2018年10月28日

『ネット上の人間関係についての簡単な調査』The1975

今回初めてマシュー・ヒーリーとジョージ・ダニエルで、完全なセルフプロデュース体制からアルバムを完成。
本年度後期の傑作として話題沸騰中も頷ける、多彩な折衷的15曲59分の内容です。
The1975はビートニク詩人のアレン・ギンズバーグについて記した、小説最終ページに遺書のように殴り書きされていた「1975年6月1日」からのバンド名称らしい。底無し世界から這い上がった、彼等の名作アルバムとなっている。


『ネット上の人間関係についての簡単な調査』

各紙アルバム絶賛。
posted by koinu at 21:00| 東京 ☁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『白州の瀧』溝口健二T he Water Magician (1933)

溝口健二はサイレント時代に風格を示し新派狂言を映画化したのが多い。
泉鏡花の小説『義血侠血』をモチーフにした新派劇。


惚れた男のため生涯を犠牲にした女が、殺人を犯した挙句、検事に出世した男によって裁かれつつ、男の出世した姿を喜びながら自殺する。
白糸を演じた入江たか子が、なかなかすごい印象を与える演出されている。溝口監督は女性の特異な支線を貫いて描いた。

脚本なしに撮影強行された現場の声。
「第一ね、昼の休みっていう時にね、一人もスタジオの外へ出ない、入江なども全然出ないですよ、岡田は具合が悪いから、ステージの中に寝台持ってきてあるんだ。寝台で休んでね、病、相当悪くなりかかっていたからね。この熱気というものが、わからんわけがない、皆わかっている。皆にわかってることは、僕に反映するよ。こうしてま、出来ましたよ。これは古今未曾有のできでしたなあ」と製作者の渾大防五郎は語っている(『ある映画監督の生涯』)。
posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

木々と空と

C718E84D-FE0E-4C19-9B88-0DBEFCE56A62.jpeg
posted by koinu at 14:56| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

死ねまでに観たい昭和邦画の傑作

日本映画ベスト10

『雨月物語溝口健二☆

『羅生門』黒澤明

『東京物語』小津安二郎☆

『浮雲』成瀬己喜男

『心中天網島』篠田正浩

『おとし穴』勅使河原 宏

『おとうと』市川崑

『ツゴイネル・ワイゼン』鈴木清順

『 丹下左膳余話・百万両の壷』 山中貞雄☆

『幕末太陽傳』川島雄三


カメラマンの宮川一夫さんが舞台と撮影と現像まで、

追及された軌跡も浮かぶ邦画名作。図書館や格安DVDで鑑賞できる作品が多い。

posted by koinu at 16:00| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

山中智恵子『喝食天』

山中智恵子の全歌集の下巻にある第10歌集『喝食天』(1988)。作者の年齢六十代前半、782首が収められた歌集『星醒記』『星肆』『神末』にわたって夫の挽歌を詠い、次の『喝食天』では自身からの意志的な物語の情熱が激しく噴出させている。



〈青とはなにか〉この問のため失ひし半身と思ふ空の深みに 

一寸の青をもとめて行きたりし遠からずわが青に死なむを


寂寥を蜜蜂の巣にかへせとぞ巣を編むものの叫びゆきたり 

見ることは問ふことなれば秋の野の一輪の花流れゆくはや 


鳥問ひつめる眸のごとくありにしをジャコメッティとなづけしひとや

樹液こそにあふれ泪なすとクレーはいひきこの春の夜の夢


言葉は物より旅立ちゆくかふと秋のふかまるときの感情にして

物が意味の形をとりて歌となるひびきのごとき秋に在りたり


山中智恵子『喝食天』より



山中 智恵子(やまなか ちえこ、1925年5月4日 - 2006年3月9日)

歌人。愛知県名古屋市出身。三重県鈴鹿市に居住した。京都女子専門学校(現・京都女子大学)卒業。21歳のとき「日本歌人」に入会し、前川佐美雄 に師事。深い古典教養と幻想性を混交させた作風から「現代の巫女」とも評された。女流における前衛歌人の代表的存在である。斎宮の研究でも知られる。


1956年、第1回日本歌人賞を受賞。1978年、『青章』で第3回現代短歌女流賞を受賞。1984年、「星物語」(歌集『星醒記』に収録)で第20回短歌研究賞を受賞。1985年、『星肆』で第19回迢空賞を受賞。2005年、『玲瓏之記』で第3回前川佐美雄賞を受賞。


posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

山中智恵子 秀歌

水原紫苑選3首


わが生みて渡れる鳥と思ふまで昼澄みゆきぬ訪ひがたきかも     『紡錘』


青空の井戸よわが汲む夕あかり行く方を思へただ思へとや     『みずかありなむ』


星空のはてより木の葉降りしきり夢にも人の立ちつくすかな     『青草』


雑誌「短歌研究」平成十八年六月号より


posted by koinu at 09:29| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

ジミー・ペイジ27歳に描いた石造建築での音楽プラン

レッド・ツェッペリン4枚目アルバムのレコーディングに突入した、1971年1月9日にジミー・ペイジは27歳の誕生日を迎える。
デビューから3年間に3枚アルバムを連続でヒットチャートにさせて、世界中のコンサートで興行記録を塗り替えた。
更にそれを凌ぐアルバムを創作したいと、彼は考えていた。
posted by koinu at 15:00| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

Babe I'm Gonna Leave You (Anne Bredon, arr., Page, Plant)

ジョーン・バエズがコンサートで歌ったフォークソング。

https://youtu.be/GrzxyWoq8y4

この曲をトラディショナルと勘違いして、レッド・ツェッペリンのアルバムではクレジットも古歌扱いしてた。

1980年代には 女性歌手Anne Bredon アン・ブレドンの作品だったことがわかって、1990年リマスターズ以降は彼女の名がクレジットされた。

https://youtu.be/CgQd-O1AWss

ロバート・プラントの圧倒的なVocalとジョン・ボーナムの重厚なdrumsの響き。

そしてジミー・ペイジの繊細なるアコースティックギターで最後まで緊張感あふれる曲展開。

これが一発録りという驚きの演奏、感覚が鋭い二十代前半でやるべき音楽世界。

posted by koinu at 14:00| 東京 🌁| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

天地下水

9936A7F1-7245-421C-A261-5AC18CAC15EA.jpeg
自然界の四要素を観測した。
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

福を呼ぶ猫

82351E32-88D0-4367-8C29-ECF169187543.jpeg
化け猫の登場か、
それとも福をおいでと呼ぶのか?
posted by koinu at 13:00| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

you me at six『VI』

you me at six   back again 
https://youtu.be/lrELmjpktYE

you me at six『VI』
[Sony Music Japan International]
1. Fast Forward
2. Straight To My Head
3. Back Again
4. Miracle In The Mourning
5. 3AM
6. I O U
7. Pray For Me
8. Predictable
9. Danger
10. Losing You
11. Back Again(Acoustic Ver.) ※ボーナス・トラック
12. Fast Forward(Acoustic Ver.) ※ボーナス・トラック
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白石かずこ心象世界

現実を描写するよりも、心象を言葉にして詩の世界が作られている。白石かずこ初期の作品はシュールレアリズムとビート詩の融合である。


「卵のふる街」 白石かずこ


青いレタスの淵で休んでると

卵がふってくる

安いの 高いの 固いたまごから ゆで卵まで

赤ん坊もふってくる

少年もふってくる

鼠も英雄も猿も キリギリスまで

街の教会の上や遊園地にふってきた


わたしは両手で受けていたのに

悲しみみたいにさらさらと抜けてゆき

こっけいなシルクハットが

高層建築の頭を劇的にした

植物の冷たい血管に卵はふってくる

何のために?


〈わたしは知らない 知らない 知らない〉

これはこの街の新聞の社説です



白石 かずこ(1931年2月27日 カナダ生まれ )詩人 翻訳家。バンクーバーから上京して、10代後半に北園克衛「VOU(バウ)」参加。昭和26年詩集「卵のふる街」、アメリカのビート詩やジャズの影響をうけて詩作する。46年「聖なる淫者の季節」でH氏賞。58年「砂族」で藤村記念歴程賞。平成9年「現れるものたちをして」で読売文学賞と高見順賞。「詩の風景・詩人の肖像」で読売文学賞随筆・紀行賞。


「今日のユリシーズ」。三十年前にある亡命詩人と出逢い、書かれた詩「中国のユリシーズ」は改題され、詩人の声をとおして蘇る。
posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

Bury Tomorrow ブラックフレイム

 声二つのコンビネーションが特徴で、それがタイトに表現されている。メタルコアの分かりやすい、アドレナリン満載。


今作はNuclear Blast からMusic For Nationsにレーベルを移籍して初となる作品。

https://youtu.be/Yjb8byK8bCg


Bury Tomorrow / Adrenaline

https://youtu.be/I-QQ2G__LsU


軸のブレない安定のクオリティ。

https://youtu.be/2I7vBTsa5vo



Big Red Machine 

ボン・イヴェールことジャスティン・ヴァーノンとザ・ナショナルのアーロン・デスナーによるプロジェクト。それぞれの持っている音楽性が合体して、期待通りの音が鳴っている。聞き手に対する誠実さとエンターティンメントとしての健全さがこの作品にはあって、そこが素晴らしい。

posted by koinu at 08:01| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル。

今期秋アニメ番組では抜群なユーモア感覚以上なものが、異常にあふれているサンライズ制作久々の怪新作。
https://youtu.be/zj8CeFZJJc0

飄々とした掴みどころのないベテラン刑事と、やる気だけが空回りする新米刑事の型破りな二人の刑事の物語が絶対に有りがちな展開をしない。

「この状況、俺がずっと待ち望んでいたシチュエーションじゃねーか!」

監督:古田丈司 / シリーズ構成・脚本:鈴木智尋 / 脚本:吉田恵里香 / メインキャラクターデザイン:桂正和 / アニメーションキャラクターデザイン:板垣徳宏 / デザインワークス:小曽根正美 / コンセプトデザイン:兒玉陽平、安藤賢司 / セットデザイン:宮本 崇 / シリーズディレクター:安藤良 / 色彩設計:永井留美子 / 美術監督:水野雄介 / 美術監修:東潤一 / CGディレクター:伊藤樹 / CGモデリングチーフ:高橋将太郎、櫛田健介 / 撮影監督:後藤春陽 / 編集:西村英一(タバック) / 音響監督:木村絵理子 / 音響効果:中野勝博 / 選曲:合田麻衣子 / 音楽:林ゆうき / プロデューサー:田村一彦 / 企画・制作:サンライズ

キャスト
ダグ(ダグラス・ビリンガム):三上哲 / キリル(キリル・ヴルーベリ):天崎滉平 / ディーナ(ディーナ・デル・リオ):早見沙織 / ケイ(キャサリンロシュフォール):安済知佳 / マックス(マキシーン・シルヴァーストーン):大地葉 / ユリ(ユリ・フジシロ):種崎敦美 / トラヴィス(トラヴィス・マーフィー):小山力也 / ソフィー(ソフィー・ゲンズブール):遠藤綾 / アップル(アップル・ビーバー):永塚拓馬

posted by koinu at 09:37| 東京 🌁| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

母親から離脱する秘訣

七角形を描くのが困難な訳。
360を7で割る51.428571428571429…と続く無限小数になってしまう。
これが分度器とコンパスでは、七角形は表現ができない。手書きの筆記用具では描きにくい原因となっている。
8C37B8E1-3CB5-41FD-AC01-5E755E9F55A8.jpeg
しかし考えかたを変えてみると、母親から離脱する秘訣は無数に存在する。支配することから視点を変えてみるとわかる!

困難を乗り越えて得た勝利。もたらされた自信と力。前進。積極性。援助。そして征服、暴力、横暴、無慈悲。他人への配慮の無さ、権利の無視。敗北へとつながっていく。
FA0970F5-9495-4829-B927-38B5E87AF2B8.jpeg
posted by koinu at 13:00| 東京 ☔| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

「天国の階段」←「牡牛座(taurus)」類似裁判が再燃。

レッド・ツェッペリン代表曲“Stairway to Heaven”の著作権を巡り、裁判のやり直しが命じられた。9月28日に第9巡回控訴裁判所がバンド側が勝利した、一審の判決を一部無効と裁判のやり直しを命じた。

「牡牛座(トーラス)」

https://youtu.be/xd8AVbwB_6E


1960年代後半にスピリットの“Taurus”を作曲して、亡ソングライターのランディ・ウルフ(ランディ・カリフォルニア)の管財人マイケル・スキッドモアが起こした。


2016年6月に曲の類似性についてスピリットのメンバーや音楽学者と他の証人とレッド・ツェッペリンのメンバーのジミー・ペイジとロバート・プラントが証言に立った。ツェッペリン側が勝訴して、際陪審員たちは著作権で“Taurus”を聴くことができなかった。


https://merurido.jp/magazine.php?magid=00012&msgid=00012-1466849166


《SPIRIT スピリット》
ジミ・ヘンドリックスが渡英に同行してほしいと誘ったギタリストのランディ・カリフォルニアが結成した5人組のデビュー作。ブルース、ジャズ、フォーク、ロックを融合させた革新的なニュー・ロックサウンドは“アメリカ版ピンク・フロイド"とも称された。

01Fresh-Garbage

02Uncle Jack

03Mechanical World

04Taurus

05Girl In Your Eye

06Straight Arrow

07Topanga Windows

08Gramophone Man

09Water Woman

10The Great Canyon Fire In General

11Elijah

12Veruska[Bonus Tracks]

13Free Spirit[Bonus Tracks]

14If I Had a Woman[Bonus Tracks]

15Elijah [Alternate Take #2][Bonus Tracks]



posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする