2016年01月31日

アングル:弱気相場いつまで続くか、経験則が語る株下落

[ロンドン 27日 ロイター] 多くの株価指数が「弱気相場」の圏内に突入し、動揺をきたしている投資家にとっては、良いニュースと悪いニュースがある。
良い方は、売り局面はあと数カ月で終わるかもしれないということ。
悪い方は、もう一段の大幅下落が起きる公算が大きく、直近の高値に戻るにはこれから何年も先になるとみられる点だ。

中国経済の減速や原油価格急落、米国の利上げなどへの懸念から、欧州株の多くは昨年の高値からの下落率が20%を超え、投資家は巨額の損失に見舞われている。

こうした株安を受け、市場参加者の間では「弱気相場」という言葉が広く認識されるようになり、今月のグーグルの検索記録は、景気後退が深刻化していた2008年10月以来の高水準に達した。同時に、今後はどうなるのかという疑問も浮上してきた。

トムソン・ロイターがFTSEユーロファースト300指数.FTEU3の動きを分析したところ、同指数が導入された1997年以降に訪れた5回の弱気相場の平均持続期間は11カ月、高値から底値までの下落率は42%だった。

弱気相場入りから直近の高値を回復するまでの平均期間は35カ月。現在の弱気相場は9カ月が経過し、下落率は24%となっている。

FT100種総合株価指数.FTSEに対する同様の分析では、1986年の指数導入以降の7回の弱気相場は平均で11.5カ月続き、高値からは32%下がって、直近の高値回復には49カ月を要した。
posted by koinu at 10:03| 東京 ☁| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

クジラの死骸がジュフビーチ(Mumbai)に



【1月29日 AFP】インド西部ムンバイ(Mumbai)にあるジュフ(Juhu)ビーチに28日夜、体重約20トン、全長11メートル余りのニタリクジラの死骸が打ち上げられた。外傷は見つかっていないが、3、4日前に死んだとみられる。(c)AFP

posted by koinu at 09:00| 東京 ☔| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

甘利経済再生担当相が閣僚を辞任、金銭授受疑惑で



甘利経済再生担当相が閣僚を辞任、金銭授受疑惑で
posted by koinu at 07:41| 東京 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

プーチン:人類の進化はGMO、医薬品、ワクチンによって危機に面している

遺伝子組換え食品の問題を指摘。
「中期的・長期的視点から考えると非生産的」である。


西側政府がコントロールしている人々は、「集中的にワクチンを受けて自閉症の境界線にあり、コーンシロップの効き目が切れた状態でテレビ画面の前に倒れこんでいる肥満の人間」であり、ロシア国民は「どのような手段をもってしても、守らなければならない」とプーチンが主張。

以下記事より
ロシア連邦安全保障会議(SCRF)が作成した報告書が、今日、ロシア政府内に回覧されている。その報告書には、GMO「食品」および西側の医薬品から、ロシア国民をどのような手段を取っても守らないといけない、とう内容の命令をプーチン大統領が下したと記されている。

プーチン大統領は、人間の進化の次のステージは現在、「深刻な危機」に直面しており、西側・世界的権力者は「自分たちの個人的利益のために、人間の進化のプロセスを意図的に遅らせている」と発言したと同報告書は記している。

プーチン政権下のロシアでは、オーガニックに、あるいは持続可能な形式で農業を営みたいという国民に対し、ここ数年間は無料で土地を供与している。ロシアの目標は、「エコロジーの面でクリーンな」生産に基づいた、GMO(遺伝子組み換え食品)ではない食料品の世界「有数の輸出国」となることである。

このロシア連邦安全保障会議の報告書は、ロシア政府がGMOを含む食品の生産を停止することを発表したわずか数ヵ月後に出されたもので、ロシアのGMOに対する動きは国際社会からモンサントのような多国籍企業に対する戦いの中でも大きな一歩と受け入れられた。
ロシアは自然でオーガニックな農業の分野で、リーダー的な道を進み続ける。
以上記事より
posted by koinu at 13:20| 東京 ☀| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

2016年01月25日

2016年01月24日

2016年01月23日

■表情は、心(脳)と繋がっている!

悲しい顔をしていたら心も沈んできますが、笑顔でいたら、心も明るくなるのです。つまり、表情と心(脳)は繋がっているということ。
脳科学者の茂木健一郎さんも、あるテレビ番組で「無理にでも頬を持ち上げ、笑顔を作ると、気持ちが楽になりますよ」と、お話されていました。心の底から笑わなくても、口角を上げて笑った表情を作るだけで脳が影響を受け、考え方がよりポジティブになることが解明されてきたとか。
「ツラいときこそ笑顔」を心がければ、状況は好転するかもしれません。

posted by koinu at 14:42| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会えば人の悪口だらけ

それも正確な情報ではないことが、
まんまと判別出来ない奴等とはなさけない。

97B11DEE-0692-4B95-AFA4-65A2275EC6CC.jpg
批評する眼も自ら飼い主さんから奪われている、
そんな原因を知ることもないとは。
縁の切れ目とは、そんなことだった。
posted by koinu at 10:17| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

白銀の輝き、樹氷に覆われたドイツの山

posted by koinu at 09:00| 東京 ☁| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた

【1月21日 AFP】(更新)米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表した。

 チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン(Planet Nine)」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」を巡っている。「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万〜2万年かかる」と推定されるという。

 研究結果は、米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された。チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見された。この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト(Kuiper Belt)」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。

 直接の観測にはまだ至っていないが、現在、米ハワイ(Hawaii)のW・M・ケック天文台(W. M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡(Subaru Telescope)などが観測を試みている。

 カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン(Mike Brown)教授(惑星天文学)は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。これは、非常に胸を躍らせることだ」と語る。また同大学のコンスタンティン・バティギン(Konstantin Batygin)助教(惑星学)は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話している。(c)AFP

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

アデル新曲MV、史上最速で再生10億回突破

posted by koinu at 17:54| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

散歩する道

IMG_3461.JPG
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

ロータリー空間

BCB86B1B-2994-4877-8EF4-6C79C29A8ADE.jpg
posted by koinu at 13:49| 東京 🌁| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

となりのトトロ

46DE5C4E-BB1E-4D82-96B8-C8BD87B0E6E5.jpg352DAADE-F603-46C3-A512-9F824488A6AE.jpg
posted by koinu at 15:04| 東京 ☀| アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

大型類人猿の絶滅、原因は「変化への不適応」か 研究

なかなか興味深い記事である
posted by koinu at 16:17| 東京 ☀| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

2016年01月13日