2018年09月28日

『ユビュ王』(仏: Ubu Roi) アルフレッド・ジャリの1888年の戯曲。

不条理演劇に重大な影響を与えた。悪意に満ちた卑劣なユビュ親爺についての演劇。ユビュ親爺が王位を簒奪してやりたい放題の限りを尽くすが追放され、諸国を放浪するという不条理に満ちた物語である。

1896年12月9日、パリで初演された。

演出:リュネ・ポー

舞台装置:ピエール・ボナール(ロートレックらも舞台装置に協力した)

音楽:クロード・テラス(ボナールの義弟)

ユビュ王の第一声「くそったれ!」で始まり、辛辣で卑猥な台詞が続く芝居に客席は騒然となり、大スキャンダルを巻き起こした。この公演によってジャリの名声は高まり、ボナールが飼い犬に「ユビュ」、ステファヌ・マラルメが飼い猫に「ムッシュー・ルビュ」、「マダム・ルビュ」と名付けるなど、「ユビュ」は一種の社会現象となった。

アルフレッド・ジャリ『ユビュ王』  演出・美術:串田和美

 道化の王様になりたい。

 うんこたれの王様になりたい。

 それには本物の王様を殺さなきゃ

 金紙の王冠をかむりたい。

 それには大勢の貴族どもを殺さなきゃ


 心痺れるガラクタ音楽、サーカスミュージック、ブンチャカ。

   転げる道化、のんきに笑う。

☆ 母親から離脱できない馬鹿男の話

ユビュ親父はユビュおっ母にそそのかされ、軍の大尉とともにポーランド王を暗殺して、まんまと自らが王位に就く。            

王になったユビュ親父は、ユビュおっ母の忠告に耳を貸さず、私腹を肥やそうとやりたい放題の限りをつくし、腹心の大尉さえも裏切る。  

そんな中、殺されたポーランド王の息子である王子はユビュ親父への復讐に燃え、一方ではユビュ親父に裏切られた大尉が王子のいとこであるロシア皇帝の元へ逃げ・・・。

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

去る者は追わず

55368A71-3D8D-4355-AAC7-9159AA8DFF01.jpeg
犬猿の仲となるイヌ🐕の立場から。
posted by koinu at 20:00| 東京 ☁| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

これは美しい日だ。

543DAAEC-7E4C-46A8-9BFF-86D914FB7708.jpeg
スカッと抜けの良い青空が、
いっぱい広がっていた。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

TheLemon Twigsミュージカルアルバム『Go To School』

バロック・ポップの金字塔The Lemon Twigsからミュージカル『Go To School』完成。
ピュアなハートで人間の男の子として、育てられたチンパンジーのシェーンが綴った、胸が張り裂ける成長物語。

登場人物として実母でシェーンの母親役スーザン・ホール、父親役としてトッド・ラングレンがヴォーカルゲスト参加。その他ジョディ・スティーヴンスや、彼らの実父でロニー・ダダリオらが参加している。
音楽的には鳴り物入りのポップアルバムとなっている反面、ヘビーで現代的な歌詞内容の歌という組み合わせが傑作たらしめている。

ダダリオ兄弟「いくつもある人生の障害に疲弊し始めた時、小さなことがあるから頑張っていこうと思える。ボーリングでパーフェクトを出した時。グラスが床に落ちる前にキャッチできた時。時間ギリギリで電車に間に合った時。何の保証もないけれど、小さな勝利はいつだって頼りになる。」
「ザ・レモン・ツイッグス(The Lemon Twigs)」セカンドアルバム『Go To School』

posted by koinu at 22:10| 東京 ☁| 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

THIRD EAR BAND (サード・イアー・バンド/UK) - Abelard and Heloise アベラール&エロイーズ

1.アベラール&エロイーズ Pt.1
2.アベラール&エロイーズ Pt.2
3.アベラール&エロイーズ Pt.3
4.アベラール&エロイーズ Pt.4
5.アベラール&エロイーズ Pt.5
6.アベラール&エロイーズ Pt.6


 70年7月ミュンヘン・テレビアニメーション映画「アベラール&エロイーズ」のサウンドトラックとして制作された。
メンバーはセカンドと同じで、作品としてはリリースされず、97年に初めてリリースされ99年にヴォイスプリントから「アベラール&エロイーズ」のタイトルで、01年にムーンクレストからもベスト盤の一部としてリリースされたが廃盤となっている。
 「アベラール&エロイーズ」は、11〜12世紀のフランス人スコラ哲学者・神学者だったピエール・アベラールと、アベラールが家庭教師をした美しい尼僧エロイーズ・フーベルトとの悲劇的な恋の物語。

Glen Sweeney(per)
Paul Minns(oboe)
Richard Coff(vln,vla)
Ursula Smith(cello)
Producerd by No Credit

「パート1」の後半部や「パート2」では動きのあるパートには古楽的なトラッドの香りが強く、「パート1」の前半部や「パート6」などでは古楽的な現代音楽の響きがが漂う。古楽的な中世の暗さと無気味さとともに、雰囲気十分で演奏も高い好盤。

Abelard and Heloise ('70 Recordings / BOOK+CD:Sonic Book 1997 Italy / CD:Voiceprint 1999 UK(廃盤) / CD:Monncrest 2001 UK(廃盤)) 






posted by koinu at 09:41| 東京 ☁| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

安保 徹「免疫力を高める」

免疫力を左右する食事 

 「体の中で最大の免疫器官は腸管です。食べものに付着して入る侵入者の安全性を識別するため、リンパ球の6〜7割が集まり免疫システムの7割は腸の粘膜に集中しています。

腸管が行う消化、吸収、排泄作用は副交感神経の支配下にあり、食事は副交感神経を優位にします。 


食物繊維の豊富な野菜、海藻、きのこ類は消化吸収に時間がかかるので性格を穏やかにする力を持っています。漬物、味噌、ヨーグルトなどの発酵食品は腸内細菌のバランスを整えます。酢やレモンなどの酸味の強い物、苦味の強い物をとると排泄しようとして副交感神経反射を促すので免疫力を高めます。」


安保 徹「免疫力を高める」より

https://www.yotuba.gr.jp/y_tsushin/2013/1311/07.htm



<免疫力とは>

・カラダに侵入した細菌やウイルスを撃退する力

・体内に発生した異常な細胞をやっつける力    


つまり本来生まれながらに持っている“自分で自分のカラダを治す力”のことです。

「免疫力の強い人」は風邪もひきにくく、ケガをしても治りが早い。「免疫力の弱い人」は病気にかかりやすく、風邪をひいたら長引きがち・・・。免疫力を高めておくことは、健康で長生きするためにとても大切なことです。

posted by koinu at 11:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『今日は一日“クイーン”三昧』

2018年11月11日(日)12:15〜22:00にNHK-FM放送

ROLLY 出演 /映画ボヘミアン・ラプソディ観たての感想を。クイーン初心者代表・須田亜香里(SKE48) 日本3大フレディ大座談会出演:フレディ・エトウ(Queeness) /フレディ波多江(GUEEN)/バルサラ(QUEER)/子守唄のようにクイーンを聴いて育ったクイーンファン・杏/戦場に向かう時にクイーンが心を支える・渡部陽一(戦場カメラマン) 進行は武田真一アナウンサー

NHK総合"NHK「SONGS」〜クイーン〜" 11月17日(土)23:00〜23:30
インタビュー出演:杏、岡崎体育、東郷かおる子、古田新太 ※五十音順
■公式サイト:http://www6.nhk.or.jp/songs/
■番組Twitter:@nhk_songs

映画"ボヘミアン・ラプソディ" 公開中
監督:Bryan Singer / Dexter Fletcher
出演:Rami Malek / Gwilym Lee / Ben Hardy / Joe Mazzello ほか
配給:20世紀フォックス映画
posted by koinu at 00:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

知識は推進するガソリン

FED25DBA-0190-47A8-94A6-D1C90C80F2DE.jpeg
墜落して借金を抱える。
ありがちな知識の使い方。
「優等になれば、快適な人生!」
それは機体が乏しい状態である、
ガソリン燃料の賛美だ。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

北海道で震度7

アイヌ民族による言い伝えである。国造神が天から降りてきて島をつくった。いい場所を選んだつもりが、アメマスという大きな魚の背中の上だった。島を背負わされた魚は怒って暴れ出し、地震を引き起こすようになった。更科源蔵著『アイヌ民話集』にある

▼地震の原因となる魚の話はほかにもあり、この地に暮らす人びとが昔から、震災に苦しんできたことをうかがわせる。


天声人語より

https://www.asahi.com/news/tenseijingo.html

posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

睨まれてポチから野良に降格し

☆もりかけの文字黒塗りし総裁選(東京都 中江)

 正直で公正それがニュースとは(千葉県 姫野)

 睨まれてポチから野良に降格し(山形県 渡部)

 第三者委員ばかりの国となる(神奈川県 池田)

 電力も知恵も出さずにオシャカ様(大阪府 谷口)

律義にも二百十日に顔を見せ(滋賀県)


朝日川柳より

https://www.asahi.com/opinion/senryu/

posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする