛いところを突いたり、自分のでないハンカチで鼻をかんだり、他人の皿に五本の指を突っこんだりすることはおすすめできない。


十二 もしも物が書きたければ、こういうふうにしたまえ。まずテーマを選ぶ。なにを書くかは君の完全な裁量にまかされている。なにひとつ気がねをするには及ばず、一存でかまわない。とはいえ、二度目のアメリカを発見したり、またもや火薬を発明したりしないこと、とりわけ古いテーマは避けるに越したことはない。

十三 テーマが決まったら、錆びてないペンを握って、なぐり書きでない、わかりやすい文字で、紙の裏面は残して表だけに、書きたいことを書く。裏面に手をつけないことは、製紙業者の儲けをふやすためというよりは、高度の配慮からも望ましい。

十四 空想は何ものにも捕らわれず、ただし書く手は抑制気味にする。手に原稿枚数を追わせてはならない。

書きちらさずに、簡潔に、のべつ幕なしで書けば書くほど、採用される率は大きくなる。総じて簡潔は仕事を損なうものではない。消しゴムを引き伸ばしたからといって、ふつうの消しゴムよりよく消せるわけではない。


十五 書き上げたら署名すること。有名になりたくなければ、ペンネームを使う。ただし忘れてならないことは読者の眼はくらませても、本名とアドレスは編集部に通知しておかなければならない。編集長が年賀状を送りたいときに迷惑するだろうから。


十六 原稿料は発表時にうけとること。前借は避けたい。前借ーそれは、未来を食うことだ。

十七 原稿料を受けとったら、それで好き勝手なことをしたまえ。汽船を買い入れようが、沼地を干拓しようが、写真を撮ろうが、フィンランドの鐘を注文しようが、女房のペチコートを三倍にふやそが・・・・要するに、なんでもしたい放題だ。編集部は原稿料の支払いとともに、完全な行動の自由を与えてくれる。もっとも、筆者が、原稿料をどこかへ、どんなふうに使ったかの勘定書きを届けたいと望むなら、編集部も拒絶したりはしまい。


十八 締めくくりとして、この「心得」の冒頭の何行かをくりかえし読み返すこと。


(ユーモア雑誌『目覚まし時計』一八八五年第十二号 検閲許可三月二十日)


「駆けだし作家の心得」序文

生まれたばかりのどの赤ん坊にも、せっせと産湯をつかわせ、最初のさまざまな印象から人心地のついたころあいを見はからって、こう言いきかせながらこっぴどくぶちのめさなければならないー

「書くんじゃないぞ!書くんじゃないぞ! 作家になんかなるももんじゃないぞ!」

だがそんな体罰を物ともせず、その赤ん坊が作家の片鱗をしめそうものなら、仕方がない、かわいがってやるか。それでも効き目がなかったら、そんな赤ん坊には見切りをつけて、「いやもうお手あげだ」と言ってやるだけだ。作家熱なんてものは手のつけようのない病気なのだから。

 物を書く人間のたどる道には荊と棘がばらまかれている。およそまともな頭の持ち主なら、どうしたって作家稼業から身を避けようとするだろう。もしも、どれほど作家になるなと言われても、避けがたい宿命によって物書きの道のに踏み迷う者がいれば、そういう不幸な人間がおのれの運命をいくらかでも軽減するために、次のような心得を守るほうがいいだろう。


チェーホフ

Chekhov Anton Pavlovich

[生]1860.1.29. タガンロク

[没]1904.7.15. バーデンバイラー

ロシアの小説家,劇作家。幼少の頃から生活のきびしさを体験,モスクワ大学医学部に入学すると一家の生計を立てるため風刺雑誌に機知とユーモアに富む作品を書き,新進作家としての地位を確立。 23歳から結核に苦しみながら,ユーモア短編から中編,戯曲などに創作領域を拡大し,中期以降は社会問題を重要なテーマとして『曠野』 Step' (1888) ,『退屈な話』などの中編で新境地を開いた。短編には『六号室』『サハリン島』や晩年の『可愛い女』など珠玉の名作がある。また四大戯曲『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』はロシア演劇史上不滅の名作である。日本でも大正期以来たびたび上演されている。


【ブリタニカ】

posted by koinu at 21:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

猿でも分かるThe Black Eyed Peas

The Black Eyed Peas / Yes or No 
ブラック・アイド・ピーズはグラミー賞を6度受賞した米国のヒップホップ・グループ。日本でのキャッチフレーズは「猿でも分かる〇〇」。

posted by koinu at 20:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

唯一無二のギタリスト=トム・モレロ、初ソロ名義アルバム


「VIGILANTE NOCTURNO FEAT.CARL RESTIVO」TOM MORELLO

唯一無二のギタリスト=トム・モレロ、初ソロ名義アルバム

「HOW LONG FEAT.STEVE AOKI & TIM MCLLRATH」TOM MORELLO

「LEAD POISONING FEAT.GZA,RZA & HEROBUST」TOM MORELLO

posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

英国で発表された歴代全英アルバムチャート2018

一位は『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』なのは英国らしい。

2位にランクインしたのがアデルの『21』、3位がオアシスの『モーニング・グローリー』、4位にピンク・フロイドの『狂気』、5位にマイケル・ジャクソンの『スリラー』などイギリスでも大ヒットしたアルバム。

英国で発表された歴代(オールタイム)全英アルバムチャート。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

キース・リチャーズが酒をやめた。

キース・リチャーズはアルコールとの付き合い方について語っていた。

「Rolling Stone」インタビュー記事より

「(酒をやめて)1年になるな。もう止めた。うんざりなんだよ。たまにワイン1杯とか、ビール1本程度だね。止め時だったんだ。

(中略)飲まないという以外、何も違いを感じないね。しっくり来てなかったし、俺は十分飲んだ。もう飲みたくなかったんだよ。」


酒を止めて8年以上が経っているロン・ウッドが、アルコールを断ったキースについて語っている。


「一緒に仕事をしていて楽しいよ。以前よりだいぶ穏やかになったね。以前は〔これを言ったらひどいことを言われるかも〕って歯を食いしばったりしたもんだけど、今の彼はいろんなアイデアに対してオープンなんだ。〔それ面白いな〕って感じでさ。


もう立ち行かなくなってたんだ。かつて我々が知り愛していたキースには、あと1杯飲んだら限界を超えて厄介になるという分岐点があった。その分岐点に達するまでの時間が、どんどん短くなっていて、そのことに彼も気づいたんだよ。」

2019年に「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」の日本開催を控えるザ・ローリング・ストーンズ。彼等のライブ演奏がまた楽しみですね。



posted by koinu at 12:28| 東京 ☔| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

映画『葡萄畑に帰ろう』

「凡ゆるものに価値を与える、葡萄酒で乾杯しよう!」
世界最古のワイン発祥の地ジョージア大らかなユーモアで虚言に満ちた権力社会を風刺し故郷への愛を謳う人生賛歌『葡萄畑に帰ろう』。
監督:エルダル・シェンゲラヤ
出演:ニカ・タヴァゼ、ニネリ・チャンクヴェタゼほか

映画『葡萄畑に帰ろう』
岩波ホール12/15(土)〜公開。


posted by koinu at 11:30| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

Jon Spencer 初ソロ・アルバム

THE JON SPENCER BLUES EXPLOSIONのリーダーが
初のソロ作品『Spencer Sings The Hits』 リリース。

来日公演は2月20日 恵比寿LIQUIDROOM、2月21日 梅田 Shangri-Laにて開催。

『Spencer Sings The Hits』
1. Do The Trash Can
2. Fake
3. Overload
4. Time 2 Be Bad
5. Ghost
6. Beatle Boots
7. Hornet
8. Wilderness
9. Love Handle
10. I Got The Hits
11. Alien Humidity
12. Cape

posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする