2016年04月30日

「AC/DCの作品」

ハイ・ヴォルテージ - High Voltage (1974年, *オーストラリア盤)
T.N.T - T.N.T (1975年, *オーストラリア盤)
ハイ・ヴォルテージ - High Voltage (1976年, *メジャーデビュー盤)
146位 3Xプラチナム(US), シルバー(UK)
悪事と地獄 - Dirty Deeds Done Dirt Cheap (1976年)
3位 6Xプラチナム(US), シルバー(UK)
ロック魂 - Let There Be Rock (1977年)
154位 2Xプラチナム(US), 17位 シルバー(UK)
パワーエイジ - Powerage (1978年)
133位 プラチナム(US), シルバー(UK)
地獄のハイウェイ - Highway to Hell (1979年)
17位 7Xプラチナム, 8位 ゴールド(UK)
バック・イン・ブラック - Back in Black (1980年)
4位 22Xプラチナム, 1位 ゴールド(UK)
悪魔の招待状 - For Those About to Rock (We Salute You) (1981年)
1位 4Xプラチナム, 3位 ゴールド(UK)
征服者 - Flick of the Switch (1983年)
15位 プラチナム, 27位 ゴールド(UK)
フライ・オン・ザ・ウォール - Fly on the Wall (1985年)
32位 プラチナム(US), 8位 シルバー(UK)
ブロウ・アップ・ユア・ヴィデオ - Blow Up Your Video (1988年)
12位 2Xプラチナム(US), 2位 ゴールド(UK)
レイザーズ・エッジ - The Razors Edge (1990年)
2位 5Xプラチナム(US), 4位 2Xプラチナム(UK)
ボールブレイカー - Ballbreaker (1995年)
4位 2Xプラチナム(US), 6位(UK)
スティッフ・アッパー・リップ Stiff Upper Lip (2000年)
7位 プラチナム(US), プラチナム(UK)

悪魔の氷 - Black Ice (2008年)
1位 2Xプラチナム(US), 1位 プラチナム(UK)
ロック・オア・バスト - Rock Or Bust (2014年)
3位(US),3位(UK)
posted by koinu at 15:15| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

ドラマ「民王」が帰ってきた

posted by koinu at 10:11| 東京 ☀| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

節句の鯉のぼり


夙川公園は子どもの日が近くなると、たくさんの鯉のぼりが夙川をまたいで泳いでいる。空に泳ぐ鯉のぼりもいいですが、川に泳ぐ鯉のぼりも趣がありカラフルな景色。
posted by koinu at 17:28| 東京 ☔| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

エンブレム『A案ありき』

4FAC40F2-93B7-4310-8711-E504715BBF08.jpg

今回のエンブレムは午後3時の発表会の前に、一部メディアで「A案に決定」と報じられた。外国メディアの記者から「透明性を強調するが事前にメディア報道があった」と疑義を呈する声もあった。
posted by koinu at 12:13| 東京 ☁| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

2016年04月24日

グラハム・ナッシュが8日間でレコーティングした『THIS PATH TONIGHT』

ホリーズ、CSN、CSN&Yなど、50年以上キャリアを持つ一人のシンガー・ソングライターの優れたアルバム。
http://youtu.be/Hw7Yy3Ydmik

「私の初期の作品とは違った雰囲気を持っているが、昔の作品の面影を聴くこともできる。この作品は、密度の濃い創造と、完全なる情熱の自己を探求する旅の一つだと言えるだろう」
 グラハム・ナッシュ
「いま現在、僕はクロスビーとは何もやりたくない。いたってシンプルだ。僕の世界では、この先クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのアルバムもなければ、クロスビー、スティルス&ナッシュのアルバムや公演もない」

怒りの鉄槌が生んだ、音楽性豊かなアルバム。

アメリカ、イギリス、ヨーロッパ、オーストラリアを回るソロ・ワールドツアーを行って、全米TV番組「The Late Show with Stephen Colbert」に出演したばかりのグラハム・ナッシュ。
posted by koinu at 12:25| 東京 ☔| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

ユーグレナの効果

ミドリムシが生息した5億年前の地球にはオゾン層がなく、電磁波や放射線が降り注いでいた。

光合成細菌、乳酸菌、酵母などの微生物は、がん細胞や放射線物質をエサにして増殖する。放射線や癌を無害化するミドリムシは、原子炉内にも生息して過ごせるのであった。
ユーグレナの効果
1.ミドリムシの食物繊維成分「パラミロン」には、無数の小さな穴が開いています。体内に入るとコレステロールや中性脂肪を吸着する。
パラミロン自体が消化されにくい特性から、吸着された不要物も胃や腸で消化されず便として体外へ排出される。デトックス効果が期待できる。

2.健康な人はIgE抗体が微量しかないのですが、抗体を作りやすいアレルギー体質は生産が活発になる。例えば花粉を吸ったら敵だとみなして、鼻水などで追い出そうとする「花粉症」、ダニやハウスダストを敵とみなしてヒスタミンを放出し、湿疹を起こす「アトピー」になるというプロセス。

3.ミドリムシに含まれる成分、パラミロンには、痛風の原因となるプリン体を吸収・抑制する効果がある。
体内に尿酸が蓄積して、関節炎などを起こす病気は、炎症が足や腰、膝、肩、ひじなどの関節や骨端を移動する。
プリン体は肉や魚、穀物など食物全般に含まれていて、特に旨み成分を構成する主成分。通常プリン体を摂取した場合は、体の中で分解されて尿酸に変化して、体外へ排出される。だが腎臓の機能が低下すると、体内の尿酸値が高まり痛風のリスクが増える。

4.「二日酔いにはシジミ」は肝臓のアルコール分解機能をアラニンが強化する。ユーグレナに含まれてるアラニンは、頻尿や排尿障害などの症状を緩和するので、前立腺肥大を抑える。

posted by koinu at 12:26| 東京 ☁| 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

プリンス死因はインフルエンザ

[ロサンゼルス 15日 ロイター] - 芸能ニュースサイトTMZによると、米歌手プリンス(57)は15日、自家用機内で[ロサンゼルス 15日 ロイター] - 芸能ニュースサイトTMZによると、米歌手プリンス(57)は15日、自家用機内でインフルエンザの症状が悪化したため、緊急着陸後に病院に救急搬送されたが、同日中に退院した。

プリンスの代理人はTMZに対し、プリンスは14日夜にインフルエンザによる体調不良を押してアトランタ公演を行った後、移動のため搭乗した自家用機の中で体調がさらに悪化したと説明。機体はイリノイ州モリーンに緊急着陸し、プリンスは現地の病院に搬送され、治療を受けた。その後退院し、再び自家用機で自宅に向かったという。

TMZによると、プリンスはこの前の週にインフルエンザのためアトランタの2公演をキャンセルしていた。インフルエンザの症状が悪化したため、緊急着陸後に病院に救急搬送されたが、同日中に退院した。

プリンスの代理人はTMZに対し、プリンスは14日夜にインフルエンザによる体調不良を押してアトランタ公演を行った後、移動のため搭乗した自家用機の中で体調がさらに悪化したと説明。機体はイリノイ州モリーンに緊急着陸し、プリンスは現地の病院に搬送され、治療を受けた。その後退院し、再び自家用機で自宅に向かったという。

TMZによると、プリンスはこの前の週にインフルエンザのためアトランタの2公演をキャンセルしていた。

「重力の鎖はもうないから、あの宇宙の果て、Bowieやマイケルと、思い切りJAMって欲しい」合掌。
posted by koinu at 06:58| 東京 🌁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

2016年04月20日

エクアドル地震、空から見た被災地

posted by koinu at 18:00| 東京 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

2016年04月18日

地震雲?

CC898533-3897-4B79-AABB-D191BE5DEBD5.jpgE894C579-C789-4C65-965B-DFCF94F4F1C0.jpg土曜日の空を見上げながら
posted by koinu at 12:10| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

エクアドル地震M7.8

南米エクアドル沿岸で、日本時間17日午前9時ごろ、M 7.8の地震が発生。
posted by koinu at 10:55| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九大が日奈久断層へ地震予想

熊本地震、九大が10年前に予想していた!日奈久断層に関して言及
25B35C82-AA4D-4615-ABE8-2AE225C4F7EF.jpg
布田川・日奈久断層帯は、熊本県の南阿蘇村から益城町に東西方向に伸びる布田川断層帯と、益城町から八代海南部に向かって北東から南西に伸びる日奈久断層帯からなっている。
CDFD6CEE-E05D-4110-82A3-F2EAFAC508CF.jpg
@今回の熊本大地震自体は大分過去から発生の可能性が示唆されていた
A南海トラフ地震は気象庁が公開している情報だと現在発生の兆しは無し

BA736F25-6164-4753-AA7C-635F5EDF6419.jpg
posted by koinu at 09:27| 東京 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

2016年04月15日

『民王』スペシャル今夜放送

親子の入れ替わり劇『民王』待望のカムバック。原案・池井戸潤「ホントにやるの?」2週連続『民王』。

今回は泰山と翔だけでなく、閣僚たちまでも幼稚園児たちと入れ替わってしまう。この陰謀の調査に奮闘する公安刑事として、大倉孝二と門脇麦が新たなキャストとして出演する。
2週目『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』。武藤泰山の公設第一秘書・貝原茂平を主人公に、泰山の元にやってくる5年前の政界が舞台となる。貝原がほのかに想いを寄せる聡明な美女・雪野詩音が登場。

posted by koinu at 10:54| 東京 ☀| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

2016年04月13日

屋根裏から「カラバッジョ名画」発見 推定150億円の価値 仏

フランス南西部トゥールーズ(Toulouse)近郊の住宅の屋根裏からみつかった絵画について、2人の専門家が12日、イタリアの画家カラバッジョ(Caravaggio)が400年前に描いた「本物の」作品であるとの見解を示した。その価値は最高1億2000万ユーロ(約150億円)と推定。

posted by koinu at 10:11| 東京 ☁| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

『ブロントメク! 』マイクル・コーニイ/大森望(河出文庫)

惑星アルカディアをまわる6つの月が52年に一度そろって空にかかるとき、高潮にのって何兆というプランクトンの群れが海面にかたつむりの足跡のように帯状に輝いた。
このマインドと呼ばれるプランクトンと巨頭鯨は奇妙な共生関係にあった。マインドは密集することによって人間のテレパシー能力を増幅させるリレー効果をもっていた。
人々は催眠術にかかったように次々と海に入り、やがて黒いひれの群れと一つになって血の海に呑みこまれていく。子供を守ってくれるお返しにマインドは餌を提供するのだ。
こうして過去2年のうちに全人口の30%は他の惑星に移住し、経済は崩壊に瀕していた。
そんなとき銀河系をまたにかける巨大企業へザリントン機関が経済復興の援助を申し出てきた。アルカディアの議会はそれを受けた。やがて移民として無定形生物と巨大なトラック、ブロントメクの群れが送りこまれてきた…・・・英国SF作家協会賞に輝くコニイの長篇。
(本書あらすじより)

ライトノベル系と思える装丁イラスト。抒情性のある文体で、進む方向はハードなSF世界が広がっている。

コロニーの生態系は人類が移り住む前から、6個の月の影響を受け独自の周期で生態系が営まれて、海に住む「マインド」というプランクトンが人間の精神をコントロールしている。数年前にコロニーの住民半数をリレー効果へ追いやる、海に住む肉食鯨の餌にする事件が起きた後の世界。

地球で挫折してやってきたケヴィンは小さな造船工場を営む。新型ヨットのキャンペーンガールとしてやってきた美女スザンナに一目してしまう。純情な青年の恋と冒険破綻寸前となった惑星の実権を握る、営利団体ヘザリントン機構に巻き込まれ運命は変わり始める。スザンナの髪はブロンドめく聡明なヒロイン。

イミュノールという多幸性と倦怠効果ある薬を服用すれば、精神コントロールから逸脱できる。住民も減り危機的な状況のコロニーに機関が経済援助をするという形で、様々な意図を隠して支配を強めてきた。この「マインド」は表面上の人類に対する危害ということでなく、生態系レベルの惑星の自然摂理を表現している。しかしレミングスの様な種族レベルの調整機能など、人類の生理機能や人間性を隠喩している。「あたしはあなたを死ぬほど愛しているから」


自動運転の耕作機械「ブロントメク」と人間は結局の所同じなのだろうか。

「アモーフ」という人間個人の意識を完璧にトレースして潜在意識の姿に変身する奴隷エイリアンから考察される。

自然摂理や人間社会の大きな流れから逸脱しようとする個々の衝動、それを押えつける全体からの抑制と逃避。


短編小説しか読んでなかったマイクル・コーニイ、新訳なんで改めて醸すイメージを恋愛長編で味わう。敢えてメルヘンチックな画像演出して、コンピューター・グラフックスを安易に使用しないほうが、微生物と鯨の共生する設定がしっかりと描写されるのではないかと想像しながら読む。

Coney Michael
1932年、英国バーミンガム生まれ。SF作家。72年カナダのブリティッシュコロンビア州に移住。77年には集大成的な作品『ブロントメク!』で英国SF協会賞を受賞。2005年没。約20の長編と70近い短編を遺した。
posted by koinu at 13:12| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする