2017年09月30日

「オトラント城奇譚」The Castle of Otrantoホレス・ウォルポール(Horace Walpole)

「昨年六月のある朝、私はある夢から目を醒まして、その夢について思い出せるのはどこかの古い城の中にいるように思ったこと、そして大きな階段の一番上の手すりの上に、具足をまとったとてつもなく大きな手が片方載っているのが見えた、ということだけ。そしてその日の夕方私は机に向かって、自分が何を言いたいのか、何を語ろうとしているのかまるで判らぬままに筆をとって書き始めたのです」…これがこの作品の成り立ちである。そしてこの一作によって、ゴシック小説は誕生した。

ホーレス・ウォルポール(1717〜97)イギリスの著述家。ケンブリッジ大学を卒業後、イタリア・フランスに遊学。帰国して政界にはいり、国会議員を務めた。トゥイッケナム郊外にゴシック様式の城館を築いてそこに住み、私設印刷所も設けて自著や友人の本を印刷した。この「オトラント城奇譚」によってゴシック(恐怖)小説の創始者として有名であるが、生涯に3000通にものぼる膨大な書簡を残し、これは当時の歴史、風俗、趣味などを知るきわめて貴重な資料となっている。

「オトラント城奇譚」ウォルポール/平井呈一訳
立ち読みフロア
https://www.gutenberg21.co.jp/otrant.htm

オトラントの城主マンフレッド公には一男一女があり、総領はマチルダ姫といって、芳紀《とし》十八、容色なかなかにうるわしい処女《おとめ》であった。弟君のコンラッドというのは姉よりも三つ年下で、これはうまれつき病弱な、ゆくすえの見込みのない凡庸な子であったが、姉のマチルダには日ごろ情愛らしいものをついぞ見せたことのない父親の、またとない掌中の《珠《たま》珠《たま》であった。
マンフレッド公はかねてから、ヴィツェンツァ侯の息女イサベラ姫をわが子に妻《めあ》わすことを約して、伜《せがれ》コンラッド本復のあかつきには、早々に婚儀の式をあげさせるつもりで、すでに付け人をつけて、姫を自分の手もとに引きとっていたのである。その晴れの挙式の日を一日千秋の思いで待ちわびるマンフレッドの胸中を、一家一門、および領内のひとびとは、いろいろに取り沙汰していた。しかし家中《かちゅう》の面々は、日ごろから癇癖《かんぺき》のはげしい殿の気性をよくこころえていたから、殿の心中のあせりについては、だれひとり、めったな憶測を口に出していうものもなかった。
奥方のヒッポリタというのは、これは温厚貞淑な婦人で、彼女はおりにつけわが子の若年のこと、あまつさえ病身であることをかんがえて、一粒だねの跡取りをそんなに早く縁組させるのは、なにかにつけて心もとないことを、しばしば夫に申し立てたけれども、そのたびに夫から受ける返事は、だいじな世継ぎの胤《たね》を一人しかもうけぬわが身の石女《うまずめ》のふがいなさを、いまさらのように事改めて思い知らされるばかりであった。
とかく口さがないのは領内の百姓町人どもで、かれらは、御城主が若君の御婚礼をあのようにむたいに急がれるのは、あれは昔からここのお城に言い伝える古いお告げが、いよいよあらわれることになったので、それが怖いからじゃと、みんなそのせいにしていた。――「オトラントの城およびその主権は、まことの城主成人して入城の時節到来しなば、当主一門よりこれを返上すべし」というお告げが、遠い昔に宣下されたのだそうな。お告げの意味はどういうことなのか、よくわからなかったし、さらにそれがこんどの婚儀とどういう関係があるのか、それもにわかに計りがたかったが、とにかく、このお告げが謎かまことか口論乙駁、領民たちは思い思いの意見をいよいよ固くした。
婚儀の日どりは、若君コンラッドの誕生日と定められた。その日、賓客《まれびと》たちは城内の礼拝堂にうちつどい、いよいよおごそかな神前の儀式をとりおこなう準備万端ととのったという時になって、かんじんのコンラッドの姿がどこへ行ったか見えなくなった。一刻の猶予も待ちきれず、気ばかりあせっているマンフレッドは、わが子が席をはずしたところを見ていなかったので、ただちに近侍の一人に命じて、若殿を呼びにやった。近侍は中庭をわたって、コンラッドの居間まで行くほどもないうちに、息せききって駆けもどってくると、目をむき口に泡をためて、ものもいえず、ただしきりと中庭のかたを指さす狂顛《きょうてん》のていたらくに、並みいる客たちはいずれもみなおどろき、かつ唖然とするばかりであった。奥方のヒッポリタは、なんのことやらわからぬながら、わが子の上を気づかうあまり、その場にバッタリ気を失う。マンフレッドは心配よりか、婚儀のおくれることと、家来のうつけぶりに腹を立てて、いたけだかに、なにごとじゃ? とたずねたが、家来は答えもやらず、なおもつづけて中庭のかたを指すばかり。やがてかさねて問われると、ようやくのことに、「あの! お兜が! お兜が!」とさけんだ。
とかくするうち、数人の客たちがいち早く中庭へと走り出ていったが、まもなくそちらの方から、なにやら恐怖と驚愕の叫び声が、騒がしくきこえた。マンフレッドもようやくわが子の見えないのが心配になりだし、ただならぬあの騒ぎは何事だろうと、自分もやおら席を立って行った。マチルダはあとにのこって母の介抱につとめ、イサベラもおなじ目的で席にのこっていたが、イサベラが席をうごかなかったのは、じつは、まえまえから情愛などつゆほどもおぼえていない花婿に対して、ここで自分がジタバタあわてさわぐような不覚を、はたの目に見られたくないためであった。
マンフレッドの目をまず第一に射たものは、なにやら黒い鳥毛の山のように見えるものを、下人《げにん》どもの群れがエイヤエイヤと懸命になって持ち上げている姿であった。目をこらしてよく見たものの、自分の目が信じられなかったので、マンフレッドは怒気をふくんでどなりつけた。「きさまら、何をしてさらす! 和子《わこ》はどこにおるのじゃ?」すると、異口《いく》同音の声がいっせいに、「おお上《うえ》様! 若君さまは! 若君さまは! このお兜が! お兜が!」と涙まじりのその答えに、あるじはギックリ。なんのことやらわからぬまま、こわごわ前にすすみ出てみると、こはそもいかに、わが子はグッシャリ木っ葉みじん、さながら尋常の人間のためにつくられた兜の百層倍もあるような大兜の下にうち敷かれて、その上を、大兜にふさわしい山のごとき黒い大鳥毛《とりげ》が、くろぐろと蔽っていたのである。
……第一章 巻頭より

posted by koinu at 23:55| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゴシック叢書」(国書刊行会)

《ゴシック叢書》(1978-1985)。編集=小池滋・志村正雄・富山太佳夫。
 
(1) 『オトラントの城』 『ヴァセック』 『フランケンシュタイン』 『ケイレブ・ウィリアムズ』 『悪の誘惑』 など、《世界幻想文学大系》 の 『マンク』 『放浪者メルモス』 『ウィーランド』 とあわせて、英米ゴシック小説に関心を持つ読者が真っ先に手に取るべき作品をほぼ網羅していること。(重要作で落ちているのはラドクリフ 『ユドルフォの秘密』 くらい)。レ・ファニュ、コリンズ、ブルワー=リットンなど、ゴシックの水脈を受け継ぐヴィクトリア時代の作品、さらに詩や演劇にまで目配りのきいた編集。
 (2) 「アメリカ文学のゴシック性」 を C・B・ブラウン (アメリカ文学の父) からメルヴィル、ホーソーンを経て、ピンチョン、バース、バーセルミ、ホークスらの現代作家まで、実作を並べることで具体的に示したこと。「ゴシック」 を18世紀後半〜19世紀前期に限定されたものではなく、現代にも脈々と受け継がれる文学的 「常数」 とすることで、よりスケールの大きなものとした。
 (3) 研究篇 『城と眩暈 ゴシックを読む』 の刊行。いまだに日本語で読めるゴシック小説に関するもっとも充実した研究・評論書のひとつ (もう一冊、紀田順一郎編 『出口なき迷宮』 (牧神社) を入門篇としてあげておきたい)。英米にとどまらず、ドイツ、フランス、ロシア、イタリア、ラテンアメリカ、日本 (江戸時代) の 「ゴシック的なもの」 をそれぞれの専門家が紹介、さらに美術、建築におけるゴシック、推理小説、SFとの関連まで論じた書き下ろし18篇を収録。ゴシック小説とピクチャレスク=崇高美学を論じて圧倒的な高山宏 「目の中の劇場」 は本書が初出。

gothic-0021[1].jpg

1 『イタリアの惨劇1』 アン・ラドクリフ(Ann Ward Radcliffe)(1764-1823)(U.K.)Tr:野畑多恵子(Taeko Nobata)1978/6
2 『イタリアの惨劇2』 アン・ラドクリフ(Ann Ward Radcliffe)(1764-1823)Tr:野畑多恵子(Taeko Nobata)1978/8
3 『白衣の女1』 ウィルキー・コリンズ(Wilkie Collins)
4 『白衣の女2』 ウィルキー・コリンズ(Wilkie Collins)
5 『白衣の女3』 ウィルキー・コリンズ(Wilkie Collins)
6 『フランケンシュタイン』 Frankenstein; Or the Modern Prometheus M・W・シェリー(Mary Wollstonecaft Shelley)
7 『V. I』 V. T・ピンチョン(Thomas Pynchon)
8 『V. II』 V. T・ピンチョン(Thomas Pynchon)
9 『聖なる泉』 The Sacred Fount ヘンリー・ジェイムズ(Henry James)
10 『エドガー・ハントリー』 Edgar Huntly or Memoirs of a Sleep-Walker C・B・ブラウン(Charles Brockden Brown)
11 『プラハの妖術師』 The Witch of Prague F・M・クロフォード(F. Marion Crawford)
12 『ゴシック演劇集』 ジョン・ヒューム/他(John Home Etal.)
13 『悪の誘惑』 The Private Memoirs and Confessions of a Justified Sinner J・ホッグ(James Hogg)
14 『ヴァセック泉のニンフ』 Vathek Etc. W・ベックフォード(William Beckford)
15 『帰れ、カリガリ博士』 Come Back, Dr. Caligari ドナルド・バーセルミ(Donald Barthelme)

gothic-0031[1].jpg

16 『やぎ少年ジャイルズ 1』 Giles Goat-Boy ジョン・バース(John Barth)
17 『やぎ少年ジャイルズ 2』 Giles Goat-Boy ジョン・バース(John Barth)
18 『ケイレブ・ウイリアムズ』 The Adventures of Caleb Williams ウイリアム・ゴドウィン(William Godwin)
19 『悪魔の骰子』 Ed:小池滋(Shigeru Koike) & 富山太佳夫
20 『城と眩暈 -日本編』 Ed:小池滋(Shigeru Koike) & 志村正雄(Masao Shimura) & 富山太佳夫
21 『イギリスの老男爵』 クレアラ・リーヴ(Clara Reeve)(1729-)Tr:井出弘之(Hiroyuki Ide)1982/10
22 『米国ゴシック作品集』 Ed:志村正雄(Masao Shimura)
23 『夜の森』 Nightwood デューナ・バーンズ(Djuna Barnes)
24 『乙女たちの地獄 1』 The Tartarus of Maids ハーマン・メルヴィル(Herman Melville)
25 『乙女たちの地獄 2』 The Tartarus of Maids ハーマン・メルヴィル(Herman Melville)
26 『レ・ファニュ傑作集』 J・S・レ・ファニュ(J. S. Le Fanu)
27 『オトラントの城』 The Castle of Otranto ホレス・ウォルポール(Horace Walpole)
28 『もうひとつの肌』 Second Skin ジョン・ホークス(John Hawkes)
29 『大理石の牧神 1』 The Marble Faun ナサニエル・ホーソーン(Nathaniel Hawthorne)
30 『夜の勝利 -英国ゴシック詞華撰1』 Insomnia: An Anthology of British Gothic Poems Ed/Tr:高山宏(Hiroshi Takayama) S・T・コールリッジ(Samuel Taylor Coleridge)(1772-1834)/他1984/5
31 『夜の勝利 -英国ゴシック詞華撰2』 Insomnia: An Anthology of British Gothic Poems Ed/Tr:高山宏(Hiroshi Takayama) R・サウジー(Robert Southey)(1774-1843)/他1984/7
32 『大理石の牧神 2』 The Marble Faun ナサニエル・ホーソーン(Nathaniel Hawthorne)
33 『ザノーニ 1』 Zanoni エドワード・ブルワ=リットン(Bulwer Lytton)
34 『ザノーニ 2』 Zanoni エドワード・ブルワ=リットン(Bulwer Lytton)

◾ゴシック叢書(1978年 - 1988年)刊行

posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

ビリー・コーガン新曲「The Spaniards」を公開。

ビリー・コーガンは本名のウィリアム・パトリック・コーガン名義で10月13日にセカンド・ソロアルバム『Ogilala オギララ』発表。
リック・ルービンがプロデュースを手掛けたアルバム『Ogilala』から、
新曲「The Spaniards」を公開。



「物心ついて以来、自分自身のために書いた曲といずれにせよバンドのために書いた曲の描写するポイントというのは説明できないものなんだ」とウィリアム・パトリック・コーガンはアルバムについて語っている。「そして、それは続いていて、自分自身のために書いた曲というのはすごくパーソナルなものでね、時期は関係ないんだよ。『オギララ』の曲の唯一となる違いは装飾的なものにはしたくない感じだったんだ」


「ヴォーカルとギターで曲を書いて、リックが好きなようにしてもらうようにリックの手に委ねたんだ。通常、僕はもっとやって、プロダクションで下手を打つものなんだけどね。でも、リックはむしろライヴ・テイクを通して分子レベルで届けることについて僕に責任を追わせたんだ」




アルバム『Ogilala』のトラックリスト

Zowie
Processional
The Spaniards
Aeronaut
The Long Goodbye
Half-Life Of An Autodidact
Amarinthe
Antietam
Mandaryne
Shiloh
Archer

posted by koinu at 20:20| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄塔のある風景

BD84B1DC-4020-44A2-B0EC-FBE16279F735.jpg9ACE31CE-5467-4AAD-9040-8D6A9EED6715.jpg
posted by koinu at 15:20| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

NHK「横尾忠則 めくるめく濃密アートの海原へ!」


「自分らしい生き方って?」「個性って何?」これって、よくある疑問かも?美術家として世界にその名を知られる横尾忠則さんは、その答えを持っている人かもしれない。今回、横尾さんの5000点に及ぶ作品と資料を収蔵する美術館を本人の案内で爆笑問題が探検、そこに込められた「横尾流・ちょっとうらやましい生き方」に迫る。ジョン・レノンやボブ・ディランなど天才たちとのエピソードも笑いに変える横尾ワールドにご案内!


美術界のレジェンド横尾忠則さんが登場。81歳の今も現役、常識にとらわれず、オリジナリティーの呪縛からも自由!爆笑問題が、ちょっとうらやましい独自の生き方に迫る。
「自分らしい生き方って?」「個性って何?」これって、よくある疑問かも?美術家として世界にその名を知られる横尾忠則さんは、その答えを持っている人かもしれない。今回、横尾さんの5000点に及ぶ作品と資料を収蔵する美術館を本人の案内で爆笑問題が探検、そこに込められた「横尾流・ちょっとうらやましい生き方」に迫る。ジョン・レノンやボブ・ディランなど天才たちとのエピソードも笑いに変える横尾ワールドにご案内

NHKテレビ9月27日(水曜日)午後8時15分〜午後8時43分
【ゲスト】画家…横尾忠則,【司会】爆笑問題(太田光・田中裕二)
【出演】サヘル・ローズ,【語り】木村昴,島本須美

posted by koinu at 10:35| 東京 ☀| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

鳩がいる空間

98185229-C80E-4BC2-AB7D-87D0C9421FB9.jpg
暖かい日差しです。

幸せを感じる時間を共有する。

4E36CF28-B73E-4BFC-8CC9-94D79CA5F1A0.jpg47176AEB-4EF4-4955-A9FE-862587A26206.jpg
posted by koinu at 15:23| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

検証 加計疑惑

<加計学園問題> 50年以上抑制してきた獣医学部の新設について、政府は1月、国家戦略特区で愛媛県今治市に限定して設置を認めた。公募の結果、「加計学園」(岡山市)が事業者に選ばれ現在、文部科学省の審議会で審査中。5月、特区担当の内閣府が文科省に「総理の意向」などと早期開学を迫る複数の文書が流出、特区選定の妥当性が疑われている。

【東京新聞】記事より
  
解散総選挙を前に、もう一度、加計疑惑とは一体何なのか、安倍首相と加計孝太郎理事長の蜜月ぶりとは、疑惑はどこから始まっているのか、連載から読み解いて頂けると幸いです。【東京新聞】

posted by koinu at 09:50| 東京 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

The National4年ぶりの新作。


時代の切迫感と緊張感を強く反映して、歌詞もシリアスになっている。しかしダイレクトに歌うのではなく、アルバムとしてどのように成立させる正面から向き合い、非常に素晴らしいメロディともに緻密な優れた作品を作っている。

THE NATIONAL 7作目ニューアルバム『Sleep Well Beast』
01. Nobody Else Will Be There
02. Day I Die
03. Walk It Back
04. The System Only Dreams in Total Darkness
05. Born to Beg
06. Turtleneck
07. Empire Line
08. I'll Still Destroy You
09. Guilty Party
10. Carin at the Liquor Store
11. Dark Side of the Gym
12. Sleep Well Beast


posted by koinu at 10:50| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Foo Fighters 新作は快挙アルバム

ロンドン・O2アリーナで開いた公演に、リック・アストリーがサプライズ19日出演した。先月、東京で開かれた<Summer Sonic 2017>で初めて共演して話題となった。それがアストリーの故国イギリスで再演され、オーディエンスは歓喜した。



新作アルバムはシーアやアデルの大ヒット作を手がけたグレッグ・カースティンをプロデューサーとして起用。音はでかくてシャウトしているが、ものすごくポップ。ロックという音楽ジャンルが、どうサバイバルしていくのか向き合い、その解決策が示されている力作アルバム。


Foo Fighters / La Dee Da

https://youtu.be/30ZmEz-UmkY


Foo Fighters / Make It Right

https://youtu.be/Qli3t-u7AXk


Foo Fighters / Dirty Water

https://youtu.be/kbzAhbysiow

posted by koinu at 08:09| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

鉄人広場

鉄人28号モニュメントは新色バージョン。元祖巨大ロボット・国産テレビアニメのメカキャラクターにもなった。


E9C7ABE9-77EE-4F07-8387-E0D53D91A834.jpg



直立時の設定が18mにも及ぶ、「鉄人28号」巨大メカの鉄存在をビリビリと感じるのだった。

4A3F412C-279E-44E0-82E3-319ED306F34F.jpg

ビルのまちに ガオー

夜のハイウエーに ガオー

posted by koinu at 20:00| 東京 ☀| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ロケットマン」なぜミサイルマンではなかったのか

トランプ大統領が北朝鮮・金正恩委員長を「ロケットマン」と称したが、なぜミサイルマンではなかったのか。アメリカの一部メディアは40年前のヒット曲、エルトン・ジョンの「ロケットマン」を取り上げている。


曲の中でエルトン・ジョンは人生が思い通りにいかない様を歌い上げている。当時トランプ大統領は26歳で、不動産事業の戦いに向け孤独な戦いを始めた年でもあった。エルトン・ジョンのファンを公言するトランプ大統領は選挙期間中の集会でロケットマンを流したこともあった。好きな曲のタイトルを金正恩のニックネームをしたことについて、専門家は歌詞の「宇宙で孤独になって燃料を使い果たす」と言う箇所を「経済制裁で孤立する」、また「火星は地獄のようでとても寒い」と言う箇所を「北朝鮮」だと置き換えられると指摘した。



ニューヨーカーたちはトランプ大統領の命名について、子供じみている、むしろ滑稽だと話している。国連での演説で強硬姿勢を鮮明にしたトランプ大統領だが、国際社会から孤立する金正恩委員長はニックネームをどう受け止めるのか。

トランプ大統領の行為はリスクが高く、金正恩委員長に恥をかかせる行為は今後高く付くかもしれないとも指摘された。


2017年9月20日放送 16:50 - 19:00 フジテレビ《みんなのニュース》より


posted by koinu at 17:00| 東京 ☁| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリ島アグン山が噴火の警告

バリ島の火山が噴火する可能性が高まっている。アグン山の噴火口の半径9キロメートルの範囲でのキャンプや通行を避けるよう住民や観光客に警告して、1万人近くが避難した。今のところ、バリ島へ発着する飛行機などには大きな影響は出ていない。
アグン山は1963年から64年にかけても大規模な噴火が発生して、1000人以上が死亡している。

バリ島東部に位置する成層火山。海抜高度3,031mで島内最も標高が高い。古より島民の崇拝の対象となっている。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☔| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

映画『ブレードランナー2049』日本版予告編

前作から本作の舞台である2049 年に至るまでの空白の30年間、つまり前作のラストでデッカードが姿を消した後の世界では、レプリカントは寿命を持たないよう改良されていた。しかし2022年、アメリカ西海岸で原因不明の大規模停電が発生し、食物の供給がストップ。世界中がそれをレプリカントが原因だと非難したことで、レプリカントの製造は法令で禁止された。


そんな中、科学者であるウォレスは、人工農法によって食糧難を解決する新たなシステムを開発。さらに以前レプリカントを製造していたタイレル社を買い取り、ウォレスは新型レプリカントの製造を始め“レプリカント禁止法”の廃止を目論む。



posted by koinu at 21:00| 東京 ☁| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝える


41837123-7216-4F76-8CBF-84FBC721611A.jpgF7AAF140-1FD4-4894-AA22-48AD4F397222.jpgA555E59D-AFE0-4C75-95DB-88C205C46F8C.jpg
伝わる形状。
posted by koinu at 19:14| 東京 ☀| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Liars - The Grand Delusional



20年ぶりに故郷に戻り、自然の音などをサンプリングしながら自分自身の音楽や孤独と向き合いながら制作された。
センチメンタリズムやポップセンスとともに、深い文学性がリアルにされたメランコリックな作品になっている。

アンガス・アンドリューがほとんど1人で作ったアルバム。
https://www.youtube.com/watch?v=cD68H6bXNOg&list=PLlOx16OHMHLhGEWmn1di-kacoskGEk-Cc



嘘つきという名の正直者たち
──ライアーズ(アンガス・アンドリュー)、インタヴュー
http://www.ele-king.net/interviews/003683/
posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

天皇陛下が渡来人祭る高麗神社に

【ソウル時事】21日付の韓国主要各紙は、天皇、皇后両陛下が20日、古代朝鮮半島にあった高句麗からの渡来人を祭った埼玉県日高市の高麗神社を参拝されたことについて、「私的な旅行の一環だが、歴代日王(天皇)で初めて」と写真付きで詳しく報じた。

 天皇陛下が2001年の会見で「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」と述べ「韓国の歴史と文化に関心を示してきた」。

 朝鮮日報によると、陛下は、神社を案内した宮司に「高句麗はいつ滅亡したのですか」「高句麗人と百済人は、どのような違いがあるのですか」などと質問し、強い関心を見せたという。
 東亜日報は「天皇は訪韓に意欲を示してきたが、実現していない」と指摘。「18年12月または19年3月に退位するとみられており、在位中の訪韓は難しい状況だ」と解説した。(2017/09/21-15:05)

両陛下、渡来人祭る高麗神社に 埼玉・日高 
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H4A_Q7A920C1CR8000/


日本の近代資本主義の父・渋沢栄一
渋沢栄一は1872年に公布されたわが国最初の銀行法規「国立銀行条例」の起草を担当。
大蔵省に入るきっかけをつくった伊達宗城を通して東北地方に強い関心をもち、東北地方の開発にも力を注いだ。
地元に基盤をおく銀行はひとつもなく、1873年から第一国立銀行が、仙台と石巻に出張所を開設した。三井銀行も宮城出張所を開設しているだけで出張所が、県内の産物の現金化や納税業務を行っていた。
その後全国的に国立銀行設立のブームが広がって、東北各県の有志が一斉に銀行設立を申し出たのだった。そして第七十七国立銀行設立の申請も出されることになった。
渋沢栄一は第七十七国立銀行設立に尽力して、「最も直接の伝習と周旋により成立せる銀行」とした。第一国立銀行の宮城県における業務を第七十七国立銀行へ譲った。
仕事上の助言や出資だけでなく、遠藤敬止(第二代・四代頭取)、大野清敬(第五代頭取)など得難い人材を第一国立銀行より派遣して、第七十七国立銀行の草創に協力した。 
 
渋沢栄一(しぶさわえいいち)
1840(天保11)年〜1931(昭和6)年
 武蔵国榛沢郡(現在の埼玉県大里郡)生まれ。幕末から明治・大正・昭和という激動の時代を生きた実業家。
14歳からすでに商才を発揮しはじめ、25歳の頃、東京に出て一橋家に仕える。幕府の役人として、徳川15代将軍慶喜の弟、徳川昭武に従ってヨーロッパに留学。産業革命後の近代文明にふれ資本主義経済などのしくみを学んだ。
やがて大蔵省で財政や金融制度の整備にあたり、退官後に実業界で活躍する。第一国立銀行の創設をはじめ、多くの銀行の設立指導。第七十七国立銀行の設立のときにも、助言と出資。
東北本線の建設や野蒜築港などの計画にも係わるとともに、東北の産業振興をめざす東北振興会の筆頭メンバーにもなり、さまざまな社会事業に貢献した。
https://www.77bank.co.jp/museum/history/05.htm
posted by koinu at 22:22| 東京 ☔| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LCD・サウンドシステムの再結成作AMERICAN DREAM。



LCDサウンドシステムが7年ぶりに発表した『American Dream』が初登場で1位を獲得。
デビュー作から12年目、4枚目のスタジオ・アルバムで初の全米No.1を手にした。
彼らの作り上げたスタイルは優れて有効であり、力の入った作品となっている。



再結成の直接的なきっかけはジェームズの頭の中に、新しい曲のアイデアがたくさん溜まっていることに、彼自身が気がついたことにあった。「LCDのどのアルバムを作ろうと思ったときよりも、あるいはハイスクールでひどいものをテープに次々と録音していた頃よりも。とにかく大量にあったから、ちょっと困惑してしまった。」
それらの曲をどうすべきか悩み、バンドのパーマネントなメンバーであるナンシー・ワンとパット・マホニーに相談。彼らの後押しもあって、最終的にLCDが再開することになった。http://www.billboard-japan.com/special/detail/2084
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

ビョークが新MV「The Gate」を公開

ビョークが新MV「The Gate」を公開した。


https://www.youtube.com/watch?v=_n0Ps1KWVU0&feature=youtu.be


11月にリリース予定のニュー・アルバム『Utopia』からのファースト・シングルで、
MVには彼女の長年のコラボレーターAndrew Thomas Huangと、
グッチのクリエイティヴ・ディレクターAlessandro Micheleが参加している。

posted by koinu at 15:00| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

「ミサイルマンで」はなく「ロケットマン」

北朝鮮の最高指導者「金正恩」氏のあだ名は「カリアゲ」「黒電話」「奥歯」など色々とありますが、ここに来て新たなあだ名が追加されました。アメリカ大統領「トランプ」氏、彼は「ロケットマン」などと読んでいたことが、ツイッターなどで明らかになりました。あまりネーミングセンスを感じないこの名前ですが、日本のロケットマンが反応しました。

I spoke with President Moon of South Korea last night. Asked him how Rocket Man is doing. Long gas lines forming in North Korea. Too bad!

− Donald J. Trump (@realDonaldTrump) 2017年9月17日
昨日のトランプ氏のツイートが世界中で話題となっております。ツイートした内容は以下のようになっております。

昨晩、韓国の文大統領と話した。
「ロケットマン」が何をしているか聞いてみたら、北朝鮮ではガソリンスタンドに列ができてるそうだ。
気の毒だな。
何の他愛もない話ではありますが、北朝鮮の国民がガソリンスタンドに列を作って経済制裁がボディーブローのように効いていることをアピール。さらに「ミサイルマンで」はなく「ロケットマン」であることが彼なりのセンスを感じます。

それに伴いあの人が反応。

I'm home,thank you Tweetman!

− ふかわりょう(ROCKETMAN) (@fukawa__rocket) 2017年9月18日

ふかわりょうです。
家に帰ったぞ!ありがとう「ツイートマン」



posted by koinu at 07:39| 東京 ☁| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

【足を引っ張る】

足を引っ張るとは。意味や解説、類語。人の成功や前進をじゃまする。
また、妨げとなる。「チームの―・る」 - goo国語辞書

自分がステップアップして成果を出すには時間がかかる。それより足を引っ張って、相手をおとしめたほうがずっと効率がいい。本能的にそのほうが楽だと知っている。ヒトはサルのように馬乗りして、個体間の優位性を誇示しないで、嫉妬した仲間の成功のじゃまをする。


【足を引っ張る】意義素 類語

物事の進行に対して害や妨げになること

足を引っ張る ・ 足手まといになる ・ 枷になる ・ 足枷になる ・ 邪魔をする ・ 邪魔になる ・ 障害になる ・ 重荷になる ・ 鎖になる ・ 手枷になる ・ お荷物になる ・ 負担になる ・ 重荷を背負う ・ 負荷になる ・ 負担がかかる ・ 桎梏になる ・ 鎖になる ・ 制約になる ・ 阻害する ・ 迷惑をかける ・ 邪魔立てをする ・ 妨害する ・ 遮る ・ ブレーキになる ・ 足枷となる ・ ブレーキとなる ・ 阻害要因になる。

posted by koinu at 21:14| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする