ケーブルカーで行く

C24E6E59-8551-4853-A39D-41E5A77A58E9.jpg28C782FC-D88C-4AB5-A77B-CE2307105D0B.jpg
posted by koinu at 11:37| 東京 ☀| 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

カロリー制限はやはり長寿に効果がある

カロリー制限はやはり長寿に効果がある、とする研究結果を米国の二つの研究チームがまとめた。
15年7月まで実験を比べると、カロリー制限を始めた年齢が大学は大人の7〜15歳なのに対し、研究所は1〜23歳と幅広かった。実験開始時の年齢を若年(1〜14歳)と中高年(16〜23歳)に分けて改めて解析すると、若年でカロリー制限を始めた場合は寿命が延びる効果はみられなかったが、中高年で始めた場合は効果がみられ、特にオスは平均寿命の推計が全体よりも9歳ほど長い約35歳だったという。
両チームの解剖データを調べたところ、開始年齢や性別にかかわらず、カロリー制限をしたグループのほうが、がんの発生率が15〜20%ほど低かった。糖尿病や脳卒中など加齢に伴う病気も、より遅く発症していた。
  東京都健康長寿医療センター研究所の石神昭人研究部長(老化制御)は「論争に一つの終止符が打たれた。約30年に及ぶカロリー制限の研究データは、人間にも置き換えることができそうだ」と話す。(朝日新聞社)
posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

☆喉の痛みに良い食べ物

1. マヌカハニーを舐める
蜂蜜より効果的なのがマヌカハニーです。喉の痛みや口内炎に効果抜群。

2. 大根のはちみつ漬け
大根には消炎作用があり、喉の腫れを和らげる。特に効果有るおろし汁を飲むと咳も治まる。

3. 洋梨を食べる
喉の炎症を抑えてくれるソルビトールが梨が豊富に含まれている。

4. マシュマロも良い
含有されるゼラチンが炎症を起こした喉を柔らかく覆って痛みを和らげる。

5. 喉の痛みに良い食材は
生姜、ねぎ、レンコン、春菊、しそ、キンカン、みかんの皮、ゆず、パイナップルなど。これらはビタミンやミネラルを多く含んでいるので炎症を抑え、逆に喉に悪い食べ物は、唐辛子などの刺激物、チョコレート、メロンなど。

6. 冷たいものは摂らない

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

『喉の痛みの治し方』

寒くなってくると空気が乾燥して、喉にトラブルが発生しやすくなる。色々な回避方法の中でも、マヌカハニーは効果がかなり凄い
☆喉の痛みを緩和させる方法

1. とにかくマスクをつける
2. 首を暖めるのが大切
3. うがいは塩水でやるのが良い

4. 口呼吸は絶対にやめる
5. 肩をグルグル回して血行を促す
6. 枕元にタマネギ!
たまねぎの皮を剥いて半分に切って、枕元に一晩中置いておきましょう。タマネギ含有の「硫化アリル」に咳を止め、安眠効果がある。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆喉の痛みに良い食べ物

1. マヌカハニーを舐める
蜂蜜より効果的なのがマヌカハニーです。喉の痛みや口内炎に効果抜群。

2. 大根のはちみつ漬け
大根には消炎作用があり、喉の腫れを和らげる。特に効果有るおろし汁を飲むと咳も治まる。

3. 洋梨を食べる
喉の炎症を抑えてくれるソルビトールが梨が豊富に含まれている。

4. マシュマロも良い
含有されるゼラチンが炎症を起こした喉を柔らかく覆って痛みを和らげる。

5. 喉の痛みに良い食材は
生姜、ねぎ、レンコン、春菊、しそ、キンカン、みかんの皮、ゆず、パイナップルなど。これらはビタミンやミネラルを多く含んでいるので炎症を抑え、逆に喉に悪い食べ物は、唐辛子などの刺激物、チョコレート、メロンなど。

6. 冷たいものは摂らない
posted by koinu at 13:10| 東京 ☀| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

ハリウッド俳優がトランプ政権下でも「生き抜く」決意を歌った動画がネットにあがり、2日間で136万回再生

米ハリウッド俳優たちが「私は生き抜く」と歌う動画がネットに上がって、トランプ次期米大統領に対する抵抗のメッセージだと話題になっている。

米国のファッション誌「W」が製作。ナタリー・ポートマンさんやエマ・ストーンさん、マシュー・マコノヒーさんら約20人が登場して、歌ったり歌詞を朗読。同誌サイトに掲載された後、2日間で、約136万回再生される。


Emma Stone and Natalie Portman lead A-list cast for rendition of 'I Will Survive' ahead of Donald Trump's inauguration

http://www.telegraph.co.uk/news/2017/01/13/emma-stone-natalie-portman-lead-a-list-cast-rendition-will-survive/

posted by koinu at 19:00| 東京 ☀| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三島由紀夫とジョン・ベスターの対談

作家の三島由紀夫(1925〜70年)が自決する約9か月前、自らの文学観や死生観を肉声で語った録音テープが見つかった。
自決に向けて具体的な行動を構想し始めた頃の対談で、自らの文学の「欠点」などを約1時間20分にわたって生々しく語っている。三島研究者は「テープの存在は聞いたことがなく、未発表と考えられる」としており、三島の文学と思想を理解する上で貴重な資料となりそうだ。
テープはイギリスの翻訳家ジョン・ベスター氏(1927〜2010年)と日本語で行った対談を収めたもので、東京・赤坂のTBSの社屋内で見つかった。ダビングされたものが資料ロッカーに保管されており、「三島由紀夫とジョン・ベスターの対談」と記され「使用禁止」(放送禁止)扱いにされていたのを社員が発見した。


ジョン・ベスター(John Bester, 1927年 - )は、英国イングランド生まれの日本文学翻訳家。
1945年、第二次世界大戦末期に、イギリス海軍の日本語通訳養成に応募し、日本語を学び始める[1]。終戦後、ロンドン大学東洋アフリカ研究所(SOAS)の学部、大学院で学び、1953年に仏教研究を志して来日[2]。やがて大学で教鞭を執ったり、朝日新聞社の英文季刊誌『ジャパン・クォータリー』の翻訳などに関わりながら、日本文学の英語への翻訳を手がけるようになり、1970年代半ば以降は翻訳に専念する[1]。この間、井伏鱒二『黒い雨』、大江健三郎『万延元年のフットボール』ほか、多くの日本近現代文学の作品を英訳した。1980年には、阿川弘之の『山本五十六』を英訳した『The Reluctant Admiral』で日本翻訳出版文化賞を受賞した[3]。
1990年、三島由紀夫『三熊野詣』の英訳と長年にわたる日本文学の翻訳紹介活動に対して第1回野間文芸翻訳賞を受賞した。
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

映画『マシュー・ボーンの「眠れる森の美女」』

マシュー・ボーン (Matthew Bourne, OBE, 1960年1月13日 - )
 イギリスのコンテンポラリー・ダンス演出・振付家。


ミュージカルとダンスの境界に位置する作品を1980年代後半より生み出している。
バレエの古典作品に新解釈を加えた作品もあり、“報われない愛” をテーマに扱うことが多い。
友人らと共にコンテンポラリー舞踊団 「アドヴェンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズ」 を設立。
1992年にクラシック・バレエの「くるみ割り人形」をモダンに解釈した作品を発表、
その後、男性ダンサーを中心にした新解釈の「白鳥の湖」で広く注目される
posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

首藤康之の踊る旋律 〜振付家マシュー・ボーンの世界〜

NHK FM 午後9時10分〜 午後10時00分

「バレエ音楽“白鳥の湖”第2幕“白鳥の踊り”から」
チャイコフスキー:作曲
(管弦楽)ニュー・ロンドン管弦楽団、(指揮)デーヴィッド・ロイド・ジョーンズ
(6分00秒)<ワーナー WPCS-11848-9>
「“カルメン”組曲 第1番から 前奏曲」
ビゼー:作曲
(管弦楽)トゥールーズ・キャピトル劇場管弦楽団、(指揮)ミシェル・プラッソン
(2分12秒)<東芝EMI TOCE-8313>
「バレエ音楽“眠りの森の美女”から 序奏」
チャイコフスキー:作曲
(管弦楽)モントリオール交響楽団、(指揮)シャルル・デュトワ
(4分02秒)<ポリドール POCL-1368-9>
「バレエ音楽“くるみ割り人形”第2幕から 花のワルツ」
チャイコフスキー:作曲
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)サイモン・ラトル
(6分52秒)<EMIミュージック・ジャパン TOCE-90150-51>
「バレエ音楽“ドン・キホーテ”第3幕のパ・ド・ドゥから アントレ」
ミンクス:作曲
(管弦楽)ソフィア国立歌劇場管弦楽団、(指揮)ボリス・スパソフ
(1分56秒)<CAPRICCIO 10 540-41>

首藤康之の踊る旋律 〜振付家マシュー・ボーンの世界〜
http://www4.nhk.or.jp/dj-classic/


posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする