2015年11月30日

港のキリンたち

901AE343-28D5-460B-8CBF-BE187D042C67.jpg
posted by koinu at 10:33| 東京 ☁| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

灘の酒だな

CBEB95BC-5659-4681-8F30-FFA598073453.jpg
posted by koinu at 14:47| 東京 ☀| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

『辻パパの戦中戦後少年青年壮年老年日記』

大映京都の助監督さんが語る
消えた監督たち、三隅研次との相剋、テレビ映画でのむなしき監督昇進、勝新太郎『顔役』の裏話など。
興味尽きない映画製作のドキュメントとネット自伝。
凄い記録が公開されれいた(^.^)

■『辻パパの戦中戦後少年青年壮年老年日記』 辻光明

posted by koinu at 07:27| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

2015年11月26日

生かし方を誰よりも知っていた小津監督

posted by koinu at 09:27| 東京 ☔| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

【AFP記者コラム】パリは「戦争」じゃない

posted by koinu at 23:08| 東京 ☁| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

2015年11月23日

解読できるだろうか

75D06FA9-B4BC-469D-975A-1E8AA7A2EBA4.gif

江戸の絵文字による迷宮世界。
posted by koinu at 23:47| 東京 ☁| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬到来、ドイツ各地で雪景色

posted by koinu at 16:41| 東京 ☁| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「金のキットカット」限定発売、1本2016円

posted by koinu at 12:48| 東京 ☁| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

生誕100年 写真家・濱谷浩

生誕100年 写真家・濱谷浩
濱谷浩が1945年8月15日に疎開先の新潟県高田で撮影した《終戦の日の太陽》から70年、 本年は戦後70年であるとともに、濱谷の生誕100年にあたります。 民俗学への傾倒とともに人間と風土を見つめ続けた代表作『雪国』、『裏日本』をはじめ、 1930年代の写真家としての出発点から1960年代の安保闘争までの国内で撮影された主要なモノクローム作品を通して、 写真家・濱谷浩の足跡をたどります。 「人間が,人間を,理解するために」とのつよい思いを託した200点を収載。

D3410E0D-05B3-44E2-A550-E05BE44C3F84.jpg70F94EE8-3086-4E66-88D9-5F5538F93EE9.jpg8A8DDB73-E92B-4C4D-9F7A-115E811DC31B.jpg31738AC5-4E32-4F71-BAFE-FF7A423A18E3.jpg


第1章 モダン東京(1〜40)
1931年から39年の銀座を中心に丸の内、浅草、赤坂、府中と日比谷は各1点
第2章 雪国(41〜80)
1940年から60年の新潟各地の冬。
第3章 裏日本(81〜120)
1955年を主に、1957年までの秋田、青森、新潟、石川、富山、山口、山形の暮らし。
第4章 戦後昭和(121〜160)
1945年から1960年までと、68年の丸の内が1点、主に60年学生運動。
第5章 學藝諸家(161〜200)
渋沢栄一、鈴木大拙、新村出、堀口大學、堀口大學一家、小杉放庵、會津八一、小田嶽夫、高村光太郎、小林古径、
棟方志功、棟方志功一家、大岡昇平、坂口安吾、折口信夫、伊藤整、内田百閨A永井荷風、佐藤春夫、谷崎潤一郎、
井伏鱒二、川端康成、小林秀雄、小林秀雄父子、幸田文、正宗白鳥、室生犀星、柳宗悦、坂口謹一郎、安岡章太郎、
石川淳、大江健三郎、開高健、多くは喫煙姿。
文化堂印刷。

F5EFD7E4-E75B-4FF5-9CD0-288DFF441E5B.jpgBC67C0A4-FBA2-44F8-B5AE-AB3312F693BD.jpgF3E057F4-EB8D-437F-BC07-E78A040AEFEA.jpgAFBAB21A-B2F5-4468-A1C4-BD8A1A046A3F.jpg50E6922D-BC72-487B-9BB3-A1C0AF84D717.jpg
濱谷浩プロフィール 1915年、東京生まれ。1933年、関東商業学校卒業後、オリエンタル写真工業に入社。 1939年、新潟県高田市を訪れて雪国の暮らしに感銘を受け、日本の風土に強い関心を持つ。 新潟県桑取谷に10年通い、写真集『雪国』を刊行。1954年からは日本海沿岸を取材し、名作『裏日本』を 刊行。1960年、日本人として初のマグナム寄稿写真家となる。 1986年、ニューヨークで「ICP写真巨匠賞」、1987年、スウェーデンのハッセルブラッド基金「国際写真賞」受賞。 1997年、日本人初の英国王立協会名誉会員に推挙される。1999年8月、死去。


posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーラン・エリスン(Harlan Jay Ellison、1934年5月27日 - )

アメリカ合衆国オハイオ州生まれの小説家。SF作家、脚本家。別名=エリス・ハート (Ellis Hart)、レイ・ハーソン (Sley Harson)等。オハイオ州立大学に入学するが、18ヶ月後、素行不良で退学処分になる。


1955年ごろより創作活動を開始。 1957年より1959年陸軍に在籍。


1965年以降は安定して質の高い作品を産み出しつづけて、テレビドラマの脚本家としても活躍した。


「アンクルから来た男」「宇宙大作戦」「ラット・パトロール」「ボブ・ホープ・クライスラー劇場」「バークにまかせろ」「アウター・リミッツ」「原子力潜水艦シービュー号」「バットマン」「ハニーにおまかせ」「ルート66」「アンタッチャブル」「ヒッチコック劇場』他を手がける。


ellison1978.jpgharlan-ellison-.jpg


ハーラン・エリスンのブログ


http://harlanellison.com/home.htm


[短編集] 作品リスト



『世界の中心で愛を叫んだけもの』 The Beast that Shouted Love at the Heat of the World (1971)


人間の思考を超えた無限の心的跳躍のかなた――究極の中心、クロスホエン。この世界の中心より暴力の網は広がり、おおっていく……暴力の神話、現代のパンドラの箱を描き、ヒューゴー賞を受賞した表題策ほか、核戦争後、瓦礫の山と化したシティに力で生きぬくチンピラの少年たちと、言葉を話す犬の友情物語「少年と犬」武装した自動車で、ハイウェイ上に死闘を繰り広げる「101号線の決闘」など、きらびやかな才能を駆使して、さまざまなシチュエーションを独特のスピード感あふれる文体で描く、米SF界きっての鬼才ハーラン・エリスンのウルトラ・ヴァイオレンスの世界15作を収録、


『世界の中心で愛を叫んだけもの』The Beast that Shouted Love at the Heart of the World


この可視宇宙の遥か遠く、多元宇宙をも越えた全ての始まり、全ての究極の中心……そこに存在する邪悪な竜から、憎悪が地上へ伝播された!


『101号線の決闘』Along the Scenic Route


『不死鳥』Phoenix


『眠れ、安らかに』Asleep : With Still Hands


『サンタ・クロース対スパイダー』Santa Claus vs. S.P.I.D.E.R.


快適な北極の玩具工場に緊急連絡を受け、出動した彼が拝命した重大任務とは、ニクソン、アクニューなど米国政界首脳に取り憑いたスパイダーを除去することだった!


『鈍いナイフで』Try a Dull Knife


『ピトル・ポーウォブ課』The Pitll Pawob Division


『名前のない土地』The Place with No name


『雪よりも白く』White on White


『星ぼしへの脱出』Run for the Stars


『聞いていますか?』Are You Listening?


日を無為に過ごす善人たちを突如恐怖が襲った! いくらわめこうが殴りかかろうが、他者との意志疎通がまるでできぬ疎外の恐怖が!


『満員御礼』S.R.O. 夜ごと宇宙人たちの演じて見せる絢爛豪華な無言の名演技は、全世界から押しよせた観客を愛と畏敬の興奮のるつぼに追いこんだ!


『殺戮すべき多くの世界』Worlds to Kill


『ガラスの小鬼が砕けるように』Shattered Like a Glass Goblin


『少年と犬』A Boy and His Dog


第三次大戦後、廃墟と化したシティで言葉の通じる犬を無二の友として生きる少年が、愚連隊同士の激しい縄張り争いの中ではじめて知った真実の愛とは?


『危険なヴィジョン』 Dangerous Visions (1967)


いまあなたの手にあるのは、たんなる本ではない。運いけば、それは革命だ! 全239000語、書き下ろし作品だけからなる“思弁小説”のアンソロジーとしては最大のものである。この本は、世の中をゆりうごかすために企画された。この本は、僕らの時代に、新しい地平、新しい形式、新しい文体、新しい課題を生み出す必要から創案されたのだ!――鬼才ハーラン・エリスンが、英米SF界を代表する32人のもつさまざまな壁を打ちくだくべく企画・編集し、SF界に一大旋風を巻き起こした傑作アンソロジー

まえがき その1――第二革命』……アイザク・アシモフ


『まえがき その2――ハーランとわたし』……アイザク・アシモフ


『序――三十二人の予言者』……ハーラン・エリスン


『夕べの祈り』……レスター・デル・レイ


『蝿』……ロバート・シルヴァーバーグ


『火星人が来た日の翌日』……フレデリック・ポール


『紫年金の遊蕩者たち』……フィリップ・ホセ・ファーマー


『マレイ・システム』……ミリアム・アレン・ディフォード


『ジュリエットのおもちゃ』……ロバート・ブロック


『世界の縁にたつ都市をさまよう者』……ハーラン・エリスン


『すべての時間が噴きでた夜』……ブライアン・W・オールディス


以上の二冊が早川書房より刊行されているのみである。


------------------------------------------------------------------------------


映画


『少年と犬』A Boy And His Dog, 1975(米)監督:L.Q.ジョーンズ


西暦2024年。核戦争により荒廃した地球を舞台に、超能力を持つ犬とその飼い主である少年。そして少女との間で展開される物語を描く。


映画『少年と犬』A Boy And His Dog 予告編




ジェームズ・キャメロン 『ターミネーター』シリーズの設定がエリスンの作品から剽窃したものだと認める謝罪広告を打った。 ハーラン・エリスンが脚本を手がけたテレビ・シリーズ「アウターリミッツ」より「38世紀から来た兵士」と「ガラスの手を持つ男」の二つのエピソードをヒントにしていた。


 [受賞歴]


『「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった』 ("Repent, Harlequin !" Said the Ticktockman)で、1966年世界SF大賞を受賞。


『おれには口がない、それでもおれは叫ぶ』(I Have No Mouth, And I Must Scream)で、1968年ヒューゴー賞を受賞。


『世界の中心で愛を叫んだけもの』(The Beast that shouted Love at The Heart of The World)で、1969年ヒューゴー賞、世界SF大賞を受賞。


『少年と犬』(A Boy and His Dog)で、1969年ネビュラ賞を受賞。


『死の鳥』(Deathbird Stories)で、1974年ローカス賞、ヒューゴー賞、世界SF大賞を受賞。


『ランゲルハンス島沖を漂流中』(Adrift Just off the Islets of Langerhans : Latitude 38°54' N, Longitude 77゜00' 13" W)で、1975年 世界SF大賞、ヒューゴー賞を受賞。


短編集『Angry Candy』で、1989年ローカス賞を受賞。


『Mefisto In Onyx』で、1994年ローカス賞を受賞。


短編集『Slippage』で、1998年ローカス賞を受賞。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by koinu at 15:10| 東京 ☁| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来日サム・スミス 放送

来日にあわせて、サム・スミス LIVE 再放送
11月21日(土) NHK BSプレミアム 24:45〜25:15
http://www.nhk.or.jp/yougaku80/program/ssl.html


MTV「サム・スミス VideoSelects」
11月22日(日)20:30−21:00 放送
11月25日(水)22:30−23:00 再放送

posted by koinu at 06:58| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

2015年11月17日

巨神兵たち

660C95F8-FD7F-4456-954A-CCB3373D79F8.jpg
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

ワイングラスが騙し絵に!

6F7B33FC-5005-4C39-A678-25EA1F5ADABE.jpg
ドッキリアートでした!
posted by koinu at 16:59| 東京 ☀| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする