2017年06月03日

静かに、我意を捨て、深い本当の自己の充溢とともに他人に近づく

 生はとても優しく、静かで、捕まえることができない。力づくでは手に入らない。力づくでものにしようとすれば、生は消えてしまう。生を捕まえようとしても、塵しか残らない。支配しようとしても、愚か者の引きつり笑いをする自分の姿が見えるだけ。

 生を欲するのなら、生に向かって、木の下にやすらぐ鹿の親子に近づくように、そっと、歩を進めなくてはいけない。身振りの荒さ、我意の乱暴な主張が少しでもあると、生は逃げていってしまい、また探さなくてはならなくなる。そっと、優しく、かぎりなく繊細な手と足で、我意をもたない自由で大きな心で、生にまた近づいていって初めて、生と触れあえる。花はひったくろうと手をのばすだけで、人生から永遠に消えてしまう。我意と貪欲に満ちた気持で他人に近づいてゆくと、手の中に掴むのは棘だらけの悪魔で、残るのは毒の痛みばかり。

 しかし、静かに、我意を捨て、深い本当の自己の充溢とともに他人に近づくことができる。人生で最上の繊細さを、触れあいを知ることができる。足が地面に触れ、指が木に、生き物に触れ、手と胸が触れ、体全体が体全体と触れる。そして、燃える愛の相互貫入。それこそが生。わたしたちは皆、触れることで生きている。
『チャタレー夫人の恋人』ロレンス
posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球の神秘、驚異の「自然現象」17選


これまでに「乳房雲」や「炎の虹」と言ったことばを聞いたことがありますか?地球には、めったなことではお目にかかれない、神々しい程に壮大で稀有な自然現象があります。いつか実際にこの目で見てみたいと思わずにいられない、知られざる驚異の自然現象の数々を美しい写真とともにご紹介しましょう

posted by koinu at 10:27| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする