2022年01月22日

エルビス・コステロ「THE BOY NAMED IF」

新作「THE BOY NAMED IFはロックンロールなコステロ少年が爆発してる快作です。

少年時代との向き合いを主題にした絵本形式のMVもセンスが優れた作品となっている。

https://youtu.be/9Tjuygr65SU

2995DB10-5FE7-44C8-9381-ECF273E958DA.jpeg

アルバム・タイトル曲「マグニフィセント・ハート」の人形を使った、アルバム・コンセプトを見事に表現したMV。

https://youtu.be/-s-K2_sFBos

posted by koinu at 14:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい朝

BE86F86B-1283-4AE3-9322-EEA1A912F97F.jpeg
新しい空気と共に。
posted by koinu at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

2022 このマンガを読め! ベスト5

3CEEBB8D-30F4-4F12-B648-F6F6AD91F48D.jpeg

フリースタイル50 特集 THE BEST MANGA 2022 このマンガを読め!

ベスト5

松本大洋『東京ヒゴロ』

藤本タツキ『ルックバック』

真造圭伍『ひらやすみ』

ちばてつや『あしあと』

近藤ようこ『高岳親王航海記』

(中条省平のマンガ時評「朝日新聞」より)


どれもが傑作マンガで、Kindleで読める作品でした。

今まで読んだことない、藤本タツキ『ルックバック』と真造圭伍『ひらやすみ』が面白くて、初期マンガ短編集にハマっている。

posted by koinu at 09:41| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月20日

第166回芥川賞・直木賞の選考

第166回芥川賞・直木賞の選考会が1月19日、築地の料亭「新喜楽」で開かれて、芥川賞は砂川文次さんの「ブラックボックス」(群像8月号)になった。

直木賞は今村翔吾さんの「塞王の楯」(集英社)と米澤穂信さん(43)の「黒牢城」(KADOKAWA)に決まった。


芥川賞の受賞した砂川文次さんは大阪府生まれの31歳。
大学卒業後に自衛官になったあと小説を書き始め、2016年に「市街戦」で文芸誌の新人賞を受賞してデビュー。現在は東京都内の区役所に勤めながら創作活動を続けていて、芥川賞は3回目の候補での受賞。
受賞作「ブラックボックス」は新型コロナウイルスの感染が拡大している世の中で、荷物を自転車などで運ぶ「メッセンジャー」として働いている男性が主人公。これまで職を転々としてきた主人公が日々感じている他人や世間への不満、そして、なぜ、突発的に怒りの感情を爆発させてしまうのかという自身への問いかけが、独白のように淡々と書かれている。


芥川龍之介賞の候補作

・石田夏穂『我が友、スミス』(『すばる』11月号)
・九段理江『schoolgirl』(『文學界』12月号)
・島口大樹『オン・ザ・プラネット』(『群像』12月号)
・砂川文次『ブラックボックス』(『群像』8月号)
・乗代雄介『皆のあらばしり』(『新潮』10月号)

 3回目の候補入りとなる砂川・乗代がベテラン勢で、石田・九段・島口が初ノミネートとなる。

posted by koinu at 11:36| 東京 ☀| 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月19日

芥川賞の今期候補作

芥川龍之介賞の候補作

・石田夏穂『我が友、スミス』(『すばる』11月号)
・九段理江『schoolgirl』(『文學界』12月号)
・島口大樹『オン・ザ・プラネット』(『群像』12月号)
・砂川文次『ブラックボックス』(『群像』8月号)
・乗代雄介『皆のあらばしり』(『新潮』10月号)


 3回目の候補入りとなる砂川・乗代がベテラン勢で、石田・九段・島口が初ノミネートとなる。受賞作家は今夜発表となる。

posted by koinu at 10:06| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月18日

オランダの名指揮者 ベルナルト・ハイティンクFM特集

118日火曜 NHKFM 午後400分〜 午後555

オランダの名指揮者 ベルナルト・ハイティンク(1

解説・満津岡信育


「スラブ舞曲 変イ長調 作品463」ドボルザーク:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(管弦楽)アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(437秒)<ユニバーサル ミュージック UCCD-2112


「スラブ舞曲 ト短調 作品468」ドボルザーク:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(管弦楽)アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(421秒)<ユニバーサル ミュージック UCCD-2112


「交響曲 13 変ロ短調 作品113から 2楽章」ショスタコーヴィチ:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(バス)マリウス・リンツレル、(合唱)アムステルダム・コンセルトヘボウ男声合唱団、(管弦楽)アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(818秒)<ユニバーサル ミュージック PROC-2229/39


「交響曲 1 ニ長調「巨人」から 3楽章の冒頭部分」マーラー:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(管弦楽)シカゴ交響楽団(207秒)<CSORESOUND CSOR 901 904


「交響曲 1 ニ長調「巨人」から 3楽章」マーラー:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1123秒)<ユニバーサル ミュージック PROC-1428/36


「交響曲 7 ホ長調から 1楽章、第2楽章」ブルックナー:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(管弦楽)アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(4329秒)<ユニバーサル ミュージック PROC-2248


「交響曲 7 ホ長調から 3楽章」ブルックナー:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(管弦楽)シカゴ交響楽団(1026秒)<CSORESOUND CSOR 901 706


「交響曲 7 ホ長調から 4楽章」ブルックナー:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(管弦楽)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団(1408秒)<キングインターナショナル KKC 6420



123日日曜 NHKFM 午前900分〜 午前1055

オランダの名指揮者 ベルナルト・ハイティンク(2


楽曲

「交響曲 3 ニ短調から 3楽章」ブルックナー:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(729秒)<ユニバーサル ミュージック PROC-2110/4


「ロシア風スケルツォ」ストラヴィンスキー:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(338秒)<ユニバーサル ミュージック PROA-162/3


「交響曲 3 ニ短調」マーラー:作曲

(指揮)ベルナルト・ハイティンク、(アルト)キャロリン・ワトキンソン、(合唱)オランダ放送女声合唱団、(合唱)ノールト・ホラント少年合唱団、(管弦楽)アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(1時間3357秒)<ユニバーサル ミュージック PROC-1952/60


ハイティンクは192934日、アムステルダムに生まれ、ヴァイオリン奏者となる。1954年にフェルディナント・ライトナーに指揮を師事して、指揮者へ転身。1957年にオランダ放送フィルの首席指揮者に就任。以来、アムステルダム・コンセルトヘボウ管、ロンドン・フィル、シカゴ響の首席指揮者、グラインドボーン音楽祭、ロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督、ボストン響の首席客演指揮者などの要職を歴任して、60年以上にわたって数多くの名演奏をコンサートとレコードやCDに披露し続けた。

日本には1962年コンセルトヘボウ管弦楽団との初来日以来、ロンドンフィル、ロイヤルオペラ、ウィーン・フィル、シカゴ響、ロンドン響などとも幾度も来日。その温かく慈悲深い人となりから生まれる、作為を弄することのない誠実で包容力のある音楽、しなやかで、豊かで、各楽器が溶け合ったサウンドは、多くの音楽ファンに感動を与えてきた。

90
歳となった2019612日に引退を発表。201996日、ルツェルン音楽祭でのウィーン・フィルとの演奏会が最後となる。

posted by koinu at 13:00| 東京 ☀| 音楽時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月17日

「夏の感触」アルチュール・ランボー

夏の青い黄昏時に 小道を歩いて行こう 

草を踏んで 麦の穂に触れながら

脚から知る道の感触 夢見るようだ

微風を顎に受けとめて 歩いて行こう


何も云わず 何をも思わないで

たくさん愛が沸くのを感じとろう

遠くへ もっと遠くへ ジプシーごとく

まるで女と一緒みたいに 心はずませ歩いて行こう


Sensation : Arthur Rimbaud Mars 1870.


  Par les soirs bleus d'été, j'irai dans les sentiers,

  Picoté par les blés, fouler l'herbe menue :

  Rêveur, j'en sentirai la fraîcheur à mes pieds.

  Je laisserai le vent baigner ma tête nue. 


  Je ne parlerai pas, je ne penserai rien :

  Mais l'amour infini me montera dans l'âme,

  Et j'irai loin, bien loin, comme un bohémien,

  Par la nature, heureux comme avec une femme. 

CC2FB7DB-C2D3-4E95-B8E0-318DD85E8502.jpeg
posted by koinu at 15:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月16日

詩集『聖三稜玻璃』山村暮鳥より

『聖三稜玻璃』山村暮鳥


「曲 線」

みなそこの

ひるすぎ

走る自働車

魚をのせ

かつ轢き殺し

麗かな騷擾をのこし。



「図 案」

みなそこに壺あり

壺のなかなる蝙蝠は

やみよの紋章

ふね坂をのぼり

朧なる癲癇三角形

くされたる肉にさく薔薇

さてはかすかな愛の痙攣。



「烙 印」

あをぞらに

銀魚をはなち

にくしんに

薔薇を植ゑ。



A FUTUR

まつてゐるのは誰。土のうへの芽の合奏の進行曲である。もがきくるしみ轉げ廻つてゐる太陽の浮かれもの、心の日向葵の音樂。永遠にうまれない畸形な胎兒のだんす、そのうごめく純白な無數のあしの影、わたしの肉體(からだ)は底のしれない孔だらけ……銀の長柄の投げ鎗で事實がよるの讚美をかい探る。


わたしをまつてゐるのは、誰。


黎明のあしおとが近づく。蒼褪めたともしびがなみだを滴らす。眠れる嵐よ。おお、めぐみが濡らした墓の上はいちめんに紫紺色の罪の靄、神經のきみぢかな花が顫へてゐる。それだのに病める光のない月はくさむらの消えさつた雪の匂ひに何をみつけやうといふのか。嵐よ。わたしの幻想の耳よ。


わたしをめぐる悲しい時計のうれしい針、奇蹟がわたしのやはらかな髪を梳る。誰だ、わたしを呼び還すのは。わたしの腕は、もはや、かなたの空へのびてゐる。青に朱をふくめた夢で言葉を飾るなら、まづ、醉つてる北極星を叩きおとせ。愛と沈默とをびおろんの絃のごとく貫く光。のぞみ。煙。生(いのち)。そして一切。


蝙蝠と霜と物の種子とはわたしの自由。わたしの信仰は眞赤なくちびるの上にある。いづれの海の手に落ちるのか、靈魂。汝(そなた)は秋の日の蜻蛉のやうに慌ててゐる。汝は書籍を舐る蠧魚と小さく甦る。靈魂よ、汝の輪廓に這ひよる脆い華奢な獸の哲理を知れ。翼ある聲。眞實の放逸。再び汝はほろぶる形象に祝福を乞はねばならぬ。


靡爛せる淫慾の本質に湧く智慧。溺れて、自らの胡弓をわすれよ。わたしの祕密は蕊の中から宇宙を抱いてよろめき伸びあがる、かんばしく。


わたしのさみしさを樹木は知り、壺は傾くのである。そして肩のうしろより低語(ささや)き、なげきは見えざる玩具を愛す。猫の瞳孔がわたしの映畫(フヰルム)の外で直立し。朦朧なる水晶のよろこび。天をさして螺旋に攀ぢのぼる汚れない妖魔の肌の香。


いたづらな蠱惑が理性の前で額づいた……


何といふ痛める風景だ。何時うまれた。どこから來た。粘土の音と金屬の色とのいづれのかなしき樣式にでも舟の如く泛ぶわたしの神聖な泥溝のなかなる火の祈祷。盲目の翫賞家。自己禮拜。わたしのぴあのは裂け、時雨はとほり過ぎてしまつたけれど執着の果實はまだまだ青い。


はるかに燃ゆる直覺。欺むかれて沈む鐘。棺が行く。殺された自我がはじめて自我をうむのだ。棺が行く。音もなく行く。水すましの意識がまはる。


黎明のにほひがする。落葉だ。落葉。惱むいちねん。咽びまつはる欲望に、かつて、祕めた緑の印象をやきすてるのだ。人形も考へろ。掌の平安もおよぎ出せ。かくれたる暗がりに泌み滲み、いのちの凧のうなりがする。歡樂は刹那。蛇は無限。しろがねの弦を斷ち、幸福の矢を折挫いてしくしくきゆぴとが現代的に泣いてゐる。それはさて、わたしは憂愁のはてなき逕をたどり急がう。


おづおづとその瞳をみひらくわたしの死んだ騾馬、わたしを乘せた騾馬――記憶。世界を失ふことだ。それが高貴で淫卑なさろめが接吻の場(シイン)となる。そぷらで。すべてそぷらので。殘忍なる蟋蟀は孕み、蝶は衰弱し、水仙はなぐさめなく、歸らぬ鳩は眩ゆきおもひをのみ殘し。


おお、欠伸するのはせらぴむか。黎明が頬に觸れる。わたしのろくでもない計畫の意匠、その周圍をさ迷ふ美のざんげ。微睡の信仰個條(クリイド)。むかしに離れた黒い蛆蟲。鼻から口から眼から臍から這込むきりすと。藝術の假面。そこで黄金色に偶像が塗りかへられる。


まつてゐるのは誰。そしてわたしを呼びかへすのは。眼瞼のほとりを匍ふ幽靈のもの言はぬ狂亂。鉤をめぐる人魚の唄。色彩のとどめを刺すべく古風な顫律(リヅム)はふかい所にめざめてゐる。靈と肉との表裏ある淡紅色の窓のがらすにあるかなきかの疵を發見けた。(重い頭腦の上の水甕をいたはらねばならない)


わたしの騾馬は後方の丘の十字架に繋がれてゐる。そして懶(ものう)くこの日長を所在なさに糧も惜まず鳴いてゐる。



「楽 園」

寂光さんさん

泥まみれ豚

ここにかしこに

蛇からみ

秋冴えて

わが瞳の噴水

いちねん

山羊の角とがり。


(詩集『聖三稜玻璃』山村暮鳥より)

posted by koinu at 21:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ドゥイノの悲歌』リルケ(岩波文庫)

リルケが10年の歳月をかけて完成させた十の悲歌からなるソネット。これらは霊感の嵐によって「ドゥイノの悲歌」と「オルフォイスに寄せるソネット」が、数日の間に完成されたという書簡がある。両長編詩ともに日々の日常を観察しつつも、生活から離陸させて魂をはばかせる大いなる詩人の試みである。


「ドゥイノの悲歌」から引用

風に似て吹きわたりくる声を聴け、静寂からつくられる絶ゆることないあの音信を(p.11)


われわれが愛するときわれわれの肢体には

記憶もとどかぬ太古からの樹液がみなぎりのぼるのだ(p.29)


さかしい動物たちは、わたしたちが世界の説き明かしをこころみながら

そこにそれほどしっかりと根をおろしていないことをよく見抜いている

(p.8)


すべての眼で生きものたちは

開かれた世界を見ている。

われわれ人間の眼だけが

いわば反対の方向に向けられている(p.63)


わたしたちはいつも被造の世界に向いていて

ただそこに自由な世界の反映を見るだけだ(p.65)


われら人間は大いなるものと一つに結ばれていない、渡り鳥にも劣って、それとの心の通いがない(p.31)


死者のあたらしい聴覚の両開きになったページいっぱいに

やわらかな線でかきこむ、名状しがたい音声の輪郭を(p.83)


ただひとり死者は踏みのぼってゆく、『原苦』の山の奥深くに(p.85)


あらゆる存在は一度だけだ、ただ一度だけ。一度、それきり。そしてわれわれもまた一度だけだ。くりかえすことはできない。しかし、
たとい一度だけでも、このように一度存在したということ、
地上の存在であったということ、これは破棄しようのないことであるらしい。


ああ、しかし地上の存在の後に来るあの別の連関へは
何をわれわれはたずさえて行けよう?
たから、たぶんわれわれが地上に存在するのは、言うためなのだ。家、
橋、泉、門、壺、果樹、窓――と、
もしくはせいぜい円柱、塔と……。しかし理解せよ、そう言うのは、
物たち自身もけっして自分たちがそうであるとは
つきつめて思っていなかったそのように言うためなのだ。


Rainer Maria Rilke18751926

プラハ生れのドイツの詩人。ドイツ近代抒情詩を代表する存在。青年期に2度ロシアへ旅行し,自然や民衆の生活から深い感銘を受け,短編集《神様の話》(1904年)や《時祷詩集》(1905年)に結実。1901年に結婚,翌年単身パリに出,ロダンに傾倒し一時秘書を務めた。言葉による造形の自覚を深め,すでに《形象詩集》(1902年)での新境地を《新詩集》(1907年)で完成させ,散文でも《ロダン論》《マルテの手記》などの傑作を生んだ。

その後第1次大戦時の応召,北アフリカ,スペインへの放浪などの苦悩の時期を経て無常な人間存在をうたった内面的な《ドゥイノの悲歌》(1923年)と《オルフォイスによせるソネット集》(1923年)をスイスで書き上げた。《書簡》も重要な散文作品である。

posted by koinu at 10:00| 東京 ☀| 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奄美群島 トカラ列島 岩手県に津波警報 北海道〜沖縄に注意報

2022116 412

NHKニュース


南太平洋のトンガの火山島で日本時間の15日午後、大規模な噴火が発生し、気象庁は16日午前015分、津波警報を鹿児島県の奄美群島とトカラ列島に発表しました。

また岩手県に新たに津波警報を発表しました。

予想される津波の高さはいずれも3メートルです。

津波が沿岸に到達しています。

決して油断せず避難を続けてください。

気象庁は津波警報、津波注意報を発表しました。

津波警報が出ているのは次の沿岸です。

岩手県(予想高さ 3m)

奄美群島・トカラ列島(予想高さ 3m)

急いで逃げて下さい。

また津波注意報が出ているのは次の沿岸です。

北海道太平洋沿岸東部(予想高さ 1m)

北海道太平洋沿岸中部(予想高さ 1m)

北海道太平洋沿岸西部(予想高さ 1m)

青森県太平洋沿岸(予想高さ 1m)

宮城県(予想高さ 1m)

福島県(予想高さ 1m)

茨城県(予想高さ 1m)

千葉県九十九里・外房(予想高さ 1m)

千葉県内房(予想高さ 1m)

伊豆諸島(予想高さ 1m)

小笠原諸島(予想高さ 1m)

相模湾・三浦半島(予想高さ 1m)

静岡県(予想高さ 1m)

愛知県外海(予想高さ 1m)

伊勢湾・三河湾(予想高さ 1m)

三重県南部(予想高さ 1m)

和歌山県(予想高さ 1m)

徳島県(予想高さ 1m)

高知県(予想高さ 1m)

宮崎県(予想高さ 1m)

鹿児島県東部(予想高さ 1m)

種子島・屋久島地方(予想高さ 1m)

沖縄本島地方(予想高さ 1m)

大東島地方(予想高さ 1m)

宮古島・八重山地方(予想高さ 1m)

青森県日本海沿岸(予想高さ 1m)

また午前47分に、

長崎県西方(予想高さ 1m)

鹿児島県西部(予想高さ 1m)にも津波注意報が出されました。

気象庁によりますと、日本時間の15日午後110分ごろ、トンガ諸島の火山島「フンガ・トンガフンガ・ハアパイ」で大規模な噴火が発生しました。


この噴火でトンガで最大で80センチの津波が観測されたということで、気象庁は日本への津波の影響について、15日夜7時すぎ「日本では多少の潮位の変化があるかもしれないものの被害の心配はない」と発表しました。


しかしその後、16日午前015分、津波警報を鹿児島県の奄美群島とトカラ列島に発表しました。


また岩手県に新たに津波警報を発表しました。


このほか、北海道から鹿児島県にかけての太平洋側と沖縄などの広い範囲に津波注意報を発表しました。


津波警報が出ている

鹿児島県の奄美大島の小湊では、15日午後1155分に1メートル20センチを観測しました。


津波が沿岸に到達しています。

今すぐ逃げてください。

津波は何度も押し寄せます。

これからさらに高くなるおそれがあります。

決して油断せず、避難を続けてください。


このほか津波注意報が出ている

小笠原諸島の父島では15日午後1052分に90センチ

岩手県の久慈港では16日午前052分に90センチ

高知県土佐清水市では16日午前023分に90センチ

和歌山県御坊市では16日午前031分に90センチの

津波を観測しています。

津波警報は201611月以来

気象庁によりますと、津波警報が発表されたのは20161122日に福島県と宮城県の沿岸に発表されて以来です。


この時は福島県沖でマグニチュード7.4の地震が発生し

宮城県で最大で1メートル44センチ

福島県で最大で83センチの

津波が観測されました。

NHKニュース】より

posted by koinu at 04:00| 東京 ☀| 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする