2016年12月30日

真田丸 (NHK大河ドラマ)スタッフ

作:三谷幸喜
音楽:服部隆之 テーマ音楽演奏:NHK交響楽団
テーマ音楽指揮:下野竜也 ソロヴァイオリン:三浦文彰 演奏:フェイスミュージック
題字:挾土秀平
語り:有働由美子  副音声解説:宗方脩


時代考証:黒田基樹 / 平山優 / 丸島和洋
風俗考証:佐多芳彦  衣裳考証:小泉寛明
殺陣武術指導:中川邦史朗  所作指導:橘芳慧  馬術指導:田中光法
書道指導:金敷駸房  仏事指導:安藤実英 / 金嶽宗信
囲碁指導:桑原陽子 / 桂篤 / 穂坂繭
芸能指導・考証:友吉鶴心
お灸指導:小林潤一郎  華道考証:海野美水
わら仕事指導:澤井榮  茶道指導:小澤宗誠
算木指導:佐藤健一  医事指導:酒井シヅ
猿回し指導:間中利美  能シテ指導:山井綱雄  能ワキ指導:舘田善博
将棋指導:堀口弘治  真田ひも考証:和田伊三男  刺しゅう指導:江上芳子  砲術指導:佐山二郎
京ことば指導:井上裕季子  信州ことば指導:丸山明恵  尾張ことば指導:稲垣あけみ  タガログ語指導:高柳マリア
特殊メイク:江川悦子
資料提供:大牟田市立三池カルタ・歴史資料館 / 寺島隆史 / 矢部健太郎 / 柴裕之 / 小川雄
3D地図監修:シブサワ・コウ  戦国軍事考証:西股総生
大坂城資料提供:木岡敬雅 真田丸城郭考証:千田嘉博
タイトル映像:新宮良平   VFXプロデューサー:結城崇史
特殊造型:マーク・ラッパポート
撮影協力:長野県 / 群馬県 / 和歌山県 / 山梨県 / 長野県上田市 / 長野県茅野市 / 長野県軽井沢町 / 長野県富士見町 / 長野県原村 / 長野県須坂市 / 長野県松本市 / 山梨県韮崎市 / 山梨県北杜市 / 岩手県奥州市 / 岩手県遠野市 / 茨城県つくばみらい市 / 茨城県常陸大宮市 / 千葉県富津市 / 千葉県君津市 / 千葉県大多喜町 / 群馬県東吾妻町 / 岡山県高梁市 / 和歌山県高野町 / 和歌山県九度山町
制作統括:屋敷陽太郎 / 吉川邦夫
プロデューサー:清水拓哉 / 吉岡和彦
演出:木村隆文 / 吉川邦夫 / 田中正 / 小林大児 / 土井祥平 / 渡辺哲也 / 保坂慶太
posted by koinu at 13:29| 東京 ☀| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大河ドラマ『真田丸』メインテーマ

posted by koinu at 13:13| 東京 ☀| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

年間ランキング

◆第1位:「真田丸」の秀吉死去…豊臣子飼い大名はなぜ家康に従った
◆第2位:ポストSMAP…「嵐」が後継者になり得ないワケ
◆第3位:高視聴率でも不評?「とと姉ちゃん」にあるモヤモヤ
◆第4位:イラッとするNHK大河「真田丸」で自分を磨く方法
◆第5位:NHK大河ドラマ「真田丸」〜さく裂?不発?三谷マジック
◆第6位:大人気マツコ・デラックスが抱える「不安」と「恐怖」
◆第7位:なぜドコモのCMは思い出せないのか?
◆第8位:紅白が出場歌手「じゃないほう」に注目が集まるワケ
◆第9位:NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」のモデルとは?
◆第10位:日本発「カワイイ」を超え、世界が認めたベビーメタル
posted by koinu at 14:03| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

TVアニメ『6HP』後半は村上隆の謝罪 線画状態で12月30日に放送


現代美術家の村上隆 総監督の魔法少女アニメ「シックスハートプリンセス(6HP)」が、12月30日放送に間に合わないらしい。「線画、背景レイアウト状態で、放映します」と明言。番組は1時間枠で「本編映像22分+謝罪&言い訳ドキュメンタリー」となるもよう。

カイカイキキ札幌アニメーション制作スタジオは危機怪々。

「会社を倒産の危機に追い込み続け、それでも出来上がらない状況は、もちろん才能が無いということなんでしょうけれども、しかしもうアニメや映像はやるなよ、という神の啓示レベルで難航中です」と過酷な制作状況を語る。


posted by koinu at 11:09| 東京 ☀| アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

フルトヴェングラー変奏曲 NHK FM特集

NHKFM 12月28日〜31日放送予定
【ゲスト】宮本文昭,【ゲスト】相場ひろ,【司会】東涼子

Wilhelm Furtwängler, 1886年1月25日 ベルリン - 1954年11月30日 バーデン=バーデン。カラヤンの前にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮した、20世紀前半を代表する指揮者。ベートーヴェン、ブラームス、ワーグナー等のドイツ音楽を本流とした。
堅固な構築性をそなえた演奏を「後期ロマン主義者」と看做されるのを極度に嫌い「私はロマン主義者でも古典主義者でもない」と語った。「濃厚な官能性と、高い精神性と、その両方が一つに溶け合った魅力でもって、聴き手を強烈な陶酔にまきこんだ」「(ベートーヴェンが)これらの音楽に封じ込めていた観念と情念が生き返ってくるのがきこえる」吉田秀和。


◇12月28日水曜 NHKFM 午前7時25分〜 午前9時20分
第1変奏 伝説の指揮者〜フルトヴェングラーってどんな人

「序曲“コリオラン”(1943年録音)」ベートーベン:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(9分00秒)<メロディア MEL CD 10 00718>

「ロザムンデ から 間奏曲 変ロ長調(1930年録音)」シューベルト:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(5分10秒)<ポリドール POCG-9476/8>

「ハンガリー舞曲 第1番(1930年録音)」ブラームス:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(2分53秒)<ポリドール POCG-9476/8>

「ブランデンブルク協奏曲 第5番 BWV1050 から 第3楽章(1950年録音)」バッハ:作曲
(フルート)ヨーゼフ・ニーダーマイア、(バイオリン)ウィリー・ボスコフスキー、(ピアノと指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー、(演奏)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(6分00秒)<EMI TOCE-3703>

「序曲“フィンガルの洞窟”(1949年録音)」メンデルスゾーン:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(10分05秒)<ワーナー WPCS-12906>

「スペイン狂詩曲 から ハバネラ(1951年録音)」ラヴェル:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(2分44秒)<ANFコーポレイション ANF-309>

「楽劇“ニュルンベルクのマイスタージンガー”から 第1幕への前奏曲(1949年録音)」ワーグナー:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(9分20秒)<Audite AUDITE21.403>

「交響曲 第5番 ハ短調 作品67(1947年5月27日録音)」ベートーベン:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(33分10秒)<ポリグラム POCG-3788>

「☆テーマ曲(1)交響曲第2番 作品73 から 第1楽章(1952年録音)」ブラームス:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
<EMI TOCE-3790>

「☆テーマ曲(2)セレナードK.525 から メヌエット(1930年代の録音)」モーツァルト:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
<ポリドール POCG-2342/4>

「☆エンディング・テーマ曲 皇帝円舞曲(1950年録音)」ヨハン・シュトラウス:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
<EMI TOCE-3509>


◇12月29日木曜 NHKFM 午前7時20分〜 午前9時20分
第2変奏 フルトヴェングラーの交遊録〜大指揮者の素顔〜

「ピアノ協奏曲 イ短調 作品54 から 第3楽章(1942年録音)」シューマン:作曲
(ピアノ)ワルター・ギーゼキング、(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(9分43秒)<ユニバーサル UCCG-9214/8>

「バイオリン協奏曲 ニ長調 作品77 から 第3楽章(1949年録音)」ブラームス:作曲
(バイオリン)ユーディ・メニューイン、(管弦楽)ルツェルン音楽祭管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(8分00秒)<EMI TOCE-6066>

「ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466 から 第2楽章(1954年録音)」モーツァルト:作曲
(ピアノ)イヴォンヌ・ルフェビュール、(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(9分10秒)<ワーナー WPCS-12910>

「さすらう若者の歌 から 朝の野辺を歩けば(1952年録音)」マーラー:作曲
(バリトン)ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ、(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(4分45秒)<EMI TOCE-59089>

「楽劇“神々のたそがれ”第3幕 から “グラーネよ、わが馬よ〜終幕”(1950年録音)」ワーグナー:作曲
(ソプラノ)キルステン・フラグスタート、(管弦楽)ミラノ・スカラ座管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(6分00秒)<キング K00Y211/14>


「交響詩“ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら”(1954年録音)」リヒャルト・シュトラウス:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(16分15秒)<EMI TOCE-9364/68>


「ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73“皇帝”(1951年録音)」ベートーベン:作曲
(ピアノ)エトヴィン・フィッシャー、(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(38分55秒)<ワーナー WPCS-12910>


「☆テーマ曲(1)交響曲第2番 作品73 から 第1楽章(1952年録音)」ブラームス:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
<EMI TOCE-3790>

「☆テーマ曲(2)セレナードK.525 から メヌエット(1930年代)」モーツァルト:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
<ポリドール POCG-2342/4>

「☆エンディング・テーマ曲 皇帝円舞曲(1950年録音)」ヨハン・シュトラウス:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
<EMI TOCE-3509>


◇12月30日金曜 NHKFM 午前7時20分〜 午前9時20分
第3変奏 巨匠フルトヴェングラーの世界1〜交響曲を聴く

「交響曲 第40番 ト短調K.550 から 第1楽章(1948年録音)」モーツァルト:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(6分58秒)<EMI TOCE-6518>

「交響曲 第8番 ハ長調 D.944 から 第1楽章(1942年録音)」シューベルト:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(13分43秒)<ユニバーサル UCCG-9210/3>

「交響曲 第2番 ホ短調 から 第2楽章(2001年録音)」フルトヴェングラー:作曲
(管弦楽)シカゴ交響楽団、(指揮)ダニエル・バレンボイム
(13分00秒)<ワーナー WPCS-11324/5>

「交響曲 第9番 ニ短調 から 第1楽章」ブルックナー:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(23分40秒)<ポリドール POCG-2347>

「交響曲 第3番 ヘ長調 作品90 から 第3楽章(1954年録音)」ブラームス:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(6分33秒)<ポリドール F26G-20363>

「交響曲 第4番 ニ短調 作品120(1953年録音)」シューマン:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(31分00秒)<ユニバーサル POCG-90446>

「☆テーマ曲(1)交響曲第2番 作品73 から 第1楽章(1952年録音)」ブラームス:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー<EMI TOCE-3790>

「☆テーマ曲(2)セレナードK.525 から メヌエット(1930年代の録音)」モーツァルト:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー<ポリドール POCG-2342/4>

「☆エンディング・テーマ曲 皇帝円舞曲(1950年録音)」ヨハン・シュトラウス:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー<EMI TOCE-3509>



◇12月31日土曜 NHKFM 午前7時20分〜 午前9時20分
第4変奏 巨匠フルトヴェングラーの世界2〜ベートーベン

「交響曲 第3番 変ホ長調 作品55“英雄”から 第1楽章(1944年録音)」ベートーベン:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(15分45秒)<TAHRA TAHRA FURT2008>

「交響曲 第9番 ニ短調 作品125“合唱つき” から 第4楽章(1951年7月29日録音)」ベートーベン:作曲
(ソプラノ)エリーザベト・シュワルツコップ、(アルト)エリーザベト・ヘンゲン、(テノール)ハンス・ホップフ、(バス)オットー・エーデルマン、(合唱)バイロイト祝祭合唱団、(管弦楽)バイロイト祝祭管弦楽団、(指揮)ウィルヘルム・フルトヴェングラー
(25分01秒)<キング KKCC-4448>

「ほか」
posted by koinu at 09:46| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「タモリ倶楽部/フルトヴェングラー 秘密の音 鑑賞会」

「タモリ倶楽部/フルトヴェングラー 秘密の音 鑑賞会」

生誕125周年のフルトヴェングラー。当然ながらフルトヴェングラーの功績をたどるいうようなものではなく、足音、間違い拍手、咳払い、指揮者の鼻歌やうなりなど、クラシックの名盤に図らずも入ってしまった(秘)の音を鑑賞するという一風変わった扱いだった。題して「フルトヴェングラー生誕125年記念 クラシック名盤<(秘)音>鑑賞会」。




posted by koinu at 08:41| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

N響90周年特別公演“マーラーの交響曲第3番”

12月27日火曜 NHKFM 午後7時30分〜 午後9時10分放送


N響にとっては90周年、サントリーホールにとっては30周を記念する特別な演奏会。演目は壮大なマーラーの交響曲第3番。大編成のオーケストラに、女声 & 児童合唱、アルト独唱が加わる。


「交響曲 第3番 ニ短調」 マーラー作曲
(1時間33分00秒)
(メゾ・ソプラノ)ミシェル・デ・ヤング
(女声合唱)東京音楽大学合唱団
(児童合唱)NHK東京児童合唱団
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)パーヴォ・ヤルヴィ

〜東京・サントリーホールで収録〜  
(2016年10月6日)

http://www4.nhk.or.jp/bescla/x/2016-12-27/07/75446/4858784/

交響曲第3番はアッター湖畔の「作曲小屋」でマーラーが作曲した「世界最長の交響曲」だった。副題は「夏の交響曲」「夏の朝の夢」などといわれた。
『ツァラトゥストラはかく語りき』から歌詞を引用して、ニーチェの『悦ばしき知識』を全体的な構想して、第1楽章の標題として考えた「ディオニュソスの行進」もニーチェの思想では重要な意味があった。この交響曲全体がニーチェ思想と深い関連がうかがえる。

『ツァラトゥストラはかく語りき』

おお、人間よ! 注意して聴け!

深い真夜中は何を語っているのか?

私は眠っていた!

深い夢から私は目覚めた!

世界は深い!

昼間が思っていたよりも深い!

世界の苦悩は深い!

快楽−それは心の苦悩よりもさらに深い!

苦悩は言った。「滅びよ!」と

だが、すべての快楽は永遠を欲する

深い永遠を欲するのだ!


posted by koinu at 13:11| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

日本を初めて訪れて、わが国の唐朝のように感じた

唐の名残は日本に、明は朝鮮半島に、民国は台湾にあり! 今の中国には昔の面影なし!
中国の古都の面影が日本に残されている話題が中国のネット上で目立つ。

「京都の街並みは唐から盗んだもの」
「日本を初めて訪れて、わが国の唐朝のように感じた」

一般的な日本の戸建て民家、木材が多く使われたインテリア、大阪の繁華街、高台から見下ろす川の眺め、
日光江戸村、伊豆、人力車夫といった様子が紹介されている。
写真を見た中国のネットユーザーは、日本の清潔感や静かさを評価する声が寄せられた。

「実際に行って見てみたい」
「見終わって、国内では見られないことに心が痛んだ」
「盛唐を見るなら日本に行け、民国時代を見るなら台湾に行け」
「唐は日本にあり、明は南北朝鮮にあり」
中国は過去の王朝が残してきたものを現代に伝えられなかったことを表現したものと思われる。
「中国の今の都市発展はまともでない。2000年の歴史を持つ古代国家の特徴がほとんどない」との意見が見られる

posted by koinu at 18:16| 東京 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業大賞2016

●大賞:株式会社 電通
●業界賞:ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)
●業界賞:株式会社プリントパック
●ブラックバイト賞:DWE JAPAN株式会社(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業)
●特別賞:日本郵便株式会社
●ウェブ投票賞:日本郵便株式会社

「労働問題に取り組む弁護士やNPOなどが選ぶ「ブラック企業」大賞に、ことしは新入社員だった女性が過労のため自殺した大手広告会社の電通が選ばれました。
 「ブラック企業大賞」は、労働問題に取り組む弁護士やNPO、ジャーナリストなど11人の委員が違法な長時間労働やパワハラなどで問題となった企業の中から選んでいます。」出典:NHK NEWS WEB

posted by koinu at 12:10| 東京 ☁| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

スーパープレゼンテーション<字幕版>・選「宇宙について考える」

2016年12月26日(月) 午前0:45〜午前1:10(25分) NHK Eテレ


http://www4.nhk.or.jp/superpresentation/


宇宙に関する2つのプレゼンを紹介(1)太陽系外に人が住める惑星を探してきた天文学者ルシアン・ウォーコウィッチ(2)民間の宇宙開発会社を起業したウィル・マーシャル


【出演】ルシアン・ウォーコウィッチ,ウィル・マーシャル,【キャスター】伊藤穰一,スプツニ子!,【声】加納千秋,茂木たかまさ,【語り】Owen真樹


宇宙に関する2つのプレゼンを紹介。太陽系外に人が住める惑星を探してきた天文学者ルシアン・ウォーコウィッチは、地球に似た星を探す中で、地球のかけがえのなさを痛感したと吐露、温暖化などで危機にひんする地球環境を守っていくことの重要性を説く。民間の宇宙開発会社を起業したウィル・マーシャルは、超小型の人工衛星で地球上のあらゆる場所の画像を24時間ごとに撮影、インターネットで公開する取り組みについて語る。


posted by koinu at 21:00| 東京 ☁| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

「師が走る」は師が走る季節

・ 師=御師 御師とはお寺や神社などへ参拝しに来る人々の案内や参拝などをする人。
 12月は大晦日や初詣などがあり御師が一番忙しい時期なため、
 師(御師)が走りまわるという意味で師走という。
・師=お坊さん
年末になるとお坊さんが家に来てお経をあげるという習慣。
12月になるとお坊さんがとても忙しくなる。
・師=先生
12月は日頃落ち着いている学校の先生も忙しく走り回る月。
年末は学校の先生にとってはテストの作成・採点、行事や生活指導などいそがしい月。

posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

ミュージック・マガジン年間ベスト10

ピーター・バラカン選 2016

 Eric Bibb “The Happiest Man In The World” (Dixiefrog/BSMF)
 Norah Jones “Day Breaks” (Blue Note)
 Charles Lloyd & The Marvels “I Long To See You” (Blue Note)
 Van Morrison “It’s Too Late To Stop Now…Vol II, III, IV & DVD” (Exile/Sony)
 Gregory Porter “Take Me To The Alley” (Blue Note)
 Joshua Redman & Brad Mehldau “Nearness” (Nonesuch)
 The Rolling Stones In Mono (Decca/London)
 Christine Salem “Larg Pa Lo Kar” (Blue Fanal/Meta)
 Djelimady Tounkara “Djely Blues” (Label Bleu/Rice)
 Allen Toussaint “American Tunes” (Nonesuch)


Charles Lloyd & The Marvels with Bill Frisell - 2016-01-30 set 1 - Lincoln Center, New York, NY
https://www.youtube.com/watch?v=OMSVYi4FD5o
posted by koinu at 09:57| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

21日から二十四節気「冬至」

冬至になると植物が枯れて、動物が冬眠したり、食料が手に入りにくく、昔の人々は冬を乗り越えることが大変と考えていたみたい。

七十二候「乃東生(なつかれくさしょうず)」。
posted by koinu at 09:57| 東京 ☀| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

伊藤俊治『バリ島芸術をつくった男――ヴァルター・シュピースの魔術的人生』 平凡社

バリを訪れた人々を惹きつけるバリ絵画、ケチャ・ダンス、バロンとランダの闘争を中心にした呪術劇チャロナラン…。これらはロシア生まれのドイツ人がバリ人と共につくったものだった。彼は自ら絵を描き、写真を撮り、チャーリー・チャップリン、コバルビアス、ミード、ベイトソンらの案内役をも務めている。そして、日本軍の爆撃により四十七歳で不思議な生涯を閉じた。最良のものをバリに捧げた男の人生をたどり、“美と祝祭の島”“陶酔の島”の秘密に迫る。

ヴァルター・シュピース(Walter Spies, 1895年9月15日 - 1942年1月19日)
ドイツの画家。現代バリ芸術の父として知られ、1930年代バリ島におけるバリ・ルネッサンスの中心人物として活躍し、今日見られるような観劇用のケチャやチャロナラン劇をバリ人とともに創出した。
wikiより

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

ウィーン芸術週間の第九

ウィーン芸術週間の第九
フルトヴェングラーの第九の中でも、“『ルツェルンの第九』と並んで最も音の状態がよい”とうわされている日本フルトヴェングラー協会盤の「1953年5月31日ウィーン芸術週間の第九」をリマスタリングの上、リリース。演奏前、楽章間のインターバルもそのまま収録した臨場感たっぷりの1枚。


ヒトラーの第九
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 フルトヴェングラー(ヴィルヘルム) (アーティスト),       & 3 その他   形式: CD
第9をもっとも愛し、生涯96回も演奏したヴィルヘルム・フルトヴェングラーが、あの戦慄きわまる1942年、ヒトラー誕生記念日前夜祭で指揮をとった「交響曲第9番」を収録。



ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱つき》[バイロイトの第9/第2世代復刻]
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団のベートーヴェンの第九
 会心の「歓喜の歌」が高らかに響き渡る!
posted by koinu at 09:00| 東京 🌁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

プーチンが北方領土を返還したくない本当の理由

ロシアが領土問題で強硬になっている背景について、プーチン自身が16日の共同記者会見で説明した。
「ウラジオストクと、その北部には基地がある。そこから私たちは太平洋地域に出港する。日米安保条約で日本とアメリカがどのように対処するのか、私たちにはわからない。日本の皆さんは、ロシア側が感じている不安を理解してほしい」。

「ロシアが北方領土を日本に返還すれば、4島は事実上米軍の支配下に入るのではないか?」
 
ロシアが「クリミア併合」を決意したのは、ウクライナに誕生した親欧米新政権が、「クリミアからロシア黒海艦隊を追い出し、NATO軍を入れる」と宣言したことが原因だった。
「普通の国」であるロシアの国防意識は、安保をすべて米軍に任せ、「平和憲法で世界に尊敬されている」と勘違いしている日本より、はるかに高い。そして、ロシア国民はクリミア併合後、常に「米国と戦争中」という意識で暮らしている。だから、「4島が、事実上米軍の支配下に入ること」をプーチンが恐れる。

 日本にとって「ロシア」というと、まず第1に「北方領土問題」であり、第2に「石油、ガス」である。 

今回のプーチン来日で、「北方領土問題」は、ほとんど動かなかった。しかし、経済協力は、大きく動いている。経団連の発表によると、今回、政府間で12件、民間レベルで60件を超える協力案件で合意。日本側の投融資は総額3000億円規模になる。  報道で明らかになっている案件をいくつか挙げると、
・三井物産、三菱商事、ロシア国営ガス会社ガスプロムと、戦略的提携で合意。 ・丸紅と、ロシアの天然ガス2位ノバテック社は、「新規LNGプロジェクト開発、LNG石油製品取引等に関する協力覚書」を交わした。 ・経済産業省・資源エネルギー庁とガスプロムが協力発展で合意。 ・三井物産、ロシアの水力発電会社ルスギドロと協力。 ・日本の大手銀行、ガスプロムに融資。 ・川崎重工、ロシア・サハ共和国と、ガスタービンを利用したエネルギー供給の共同調査を実施。 ・双日、ハバロフスク空港の改修工事に参加、など。
 これらの話を聞いて、普通の日本国民が「よかった!」と喜ぶことはないだろう。しかし、日本とロシアが利益の出る事業に取り組むことは、とても重要である。2つの国を結びつけるもっとも強力な「接着剤」は、「金儲け」なのだから。

posted by koinu at 16:00| 東京 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Beethoven 9 - Chicago Symphony Orchestra - Riccardo Muti

もうじき第九コンサートになる時期だなぁ。
ベートベン「合唱」
posted by koinu at 13:32| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

ロシアが大統領選への干渉を狙ってサイバー攻撃

【ワシントン】オバマ米大統領はホワイトハウスで記者会見して、ロシアが大統領選への干渉を狙ってサイバー攻撃を仕掛けたと断定し、「これはプーチン(大統領)の関与なしにロシアでは起きないことだ」と名指しで批判した。また、9月に主要20カ国・地域(G20)首脳会議のため訪れた中国で、プーチン氏に「やめなければ深刻な結果をもたらす」と直接警告し、その後は更なる攻撃はなかったと説明した。

 大統領選では、民主党全国委員会やクリントン前国務長官陣営がサイバー攻撃の被害にあった。内部告発サイト「ウィキリークス」などが流出したメールの内容などを暴露したため、民主党候補のクリントン氏にとって痛手となった。米国土安全保障省などは10月、攻撃にはロシア政府が関与したと断定。米情報機関は共和党候補のトランプ氏の勝利を狙う意図があったと分析している。ロシア側は関与を否定している。
posted by koinu at 12:10| 東京 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

プーチン大統領から餌をもらう秋田犬「ゆめ」


プーチン大統領から餌をもらう秋田犬「ゆめ」


posted by koinu at 07:25| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

2016年ふたご座流星群

ふたご座流星群の流れ星もたくさん流れました。
火球は再生時間1分56秒に左下の鉄塔右側を流れます。高度が低く遠くの流れ星のため大きくは写っていません。
再生時間1分50秒過ぎから左下の鉄塔に注目してください。

そのほかにもふたご座流星群の流れ星と思われるものが
再生時間44秒中央右
再生時間1分6秒中央
再生時間2分6秒左鉄塔上
再生時間2分11秒右上
に写っています。
散在流星は
再生時間7秒
再生時間59秒
に比較的大きいものが写っています。
posted by koinu at 10:19| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする